飼い猫と一緒に引っ越し!猫の快適な生活を考えるための注意点

引っ越しは、飼い猫にとって大きなストレスがかかります。猫が新しい環境にスムーズになじんで楽しく暮らせるよう、準備できることがあれば対策をしておきたいものですね。ここでは、飼い猫と一緒に引っ越しをするとき、猫にとって快適な環境を整えるためのポイントについてまとめました。 引っ越し前からの準備もありますので、転居が決まったら早めに目を通してみてください。

引っ越しをするなら、「一括見積もりサービス」を利用しましょう。利用の際は、引っ越し先や希望日時などを入力するだけでOK。複数社の見積もりを比較することで、安い引越業者をカンタンに見つけることができます。

※一括見積もりを利用して引っ越せば、最大10万円のキャッシュバックなどが抽選で当たります。【2020年5月31日まで】

安い引っ越しプランの見積もり料金を比較

住所が変わったら… 飼い猫のためにすべきこととは?

新居に到着したら、まずは猫が落ち着いて過ごせる環境をつくってあげましょう。猫は自分のニオイが付いたものがあると安心する習性があります。これまで使っていたトイレには自分のニオイがしっかり残っているので、砂も捨てずに新居に持ち運ぶとよいですね。家の中で落ち着けそうな場所にトイレを置いてあげると、猫は自分の居場所だと感じることができます。 転居後、猫のために早めに手続きしておきたいのがマイクロチップ情報の変更です。現在使われているマイクロチップ情報の多くは、動物ID普及推進会議(AIPO)が管理しており、AIPO事務局は社団法人日本動物保護管理協会に置かれています。住所変更をするときには、マイクロチップを登録したときに受け取った控えやハガキをコピーします。コピーした用紙にある申し込み区分の変更にチェックを入れ、新住所を記載したうえで郵送またはファクシミリで送りましょう。登録時の控えが見あたらない場合には、事務局に電話をすると変更申し込みができます。なお、AIPO以外にも、「Fam」が情報を管理するマイクロチップもありますから、登録先を確認しておくことが大切です。万一、識別番号がわからずどこに登録したのかも不明な場合、マイクロチップを装着したペットショップに問い合わせたり、動物病院でバーコードを読み取ってもらって確認したりする方法があります。また、ペット保険に加入していた場合には、保険の住所変更手続きもあわせて行いましょう。

引っ越しは猫にとって相当なストレス!?慣れてもらうための対処法

猫は住み慣れた家に対して強い愛着があるとされているため、引っ越しで受けるストレスは相当なものです。引っ越しのストレスが原因で、鳴きやまなくなったり、ご飯を食べなくなったりすることもありますから、ストレスを和らげる工夫をしたいものですね。新しい生活にスムーズに移行するためには、実は引っ越し前の準備が大切です。 私たち人間の感覚では、引っ越しが決まると新生活に合わせて家具を新しくしたり、カーテンやカーペットを新調したりしたくなるものです。しかし、猫は自分のニオイが付いたものに囲まれていると安心するため、急に周りが知らないニオイのものばかりになると不安が募ってしまいます。そのため、引っ越しの前後で大きく環境が変わらないよう、少しずつ準備してあげることがポイントになります。例えば、引っ越し前後に使う予定のケージやキャリーバッグは、引っ越しが決まったら早めに家の中に置き、ときどき中に入れて慣れさせておくとよいでしょう。引っ越しの準備で忙しくなると、猫もいつもとは違った雰囲気を感じがちです。猫に接するときには気持ちにゆとりをもって、いつも変わらない態度で接することも大切です。 また、引っ越し当日は人の出入りが多いため、落ち着いた空間をつくってあげたいものです。人が出入りしない部屋や浴室を猫専用のスペースとして確保し、ドアを閉めておきましょう。スペース内にはいつも使っているトイレやグッズを置くと、猫が安心して過ごせます。暑い季節には室温にも気を配るとよいですね。人が出入りすると猫が飛び出してしまうことがあるので、引っ越しスタッフにはあらかじめ猫がいることを伝えておきましょう。ドアの前に張り紙をしておくと確実です。新居に到着後は、使い慣れたトイレやグッズをそばに置いてあげると、落ち着ける居場所がつくれます。引っ越し後は猫の帰巣本能が高まりがちです。ドアや窓を開けっぱなしにすると、外に出て迷子になってしまう恐れがありますから、いつも以上に気を配りたいものですね。

引っ越し後の猫の様子をチェック!着目すべき点と対処法は?

新居で起こりがちな猫のトラブルについて、ケース別に着目すべき点と対処法を見ていきましょう。 猫が日中鳴きやまないときには、環境の変化にストレスを感じているのかもしれません。そんなときには、室内に落ち着ける場所をつくると安心することがあります。猫は狭いところが好きなので、押し入れの隅やベッド下のスペースなどに段ボールを置き、タオルを敷いてみてはいかがでしょう。少し時間がかかるかもしれませんが、新しい環境に慣れてくるにつれ、鳴き声も落ち着いてくると考えられます。 また、引っ越し後に夜鳴きが続くこともあります。特に集合住宅ではご近所への気兼ねもあって、早く鳴きやんでもらいたいと気持ちが焦るものです。しかし、鳴きやませたいからといって叱ってしまうと、猫のストレスはさらに強くなります。かまってほしくて鳴いている可能性もありますので、夜鳴きが続くときには一緒に遊んであげましょう。たくさん遊ぶと運動になりますし、遊んだ後で好きなおやつを与えれば、寝つきもよくなります。転居後しばらくはスキンシップをしっかりとって、安心させてあげるとよいですね。 その他、引っ越し後には食欲が落ちて、ご飯を食べなくなってしまうこともあります。引っ越し翌日ぐらいまでであれば、様子を見ていて問題ありませんが、月齢が低い猫ほど絶食の影響を受けやすいことを心にとめておきましょう。また、太った猫の場合、絶食が36時間以上続くと脂肪肝で全身が衰弱して危険な状態になることもあります。水分やご飯を摂取しやすいよう工夫しても状態が改善しない場合には、早めに動物病院を受診すると安心です。 引っ越し前後の猫はデリケートになっているため、ケアには気を使うものです。猫のケアをしっかりしながら引っ越し準備を効率よく進めるためには、インターネットの一括見積もりサービスを利用するのがおすすめです。自宅で都合のよいときに複数の業者の見積もりが取れるので、お得なプランを選ぶことができますよ。

 

2~4月は引っ越しの繁忙期です。希望の日時に引っ越しするためにも、早めに見積もりを依頼しましょう。

引っ越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安い引っ越しプランの見積もり料金を比較

※引っ越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。
※2020年5月現在、クロネコヤマトは家族向けおよび法人向け引っ越しサービスの申し込みを休止しています。

関連記事

あると便利!引っ越しのときに用意しておきたい台車のあれこれ

荷物の少ない単身者の引っ越しや、同じマンション内での引っ越しなど、荷物も移動距離も少ない引っ越しの…

引っ越しの養生!かかる費用や注意点まとめ

引っ越しをするとき、小さなものはダンボールに詰めて荷造りすることが一般的ですが、これは収納という意…

ハイエースで自力引っ越し!ハイエースなら業者も費用も必要なし!

「費用を抑えた引っ越しがしたい!」 「自分で引っ越す場合に荷物はどうや…

家具のみ引越業者に依頼したい!お得に済ませるポイントを伝授!

「家具のみ引越業者に頼みたいけど、どうすればいいの?」

引っ越しのとき、衣装ケースの中身はそのままでいい?注意点など4つ

「引越しのとき、衣装ケースの中身は出すべき?」

無料の一括見積もりで
引っ越し料金が安くなる

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネット環境がないなら
最短で申込日から使える

Broad WiMAX

  • 月額2,726円~(税抜)
  • 店舗に行けば最短でその日から使える

公式サイトはこちら

おすすめ記事

カテゴリー一覧