レオパレスに引越しってどうなの?注意点や体験談などをご紹介

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

レオパレス物件に引越しってどうなの?

レオパレス物件は、CMでも目にしますね。街を歩いていても、賃貸物件の看板でも良く目にします。

レオパレス物件に引越しするとどんな感じなんだろう?という疑問をお持ちの方のために、ここで色々確認していきましょう。レオパレスの物件は、備え付けの家具や家電が付いていることが特色にあげられます。

レオパレス物件の部屋に標準設備してある家具・家電製品
・薄型テレビ
・電子レンジ
・洗濯機
・冷蔵庫
・エアコン
・カーテン
備え付けの家具、家電は各部屋ごとによって異なってきますが、これらのものは標準で部屋についてきます。
最近では、部屋の壁紙が選べる「my DIY」というサービスも始まったようです。

レオネットという、WiFi使い放題のサービスを、安く契約できるところも、もうれしいですね。

レオパレスの物件のトイレですが、一般的な最低限の機能が付いたトイレで、ウォシュレットは付いていないことの方が多いようです。便座を暖かく保つ機能も付いていないようです。内装は明るく清潔なイメージで、床はクッションフロアーかフローリングです。

2008年以降に建てられた物件に関しては、ウォシュレットやウォーム便座が備え付けになってい要る場合もあるらしく、新しい物件は、ウォシュレットが付いている物件も増えてきたようです。気になる方は、築年数を確認してみましょう。

レオパレスの物件は、壁が薄く、生活音が筒抜けという口コミが多いのですが、不動産業者によると、一般的な賃貸住宅と変わりない程度の音の響きです。
防音性では、鉄筋コンクリート造、重量鉄骨造、軽量鉄骨造の順に優れていて、軽量鉄骨造が多いレオパレスの物件では鉄骨自体の柱の太さが細いので、壁の薄さは否めない様です。

初めての一人暮らしや、単身赴任でアパート暮らしをする方は、集合住宅で聞こえてくる他人の生活音は、耳障りなことが多いと思います。一軒家に家族と住んでいた時と、他人が部屋の横に住んでいるのとは、まるで感覚が違ってきます。

結局、レオパレス物件に引越しすることはお得なのでしょうか?レオパレスの物件は、家具や設備が付いていることから、引越しを急いでいる方や、色々な生活に必要な物を購入するのが面倒な方、短期滞在の方には、お勧めできる物件が多いです。
短期滞在で借りる方も多いので、近隣の住人の様子を気にせずに過ごす方もいるのかもしれません。

レオパレス物件に引越しした時の注意点他人の生活音自体をあまり感じない男性の横に住むことになった、初めての一人暮らしの女性は、無神経な生活音が気になることも有るのかもしれませんね。
レオパレスの古い物件の中には、間取りから壁や床が薄く感じてしまう建てつけもありますが、新築の物件の壁や床の厚さに対する音の響きは、通常の賃貸住宅とほぼ変わらないと言って良いでしょう。

レオパレス物件への引越しを検討されている方は、備え付けの家具が合ったり、電気・ガス・水道の料金が賃料に含まれていて、レオネットという、会社独自のネットも使い放題という物件もあり、魅力を感じますね。ネット使い放題ですが、同じアパートの住人が一斉にネットを使用する時間帯は回線が遅く練り、普通の動画を見ることにも影響があるようです。

レオパレスの引越しはお得なの?

レオパレス物件は、家具や家電が備え付けてあり、マンスリープランという短期での契約もあります。

特に期間限定で滞在する方には、おススメです。レオパレス物件は他の賃貸マンションと比べて高いのか?気になるところですが、人気の新築物件などは、割高に感じることもあるようです。

レオパレス物件の退去時にかかる費用について、時間の経過とともに建物や設備が劣化してきたリ、黄ばんできてしまったりした時には賃貸人側には修復の義務は発生しません。

レオパレス物件で退去費用で請求される80%が室内クリーニングのみの方が多いようです。国土交通省の原状回復ガイドラインによると壁紙などは6年で残存価値が無くなると言われています。張替えを請求されても、経過年数により、建物は価値が下がってきているので、入居当の状態にまで戻して返却する必要は無いのです。

高額な退去費用を請求されないためにも、気を付けておかなければならないのが、故意、または誤って付けてしまった傷や管理を怠ったた為についたシミなどの修復は請求されても支払いの義務が生じます。誤って破損させたりしない様に使用することが大切ですね。もし、自分で修復が可能な場合には、ホームセンターなどで傷の修復のキットが販売されていますので、活用してみましょう。

また、暦年経過により建物の価値が下がることを知っていれば、退去時に担当者と話し合いをして、クリーニング代だけになる様に交渉してみましょう。

レオパレスに引越しした時の注意点

レオパレス物件は、入居期間もマンスリーで契約の方や、賃貸で長く住まわれる方など、それぞれの契約をされています。
普通の一軒家に住み、町内会に入る場合と比べると、近所付き合いはない様です。入居の際も、退去の際も、あいさつ回りをする方は少ない様です。

気になるようでしたら、タオルを用意して、階下の方と、両隣の方に挨拶をしておけば、どの様な方が住んでいるのか最初に分かり、誠意も伝わるので安心です。現在は、あいさつ回りをする方はほぼいないようです。

近所付き合いは無いと言っても、通路ですれ違った時や、ゴミ出しの時など、軽く会釈をしたりすると、お互いに印象が良くなるでしょう。大きな音を建てたり、深夜遅くまで騒いだり、音楽を大音量で聞いたりしない様に心遣いも必要です。
自分がされたらイヤな事はしない様にすることですね。

レオパレスに引越しした人の体験談

「5年住んでいるけれど満足している。」という方がいる一方で、「音が気になりあまり良い印象を持たなかった。」という両方の意見が聞かれます。賃料も高すぎという声もきかれます。

新築の物件で、一般的な相場より高めの設定になっている物件は、内装や設備などが凝った物や、備え付けの家具が使い安く、機能的に統一されています。一方、建築年数が経っている物件は、設備関係が古くなっているのは、やむをえないかも知れません。

いずれにせよ、入居時に揃えなくてはならない、数々の家電製品や家具に頭を悩ませることなく、退去時にも自分の持ち物のみを持ち出せばよいので、入居中の期間に持ち物を増やさなければ、退去時も引越しが楽です。

賃料が高くても良い場合、物件によっては、ロフトが付いていたり、新築物件に入居出来れば、綺麗で統一感のある素敵なインテリアに囲まれた生活を手に入れることが出来ます。

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

一軒家に引越しする費用相場はいくら?知らないと損する注意点まとめ

「新築を購入したばかりで出費がきつい…引越しにはいくらお金がかかるの?」

【生活保護者必見】引越し費用がタダ!?受給条件とポイントまとめ

「生活保護費を受給しているけど引越しがしたい」 「

【団地の引越し】費用相場と費用を安くする方法まとめ4つ

「団地に引越しすることになったけど、費用はどのくらいかかる?」「どう…

単身赴任の引越しで料金を安くするには、業者を競わせる!

「単身赴任で遠隔地で働くことになった……」 「引越しをしなければいけないけれど、いくらくらいかかるかわ…

家族での引越しの料金相場やコツを大公開!

家族での引越しを予定している人が気になるのは、やはり「引越し料金」ではないでしょうか? 家族が多いと…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事