母子家庭の引っ越し、低利子または無利子で資金借りる方法まとめ!

「引越ししたいけど資金が足りないな」「母子家庭って資金借りれたりしないかな」 引っ越し費用自体は母子家庭でも、一般家庭でも全く変わりません。 国が出している母子福祉貸付金資金を低利子、もしくは無利子で借りることができます。今回はその母子福祉貸付金資金を安く借りる方法をご紹介いたします。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

母子家庭の引っ越し!一般的にかかる費用の相場と手続きまとめ

母子家庭といっても、引っ越しにかかる費用自体はファミリーの引っ越しとほとんど変わりませんが、大人ひとりと子どもなので、大人の人数が少ない分だけ引っ越し代の合計額が低い傾向にあります。

ただし、荷物が多かったり引っ越し先までの距離が遠かったり、引っ越し時期が引っ越し繁忙期だったりする場合は、費用負担が大きくなるので注意が必要です。

一般的に3人家族の引っ越しの平均相場は6.5万円ほどですが、母子家庭で子どもが2人いる3人家庭を想定した場合は、荷物が若干少なくなる分安価になることを想定すると、5〜6万円くらいが相場といえるでしょう。母子家庭だからといって特別にかかる費用はありませんが、物件を借りるに当たって保証人が立てられないときには保証会社に頼ったり、公的な手当のための手続きが両親家庭よりも多くなるので、役所まで行く交通費や印紙代が余計にかかったりすることがあります

子どもがいる家庭では引っ越し時に子どものための手続きをする必要がありますが、母子家庭では子供のための手続きに加えて母子家庭特有の手続きもあるので、忘れないようにしましょう 。また、子どもの有無に関係なくやっておきたい手続きもあるので、以下を参考にしてみてください。

【母子家庭特有の手続き】

    子どもがいる家庭の手続き
  • 児童手当
  • 転校・転入手続き
  • 就学援助手続き(希望する人のみ)
  • 母子家庭のみの手続き
  • 児童扶養手当(対象者のみ)
  • 児童育成手当(対象者のみ)
  • 就学援助手続き(対象者のみ)
  • 福祉医療症手続き(対象者のみ)
  • 上下水道基本料金減免の手続き(対象地域のみ)
  • 福祉乗車券手続き(適用自治体のみ)
  • どの人も行うべき手続き
  • 住民票の移動
  • 国民健康保険・銀行・携帯電話など各種住所変更
  • 郵便局の転居届

知っておこう!母子福祉資金貸付金とは?

引っ越しには引っ越し代だけではなく、敷金や前家賃など大きな負担がのしかかってきます。そのため、まとまったお金をすぐに支払えないという人も多いのではないでしょうか。

20歳未満の子どもがいる母子家庭の場合では、「母子父子寡婦福祉資金貸付金」を利用することができます。現在住んでいる自治体の子ども福祉に関する窓口に行って相談すれば、最大で26万円ほどを貸付けてくれる可能性があります

この制度を利用するメリットは、保証人をつければ利子が0%になったり、返済期間がかなり長く設定されていたりすることです。引っ越し費用の場合は「転宅資金」として貸付金の対象内なので、まずは役所に相談に行ってみましょう。

貸付けを受けるために必要な書類は所轄の役所によって若干異なることがありますが、大体以下のようになります。

【貸付に必要な手続き】

  • 申請書
  • 戸籍謄本
  • 身分証明書
  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 転居先が明記された書類
  • 引っ越し代の見積もり
  • 連帯保証人の所得証明書及び印鑑証明書

実際に貸付金制度を利用した人の体験談を聞くと、担当者によっては申請を受理してくれないこともあるようなので注意しましょう。

借り入れることができたとしても、申請してから実際にお金を受け取るまでには1カ月程度はかかるようなので、急な引っ越しには間に合いません。

貸付金制度を利用したければ、かなり前から引っ越しの準備をしておく必要があります。また、借りる際に保証人を立てれば利子がないことが多いですが、保証人が立てられない場合は1%〜1.5%ほどの利子が発生することがあるので、こちらも併せて注意しておいてください。

ただし、お金を借りられた場合は、「かなり助かった、この制度がなければ引っ越しできなかったかもしれない」「返済期間が長いので返済も大きな負担にならなかった」といった体験者の声も多く聞かれるため、ひとり親家庭であればぜひ申請したい制度であることは間違いないようです。

引越し費用をさらに安くできる!一括見積サービスを利用しよう

資金を借りる以外にも、引っ越しの経済的な負担を軽減させられる方法があります。それは、引っ越し代自体を安く抑えることです。 引っ越し代を少しでも安くする方法としては、一括見積もりサービスの利用がおすすめです。一括見積りサービスでは、手軽に複数の業者から見積もりが取れるため、価格の比較や相場の認識がしやすいメリットがあります。

また、訪問見積もり時に他社の見積もり額を参考にして価格交渉をすることができるので大変便利です。母子家庭の引っ越し代を安くした人によると、交渉で見積もり額から1.5万円ほど値引きすることに成功した例もあります

貸付金の申請にしても引っ越し代の値引き交渉にしても、やらないよりは挑戦してみた方が断然良いといえます。ぜひ一括見積もりサービスを利用して、安価で安心できる引っ越しを実現してみましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

【引越し費用】いくらする?単身・二人暮らし・家族の平均相場まとめ

「引越しにかかるお金ってどれくらい?」「引越し費用はできるだけ安くしたい!…

4人家族の引越しで費用を少しでも抑えるには?

4人家族の引っ越しを予定している方、引っ越しの費用がどれくらいになるか気になっていませんか? お子さ…

【二人暮らしの引越し】費用相場・損せず絶対に安く抑える方法とは?

二人暮らしで引越ししたいけど、費用ってどれくらいかかるの? 引越…

同一市内に引越しをする際の費用相場と費用を安くする方法をご紹介

目次同一市内に引越しをするときの費用相場同一市内に自力で引越しした時の費用同一市内の引越しでも業者によって差が出るのか同一市内を安くする方法 同一市内に引越しをするときの費用相場 生活圏は変えたくない ...

単身赴任の引越しで料金を安くするには、業者を競わせる!

「単身赴任で遠隔地で働くことになった……」 「引っ越しをしなければいけないけれど、いくらくらいかかるか…