安く引越ししたい!引越しにかかる費用を安く抑えるポイント6選!

「予想以上に引越し費用って高いな…」「どうしたら安く抑えられるかな」 引越し費用というのは、交渉次第でとても値段が変わってきます。ほかにも、いらない荷物を処分したり、安い引越し業者を見つけたりすることで、引越しにかかるコストを安く収めることが可能です。引越しを安く済ませるコツは意外にも多くあります。今回は、知っておきたい引越し料金を安くする方法についてご紹介していきます。

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

まずは「オプション」と「時間帯」を見直そう

便利なオプションサービスは高い!

 引越しは何かと手間の掛かるものです。荷物の梱包作業や運んだ荷物の設置だけでも数日を要することも多いでしょう。

そこで引越し業者の多くは「荷造りサービス」や「お荷物設置サービス」といった便利なオプションをたくさん用意してあります。しかし便利だからと言って業者が勧めるままにたくさんのオプションサービスに契約してしまうと、トータル的な金額はとても高くなってしまいます。自分にとって本当に必要なオプションだけを見極め、あとは自力で行うことにより引越しの金額はとても安くなるでしょう。 

 引越しは何かと手間の掛かるものです。荷物の梱包作業や運んだ荷物の設置だけでも数日を要することも多いでしょう。

そこで引越し業者の多くは「荷造りサービス」や「お荷物設置サービス」といった便利なオプションをたくさん用意してあります。しかし便利だからと言って業者が勧めるままにたくさんのオプションサービスに契約してしまうと、トータル的な金額はとても高くなってしまいます。自分にとって本当に必要なオプションだけを見極め、あとは自力で行うことにより引越しの金額はとても安くなるでしょう。

時間によって値段が変わる??

 引越しの時間を決める際、午前中ではなく午後や夕方を選ぶと、費用を安く済ませられることでしょう。どうしても月末で週末に引越しをしなければならないなら、引越し時間を午後に指定をするだけで1〜2割の費用を抑えられる可能性が高まります。細かい時間指定に別途料金がかかることは少ないですが、午後の時間帯に指定にした場合は、午前中に行われる引越し作業の状況によって前後にずれてしまい、作業開始が遅れることがあります。

 業者に見積もりを依頼する時期については、余裕を持って行っても直前に行っても、料金に大きな影響は与えないといえます。ただし、直前の依頼は希望日に引越しが行えない確率が高くなるので、引越し日が決まったらすぐに依頼する方が確実です。

【繁忙期と閑散期】

 引越し料金は引越しをする日時によっても大きく変動します。1年のうちで1番引越し業者が忙しいとされる3月4月の繁忙期は、年間の中で最も料金が上がる時期です。春先以外の引越しが可能なら、予定をずらした方が良いでしょう。繁忙期には料金が高くても需要があるため、どの業界でも商品の値段が上がる傾向があります。引越し業界でもそれは同じことで、3〜4月の年度が変わる時期や、8〜10月の移動時期には、そのほかの時期と比べて費用が高くなることでしょう。

 このような場合は、引越しの需要が少ない「閑散期」の引越しをおすすめします。もしかしたら、通常期よりもお得な価格で引越しができるかもしれません。どうしてもその時期に引越しをしなければならなかったり、閑散期でも費用を抑えたりしたい場合は、引越しをする月の初旬から中旬あたりが狙い目です。できれば、週末や祝日ではなく平日を選びましょう。

 会社や学校が休みの土日、しかもその午前中の時間帯は引越しを希望する人も多いため、やはり料金は高めになります。引越し料金を安くする方法としては「平日の午後」がねらい目です。特に引越しの日時を強く希望することがなければ、業者が時間を指定して引越しを行う「お任せ便」を利用するのが最もお得と言えます。 そして引越しは「荷物の量」によっても値段が変わり、荷物が少ない引越しこそ料金は安くなります。不用品は引越し前に処分をしておいたり、オークションサイトなどを利用して荷物の量を減らしたりすることにより、金額もだいぶ抑えることができるでしょう。

時期別の引越し料金比較
繁忙期 約6〜14万円 平均:約7万5,000円
閑散期 約2〜7万円 平均:約4万5,000円

「チャーター便」や「混載便」を利用して費用を抑えるコツ

 引越しにはさまざまなプランがあり、たくさんの作業員を引き連れた引越しもあれば、ドライバーとトラックのみが派遣されるものもあります。自分に合ったプランを選ぶ事により費用を最小限に抑えることができます。
今回は引越し費用を安く抑えるためにおすすめな「チャーター便」と「混載便」についてご紹介します。

  • チャーター便
 

ドライバーとトラックのみのプランです。ドライバーは運転のみを行うため、荷物を運ぶことはありません。代わりに引越しをする本人が荷物を運んでトラックに積むため、費用を安く抑えることができます。しかし、運転以外は自分で行わなければならず、万が一、荷物が破損しても補償されないというデメリットがあります。体力に自信がない人も、チャーター便のデメリットを大きく感じるかもしれません。

  • 混載便

 長距離の引越しをする場合は、混載便がお得なプランです。混載便は、同一方向へ向かうトラックやコンテナなどに荷物を詰んで、他人の荷物と一緒に運ぶ方法です。まとめて送るので安くなることがメリットですが、荷物がトラックやコンテナにいっぱいになるまで出発しないため、通常よりも荷物が引越し先に届くまで時間がかかる可能性があります。基本的に、混載便は短距離では使用せず、長距離の引越しに向いています。

 

一人暮らしはプラン選びを大切に

 単身赴任の社会人の方や、新学期とともに一人暮らしを始める学生の方におすすめなのが単身パックの利用です。
 単身引越しを希望する方の中には、「1人分の荷物量なのに、普通の引越しプランは高すぎる」と思ってる方も多いかと思います。そんなとき、単身パックを利用すれば引越し費用を安く抑えることができ、一人暮らしを始める方には、大変便利です。単身パックとは、「運べる荷物の量が制限されている代わりに、相対的に安い料金で引越しができるサービス」のことです。単身パックを利用すると、引越し会社の方からコンテナが1台支給されるので、そのコンテナの中に荷物を積んでいきます。料金はコンテナ1台につき〇〇円、といったような形なので、コンテナに荷物をパンパンに詰め込もうが、荷物が少なくてコンテナがスカスカだろうが、料金としては同じになります。

見積もり交渉で安くする方法!いますぐ使える交渉ノウハウ

 訪問見積もりでは、見積もり依頼の後に、担当者が実際にあなたの家に訪れてくれます。その際、どのような荷物や家具があるか、どれくらいの量なのかを直接見るため、料金交渉しても見積もりで出された金額が、自分が望む費用まで下がることは少ないかもしれません。しかし、値段交渉の仕方によっては、多少費用を抑えることができるでしょう。引越し費用を安く抑えるための交渉ポイントは、主に3つです。

  • 荷物のうち一定の量は処分することを伝え、荷物が少なくなることをアピール
  • トラックのサイズが変更できるくらいまで荷物を減らすことを伝えれば、価格が安く書き換えられることでしょう。
  • 荷造りや梱包などは自分で行うと伝える
  •  作業員が荷造りや梱包をするのではなく、自分で行うと伝えることでも費用を安く済ませることができます。作業の手間がかかりますが、費用を抑えるためにはぜひやっておきたい交渉です。
  • 他社からの見積もり結果を伝える
  • すでに他社からの見積もり結果があれば、それをカードに値段が下げられるか聞いてみるのも良いでしょう。うまく交渉ができない場合は、なぜ他社よりも高い費用なのか、その内訳を聞くと案外無駄なものが含まれているのを見つけられるかもしれません。

「手軽で簡単、オンライン」でOK一括見積もりサイトを使って業者選び!

 引越し料金を安くするには、まずは「引越し一括見積もりサービス」を利用することがおすすめです。これはネット上で引越し先や荷物の量など、引越しに関する基本情報を入力するだけで複数の業者の見積もりを簡単に比べることのできるサービスです。料金だけでなく、どのようなオプションサービスがあるのか、自分にとってお得な引越しパックはないかなど、サービス内容も簡単に見分けることができるので大変便利です。引越し業者の見積もりを複数依頼するには、自分で各業者に電話して見積もりを依頼する方法もあります。しかしこのような方法では手間が掛かりますし、業者によって違う引越しに掛かる金額というのも分かりづらいです。

 その点、「引越し一括見積もりサービス」ではすぐに安い業者を探すこともできますし、一回の登録で複数の業者に見積もり依頼を出すことができるので手間が掛かりません。まずは一括見積もりサイトに登録し、引越し料金を節約すべくコストパフォーマンスに優れた業者を探してみましょう。

この記事のまとめ

  • 時間帯やオプションを見直そう
  • 閑散期に引越ししよう
  • 一括見積もりをしてお得に引越しをよう!

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり
衝撃の事実

引越し費用は現金払いが一般的…

お金が足りないならカードローンも検討

カードローン 特徴 詳細
アコムバナー
最大30日間無利息 詳細
楽天銀行バナー
入会で楽天ポイント付与 詳細

関連記事

引越し費用の節約方法について様々な視点からご紹介

目次料金が安い引越し業者を見つける方法自分にあった安いプランの見つけ方引越し料金を安くするための交渉の方法引越しの荷物を減らす方法引越しの梱包資材を節約する方法引越しの不用品を安く処分する方法引越し費 ...

引越し費用の助成金の種類と所得税への影響について解説!

目次引越し費用は助成金がもらえるの?家族向けの引越し助成金単身者向けの引越し助成金助成金の申請方法助成金の返済はする必要がある?引越し費用の助成金を受け取ると所得税に影響がある? 引越し費用は助成金が ...

引越し費用の平均額はいくら?単身・家族など4つの状況別相場まとめ

「引越しって平均どのくらいかかるんだろう?相場だけでも把握したい!」…

会社負担で引越しは出来る?ケース別の注意点やポイントまとめ

「転勤が決まったけど、うちはそもそも会社負担が出るのかな?」 「会社負…

単身引越しはどこが最安値?実は業者選びは料金にあまり関係ない!

「引越し料金のことは正直よく分からないけど…とにかく安い業者にお願いしたい!…