日通の海上・鉄道コンテナ便!長距離引越しのサービス内容と料金相場

「長距離引越しを安くしたい!」「日通のコンテナ便っていいの?」

長距離引越しは通常の引越しで依頼すると、どうしても費用負担が大きくなってしまいます。料金を抑えるためには、コンテナ便引越しを依頼することをおすすめします。

日通の長距離引越しには、トラック輸送の他に鉄道コンテナ便と海上コンテナ便の2種類あります。加えて、コンテナ便でも単身者や家族など条件に合わせてプランを用意しているのでおすすめです。

ここでは、日通のコンテナ便引越しの特徴や料金についてご紹介します。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

日通のコンテナ便引越しにはどんなプランがある?

長距離引越しにおすすめ!鉄道・海上コンテナ便とは?

日通の引越しサービスには、一般的なトラックを使った輸送の他に、『鉄道コンテナ便』と『海上コンテナ便』の輸送モードがあります。コンテナ便は主に長距離引越し向けの輸送手段です。

鉄道コンテナ便 JRの鉄道網を利用して運び、コンテナの大きさを選べる。2tコンテナの場合は「単身パックX」の利用となる。また、時間指定や日時調整は可能となっている。
海上コンテナ便 独自の内航船を運航しており、最もリーズナブルな輸送モードのひとつ。家から船の間はトラック輸送となり、時間指定が可能となっている。

鉄道や船を使うことで人件費やガソリン代などのコストを抑えることができるため、引越し料金が安くなります。コンテナ便といっても、荷物の搬出から鉄道・船への運搬、新居への搬入などは全て日通スタッフが行いますので、ご安心ください。

また、家族引越しであればオプションで梱包・荷解きなどを日通スタッフにお願いすることも可能です。

単身者は「単身パックX」でお得に引越しを!

単身パックX 日通オリジナルの2トンコンテナ(内寸:2,280×1,700×1,980㎜)を使って鉄道輸送するパックプラン。通常の単身パックの容積よりもかなり大きいため、大きめの家具家電や自転車なども入ります。

このプランは、鉄道までの荷物の輸送を日通のトラックで行い、荷物の搬出~新居への搬入も全て日通スタッフに行ってもらいます。また、この『単身パックX』は長距離向けのプランですので、目安として150㎞以上離れた地域間での引越しがサービス利用の条件となります。

公式ホームページに記載されている、単身パックLに積める荷物の目安量は以下の通りです。単身パックXでは、これらの3倍の量を積むことができるので荷物の多い方でも安心して引越しすることができます。

単身パックLの積載量目安

  • 冷蔵庫(108ℓ)
  • 洗濯機(4kg)
  • 薄型テレビ(20インチ)
  • テレビ台(小)
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • カラーボックス(3段)
  • 衣装ケース(39cm×53cm×23cm)
  • 姿見
  • 布団
  • 日通ダンボールMサイズ(517×343×343mm)

日通単身パックXの料金はどれくらい?

日通 コンテナ便 料金
首都圏からの距離 料金相場
北海道間 75,500円
宮城県間 56,000円
愛知県間 57,000円
京都府間 59,000円
大阪府間 59,000円
広島県間 70,000円
福岡県間 75,000円

単身パックXは移動距離によって料金が変わりますが、これは梱包・搬出・輸送・搬入・解梱・設置までをすべて含めたパック料金になっています。パック料金以外にかかるものとしては、ダンボールなどの梱包資材が有料となります。

【梱包資材セット ¥2,800(税抜)】

  • ダンボールSサイズ×4個
  • ダンボールMサイズ×6個
  • ふとん袋とガムテープ付き×1セット

一般的なコンテナ便引越しの料金相場は?

500km以上の料金相場
単身(荷物少) 平均80,000円
単身(荷物多) 平均100,000円
2人家族 平均200,000円
3人家族以上 平均300,000円

引越し侍の口コミデータによると、500km以上の長距離引越しは上記のような料金相場となっているようです。

日通の単身パックXの料金は、50,000円~70,000円程なので、上記の単身料金の相場と比較してみると安いことがわかります。 口コミをもととした平均相場なので、是非ご自身が見積りをしてもらったときの参考にして下さい。

日通のコンテナ便引越しのメリット・デメリット

日通鉄道コンテナ便のメリット

日通 鉄道コンテナ便引越し
【メリット】
  • トラックよりも安い料金で済む
  • 天候や渋滞などの交通状況の影響を受けにくい
  • 【デメリット】
  • 荷物が到着するまで時間がかかる

日通の鉄道コンテナ引越しは、鉄道を使って荷物を輸送するためガソリン代や人件費を削減でき、トラック輸送よりも引越し費用を抑えることができます。また、鉄道での輸送は天候や渋滞などの交通状況にも影響を受けにくいため、希望の日時に荷物を受け取ることができるという点もあります。ただし、貨物駅に到着するごとに停車して荷物の積み降ろしをするため、一般のトラック輸送と比較して運搬に日数がかかるというデメリットもあります。

日通海上コンテナ引越しのメリット・デメリット

日通 海上コンテナ便引越し
【メリット】
  • 長距離引越しで一番安く済む
  • 【デメリット】
  • 出港日が限定されているため、すぐに引越ししたい方には不向き

日通の海上コンテナ便の特徴は、自社の内航船を運航しているため他社よりも輸送料が安くなるという点です。『海上コンテナ便』を使っての引越しは、トラックや鉄道コンテナ輸送と比較して最も安い運搬方法となっており、輸送日数はかかっても安く引越したい方には最適です。日通の海上コンテナのサイズは、【内寸:3,550×2,280×2,200㎜】で、ソファやベッドなどの大型家具や自転車も運ぶことができます。

コンテナ便を安く抑えるための3つの方法

海上コンテナ便を使用する

引越しに時間がかかってしまいますが、それを気にしない方は長距離引越しで一番安く抑えられる海上コンテナ便を利用することをおすすめします。また、日通の海上コンテナ便は、サイズが大きいので大型家具や家電も積載することができます。鉄道コンテナ便の5tでも大きな荷物は入りますが、鉄道の輸送の場合は破損に注意が必要です。

繁忙期を避けた引越しをする!

日通 引越し コンテナ 時期

まず1つ目は繁忙期を避けた引越しです。繁忙期である3~4月にかけては、進学や就職などの新生活を機に引越しを希望する人が集中します。引越し業者も依頼主が多いため、通常の倍以上の引越し費用が掛かるケースも決して少なくありません。閑散期の5~2月までの引越しをすることで費用をコストダウンできます。

一括見積りサービスで料金比較をする

コンテナ便を利用する長距離引越しは、通常の引越しと比べるとあまりイメージがわかず、提示された料金も妥当なのか判断できないかもしれません。

そこでおすすめするのが、一括見積りサービスを利用して見積り料金を比較して最安値の引越し業者を探すことです。1件ずつ会社に見積りを依頼するのに比べてはるかに時間も手間も省けるのがこのサービスです。納得できる料金で引越しをしたい方にはおすすめなので是非利用してみてはいかがでしょうか。

【この記事のまとめ】

  • 日通の長距離引越しは、トラック輸送のほかに海上コンテナ便・鉄道コンテナ便の2つを用意している
  • 日通の『単身パックX』は料金相場と比較してみると安くておすすめ
  • 2つの輸送方法にはそれぞれメリット・デメリットがある
  • 長距離引越しを安くするためには一括見積りサービスを使う

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

日通は引越しの不用品回収を実施!費用は相場よりも高いので注意!

「日通って不用品回収やっているのかな?」「料金どれくらいかかるんだろう?」

日通引越しのダンボール|単身者は有料!回収にも料金がかかる

「日通ってダンボール無料でくれるの?」「ダンボールの回収もしてくれるの?」

【日通の海外引越し】船便・航空便のプラン内容と見積もり料金まとめ

「海外引越しってどうすればいいの?」「日通の海外引越しって安心して任せられ…

日通の引越し見積り料金は安いの?損しないプランの選び方と注意点

日通の見積り料金は他社と比べて安いのかな…?初めて日通で見積りをするけど何か…

日通がおすすめの理由って?絶対利用すべき日通の単身引越しサービス

「日通の単身引越しパックって、他の業者と何が違うの?」「単身プランが多すぎてど…