夜に引越しを済ませたい!引越し時の注意点まとめ

引越し 夜 アイキャッチ
「引越し」といえば、朝から荷物の運び出しをするイメージがあります。また、遠くへ引越す場合などは、朝から取り掛からないと、その日のうちに終わるかどうか心配になってきます。その一方、勤務時間やライフスタイルの関係などで、夜に引越しを済ませたい人も少なくありません。ここでは、夜に引越しを予定している人が知りたい、引越し時の注意点についてまとめました。

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

そもそも夜に引越しするという選択はありなの?

引越しには昼間のイメージが強いため、夜の引越しに対して違和感を持つ人がいるかもしれません。また、夜の引越しは縁起がよくないとの説を見聞きすることもあります。しかし、ライフスタイルが多様化した現代では、夜に引越しをする人も少なくないようです。 たとえば、仕事が忙しくて休みが取れないため、夜しか時間がないビジネスマンは典型的な事例といえます。また、仕事が夜勤のため、休日も含め、夜型のライフスタイルが定着している人にとって、夜に引越せることは有り難いのではないでしょうか。ほかにも、お互いの休日を合わしにくい夫婦など、夜に引越しを希望する人にはいろいろなパターンが考えられます。 このような背景から、夜に引越しする選択は特別なことではなくなってきています。ただし、夜に引越しをするときは、夜ならではの注意点があることを知っておくことが大切です。

引越しの挨拶をしたい!夜に引越した場合の注意点は?

夜に引越しをするとき、最も心配なことは近隣に迷惑が及んでしまうことです。引越し時に行う荷物運搬や積み下ろし作業にはかなりの物音がしますが、夜の場合は昼間以上に大きく感じることを知っておきましょう。そのため、近隣から迷惑に思われるだけでなく、後々トラブルに発生するリスクがでてきます。また、夜に引越しをすることに対して、不審に思われるかもしれませんね。 そのようなトラブルや誤解をされないためには、引越し前に近隣への挨拶を済ませておくことをおすすめします。対象となる範囲としては「向こう三軒両隣」の住宅と、集合住宅の場合は「上下階」の住戸も含めるとよいでしょう。エレベーターを使う場合は、同じフロアの住戸を対象にすることをおすすめします。 近隣への挨拶回りは前日までにできれば理想的です。当日の場合は、遅くても21時までには挨拶しておくと近隣への迷惑になりにくいでしょう。また、新居のご近所さんだけでなく、現居のご近所さんにも挨拶しておくことが大切です。 夜の引越し時の注意点はほかにもあります。その一つは、新居の鍵の受け取り。住宅管理会社の営業時間の関係上、新居の鍵は前日までに受け取っておきましょう。また、新居で電気が使えないと大変です。電力会社に電気の開始手続きをするときは、引越し日の前日に設定しておき、可能なら、引越し前に電気が使えるかどうか確認しましょう。それとは逆に、現居の電気解約日を1日遅らせておくと安心できます。 なお、現居を出るときはブレーカーを落とす作業を行いますが、真っ暗になるため懐中電灯の用意が必要です。新居へ行ったときも、懐中電灯が頼りになります。まず、照明器具の取り付け作業をしてから荷物の運搬を始めます。

引越し業者は対応してくれる?料金は高めなの?

大体の引越し業者は日中に作業を行っています。具体的なプランとして「午前便」「午後便」のほか、業者の都合による「フリー便」があります。そのうち、利用料金が最も高いのは午前便、最も安いのはフリー便です。 フリー便が安いのは、日中の引越しが夜にずれ込むため、作業開始時間が予測つかない場合もあるからです。ただし、その日によっては昼間の早い時間帯になるかもしれません。ちなみに、作業時間が遅れる理由として、その日の天候や交通事情などが関係してきます。特に、引越し業界の繁忙期(3~4月)は忙しくなるため、予定通りに作業が進みにくいといわれています。 なお、日中の引越しが夜にずれこんでも、22時までには引越し作業が終わるところがほとんどです。しかし、20時ごろから作業が始まる引越しプランを取り扱っている業者は多くないようです。 そんな中、注目されるのが「夜間専用の引越し業者」の存在です。こちらの業者を利用するときは、引越し料金が通常よりも割高に設定されている可能性が高くなります。ただし、物音に配慮して静かに運ぶなど、夜の引越しならではの対応に慣れているプロのスタッフがいる点が大きな強みです。

夜間専門の業者が知りたい!安い料金で頼む方法は?

夜間専門の業者を探すときは、インターネットで検索する方法がありますが、さらに手っ取り早い方法として「一括見積りサービス」の存在が注目されています。 こちらのサイトを利用すると、引越し時に必要な情報入力が簡単にできるだけでなく、条件に叶った複数業者からの見積りが届きます。引越し業者と契約するためには、個別に「訪問見積り」を受ける必要がありますが、その前段階に「一括見積りサービス」を利用することで、個別に申し込むための手間が軽減できます。 このようなメリットがあることから、引越しを考えている人は「一括見積りサイト」の利用をおすすめします。また、夜間専門の業者を調べるにしても、安い料金で依頼するにしても「一括見積りサイト」を経由すると、思わぬ好条件を提示する業者との出会いが期待されます。さらに、他社の存在を意識した値引きを受けることで、割高のイメージがある夜間の引越し料金が安くなることも夢ではなくなってきます。

   

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

関連記事

離婚のため引越しが必要になったら?離婚手続きと引越し費用について

「離婚が決まったら、どのような手続きが必要なの?」「

引越しの理由ランキング!男女別・トラブル時の引越し事情ベスト3

「本当の引越し理由は言いづらい…他の人はどんな理由で引越すの?」 「…

転居は大変?引越しする前に知っておきたいこととは

人生の大きな節目にもなる引越し。一度も経験したことがない人がいる一方、何度も経験してきた人もいるの…

引越しを最短で入居できる日数は?最短引越しの手順やポイントまとめ

「来週まで引越さなければならない…最短で何日かかる?」 「最短で引越せ…

初めての引越しと一人暮らし!やるべきことや失敗しないための注意…

初めての一人暮らしには期待することが多いですよね。家族に干渉されずに済む、好きなものを食べられるな…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用が足りないなら
カード払いかキャッシング

楽天カード

  • 引っ越し費用は楽天カードで支払うかキャッシングで現金払い
  • 入会で楽天ポイントプレゼント

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事