初めての引っ越しと一人暮らし!やるべきことや失敗しないための注意点まとめ

初めての一人暮らしには期待することが多いですよね。家族に干渉されずに済む、好きなものを食べられるなど、一人暮らしならではのメリットがあります。一方、家賃の支払いをはじめ、生活費全般を自分で管理する必要がでてきます。そのためには、一人暮らしへの第一歩となる「引っ越し」も、自分で段取りすることが大切ではないでしょうか。ここでは、初めての引っ越しと一人暮らしをするために役立つ情報についてまとめました。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
価格.com引越しロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

価格.comのおすすめポイント

  • 引越しで毎月総額50万円プレゼント実施中
  • 価格.comの一括見積もりなら大手業者から地域密着業者までご紹介!
  • 掲載社数は価格.com厳選の40社以上
  • 簡単3分の登録で一番安い見積もりがわかる

初めての引っ越しをスムーズに!一人暮らしのための段取りは?

一人暮らしを始めるときは、引っ越しに必要な一連の流れについて、「やることリスト」や「スケジュール」としてまとめることをおすすめします。具体的には「引っ越しの前日までに行うこと」「引っ越し当日に行うこと」「引っ越しの翌日以降に行うこと」の3つに大別できます。 そのうち、「引っ越しの前日までに行うこと」は「2週間前まで」「1週間前まで」などとわけるとよいでしょう。その中には、自治体窓口などで行う手続きのように「期限付きのもの」もあるため、優先的に行う必要がでてきます。 「やることリスト」などは、引っ越し関連の情報サイトから印刷するほか、手書きで作成する方法もあります。引っ越し業者との契約、入居日の決定、荷造り開始時期などを把握するために利用するとよいですね。また、「やることリスト」の中で、終わった項目はマーカーで消していくとわかりやすくなります。日付を記入しておくと、今後、引っ越すときの参考になるかもしれません。

初めてだからこそ!物件探しのコツと言えば?

一人暮らしを始めると、実家暮らしよりもお金を必要とする場面が多くなります。日々の生活費全般を自分で払うことになるからです。特に、月々の家賃負担は大きく、生活費を圧迫することが少なくありません。そのため、家賃の予算はシビアに考えることが大切です。月々の収入のうち、いくらまでなら支払い可能かを試算しましょう。ちなみに、「家賃は給料の3分の1まで」との説があります。その数値はすべての人に当てはまるとは限りませんが、参考までにおすすめします。 賃貸物件はインターネットで検索して絞り込むことが可能です。そのため、家賃や交通アクセスなども含めて好条件の物件が見つかると、即決したくなるかもしれません。しかし、条件だけで決めないで、必ず下見してから契約することが大切です。部屋の状態などはサイト上の写真から把握できますが、実際に見てみないとわからないことも少なくありません。最寄り駅までの距離や所要時間、スーパーやコンビニなどの有無についても確認しておきましょう。危険箇所がないかどうかは昼間だけではわかりませんので、夜間に歩いてみることも必要です。 なお、家賃を抑えるためには、駅から離れた場所や郊外にある物件を探したほうがよいかもしれませんね。

引っ越しに必要な手続きや必需品!どんなものがあるの?

引っ越し先と引っ越し日を決めた後は、電気・ガス・水道などの手続きを始めます。その中でも、ガスの開栓には立ち会いが必要になるため、予約をした日時を忘れないことが大切です。また、インターネット回線の開通には時間がかかることから、引っ越しをする2~4週間前には申し込みましょう。 自治体窓口で行う手続きには、引っ越し日前後14日以内に行う「転出届」と「転入届」があります。同一自治体内で引っ越しをしたときは、引っ越し後14日以内に行う「転居届」のみで済みます。運転免許証の住所変更は、引っ越し後すぐにしておくと、本人確認書類として活用できるメリットがあります。また、車の住所変更は引っ越し後15日以内になっています。ただし、それに必要な車庫証明書の発行に数日掛かることから、車関係の住所変更手続きも速やかにすることが大切です。 一人暮らしの必需品として家電製品の存在は見逃せません。冷蔵庫は2ドアタイプを選ぶと食品の冷凍保存に役立ちます。また、洗濯機も容量の大きいタイプを購入して、数日分の洗濯物をまとめて洗いましょう。電子レンジがあると、お茶やコーヒーを淹れるほか、食品の解凍・加熱調理まで幅広く活用できます。

自力で引っ越しを!初めてでも上手くするためのコツ

一人暮らしを始めるときは、引っ越し荷物が少ない傾向があります。そのため、引っ越し先が近い場合は、自力で引っ越しをすることも考えましょう。車で運び入れるほか、友人に協力を頼むだけで済みます。 もちろん、友人にはお礼をする必要があります。ちなみに、お礼の相場は1人5,000円前後と言われています。もし、3人以上必要な場合は引っ越し業者に依頼したほうがよいでしょう。また、レンタカーを借りる方法もありますが、意外と高く付きます。そのため、レンタカーを借りた上で友人の協力を希望するときは1名に留めることが大切です。 なお、初めて一人暮らしをするときは、冷蔵庫や洗濯機などの家電を持っていない場合が一般的です。それらの家電は、先に購入するのではなく、引っ越し後に近くの量販店などで購入して運搬してもらったほうが楽になります。

初めての引っ越しでも大丈夫?安心できる格安引っ越し業者の選び方

自力での引っ越しが難しいほか、友人に協力を頼むと高く付く場合は、引っ越し業者への依頼をおすすめします。契約するときは、複数の業者から見積りを取り、サービス面が充実して評判のよい業者を選ぶことが大切なポイントです。そのためには「一括見積りサービス」を利用しましょう。サイトからの情報入力が一度で済むだけでなく、大手の格安業者が簡単に見つかることが大きなメリットです。 また、一人暮らしが初めての人はダンボール箱数個のケースもあります。このように、荷物がほとんどない場合は、引っ越し業者よりも宅配便を利用したほうが安くなります。その上で、季節の衣類などは実家に帰省するごとに持ち出すようにすると、引っ越し料金を抑えることにもつながります。

 
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
価格.com引越しロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

深夜の引越しに対応してくれる引越し業者はある? 費用はどれくらい?

「深夜に引越しってできるのかな…」「料金っ…

3・4人家族の引越し料金相場と安く抑える4つの方法

「家族で引越ししたいけど費用ってだいたいどれくらいなんだろう…」

同棲開始!引越し費用を少しでも安くするには?

「同棲は楽しみだけど、引越しが大変そう…。」 お付き合いの延長…

引越しで迷うの疲れた…3つの悩みの声と絶対に決断できる1つの方法

引っ越しは生活を一新するイベントですから、迷う場面も多いものです。引っ越したい気持ちはあっても、こ…

引っ越ししたい人が考える不満や理由リスト!引っ越し計画を立てる…

引っ越しをするときの理由は大きく2つに分けられます。ひとつは引っ越さざるを得ない理由、もうひとつは引…