引越し見積もりで上手く交渉したい!値引き確実の交渉ノウハウ

引越し料金は、業者によって値段がとても違うことがあります。引越しの料金は荷物の量や移動距離によってかなり変わってくるものですが、それ以外に「値段交渉」をしたかどうかによっても金額が変わってくるのです。それを知らずに一度の見積額で契約を結んでしまうと、引越し料金がとても高額になってしまうこともあります。今日は知らないと損をする、引越し値引きの交渉ノウハウについてご紹介します。

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

引越し費用の値引きってするものなの?値引き交渉をする人の割合と成功率

引越し業者に支払う金額が高いケースは、3月などの繁忙期に行う引越し、土日休日の引越し、午前中に行われる引越しです。3月は進学や就職などで生活が変わる人が多く、学校や仕事のない土日も引越しを望む人が多いため料金が高めになります。逆に言えば>春先の繁忙期を避け、引越しを平日や空いている時間帯の午後にまわすことで、引越し料金を節約することもできます。このような日時を指定することで繁忙期の午前中に行われる引越しより半額以下で行うこともできます。

また引越し予定の1か月以上前に予約すると「早期割引」が適用されたり、ネットで見積もりを申し込むことにより「ネット活用割引」が使えたりします。多くの引越し業者が独自の割引サービスを行っているので、ホームページなどでチェックしてみましょう。

そしてとても大切なのが、引越し業者は複数の会社の見積もりを取ることです。「引越し一括見積もりサービス」では、ネット上で申し込むだけで簡単に複数の業者の値段を比較することができます。複数の業者の見積もりを取ることで価格競争が生まれ、値引き交渉も行いやすくなるでしょう。まずは一括見積もりサービスに登録し、引越し代を節約できるよう安い業者を探してみましょう。

交渉するとどれくらい安くなるものなの?一般的な値引き額は?

引越し料金は3月4月の繁忙期などを除くと、最初に値段を提示した金額から必ずと言って良いほど値引きができるものです。引越し内容によって値引き金額は違いますが、およそ5,000円から9万円ほど値引きできることもあります。単身パックなどの1人暮らしの方が利用する引越しは、最初から値段設定も安いために大幅に値段を下げられることは少ないでしょう。それでも最初の見積もりが3万5,000円だったのに対し、うまく値引き交渉をして最終的には1万5,000円までに下げられたというケースもあります。

また家族向け引越しは最初の見積額が10万円を超えることも珍しくありません。しかしこれもうまく値段交渉を行うことにより、最初の見積額は20万円だったけれど、最終的には12万円まで下げられたということもあります。 また引越し業者と最初に会うのは「訪問見積もり」の時が多いでしょう。これは家の広さやの荷物の量などを引越し業者が実際に見て判断し、おおよその見積金額を提示するための訪問作業です。業者としては荷物の量がこのくらいで、二階から吊り下す作業もあるためこのような金額になる、ともっともらしいことを言います。

引越しの知識がない素人にとっては、その金額に納得してしまいそうになります。しかし引越し作業に関し、国が明記した法律的な基準金額というのはありません。吊り下げ作業も荷物の運搬も、あくまでその業者が設定した価格なので、値段を下げられることもできるのです。訪問見積もりでは提示された見積もり金額にそのまま納得してはいけません。その場で契約を結ぶことは避け、必ず他の業者と値段を比較して後日値段交渉を行うようにしましょう。

値引き交渉のコツ!料金相場を把握するのが近道!

引越し業者が最初に出す見積もりは、ほとんどの場合値下げが可能であり、高い金額ほど半額近くにまで下げられるケースがあります。 例えば引越し業者の中でも有名な「サカイ引越しセンター」を例に見てみましょう。引越し作業も丁寧で店舗数も多いサカイ引越しセンターですが、値段も他の業者には負けないといったプライドがあります。そのため他の業者との値段を比較されると、どんどん値引きをしてくれることが多いです。

手順としてはまず「引越し一括見積もりサービス」に登録します。そこでサカイ引越しセンターも含めた数社に見積もり依頼を出し、サカイ引越しセンターの訪問見積もりは最後にお願いするようスケジュールを立てます。他社の見積金額をもらい、最後にサカイ引越しセンターの見積もりが出たら安い業者と比較をして値段交渉を行います。「引越し一括見積もりサービス」では登録した時点である程度の見積金額が分かりますから、値段の安い業者の見積もりを出しておくと良いでしょう。またサカイ引越しセンターに対しても、訪問見積もりで値引きをしてくれたから契約をすぐに結ぶのではなく、「夜に主人と相談して決めます」などと言ってその場での契約は避けましょう。

その頃は他社からも契約以来の電話があり、見積金額からさらに値段を下げた金額を伝えてくることが多いです。その金額をもとに、サカイ引越しセンターにはさらに他社の値段が下がったことを伝えると、その値段を基準とした安い引越し料金で契約できることが多いでしょう。 このように引越し料金を安くするには、まずは「初回見積もりでは契約を結ばない」、「一括見積もりサービスを利用し他社と比較する」、「他社の値段を出して値段交渉を行う」といったことがポイントです。一括見積もりサービスでは料金の他にもサービス内容も見比べることができるので、自分の納得できる引越しができるよう賢く利用しましょう。

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

関連記事

引越し費用に助成金助成金が出るって本当?自治体が応援する転居とは

移住や定住を歓迎している自治体は少なくありません。特に、子育て世帯(ファミリー世帯)や…

引越し費用の節約方法について様々な視点からご紹介

目次料金が安い引越し業者を見つける方法自分にあった安いプランの見つけ方引越し料金を安くするための交渉の方法引越しの荷物を減らす方法引越しの梱包資材を節約する方法引越しの不用品を安く処分する方法引越し費 ...

引越し費用の平均額はいくら?単身・家族など4つの状況別相場まとめ

「引越しって平均どのくらいかかるんだろう?相場だけでも把握したい!」…

会社負担で引越しは出来る?ケース別の注意点やポイントまとめ

「転勤が決まったけど、うちはそもそも会社負担が出るのかな?」 「会社負…

単身引越しはどこが最安値?実は業者選びは料金にあまり関係ない!

「引越し料金のことは正直よく分からないけど…とにかく安い業者にお願いしたい!…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用が足りないなら
カード払いかキャッシング

楽天カード

  • 引っ越し費用は楽天カードで支払うかキャッシングで現金払い
  • 入会で楽天ポイントプレゼント

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事