【結婚と引越し】費用負担の減らし方と新婚に必要な家具家電をご紹介

「結婚と同時に引越しが決定!」
「結婚にもお金がかかるし引越し費用の負担を減らしたい!」

結婚とともに引越しは必然とついてきます。相手の家に引越すだけならまだしも、新居に二人とも引越すとなると、費用が凄まじくなります。

また、必要な家具家電をそろえたり新居の不動産契約にかかるお金、また結婚自体にかかるお金など、非常にお金がかかります

ここでは、引越し費用をできるだけ節約できて、実際の予算を出すときに役立つ情報を説明しています。

結婚と引越しは費用がポイントとなる!


  1. 一般的に、引越しにかかる費用は大体100万円ほどの金額を見積もっている人が多い
  2. 家具家電は、一気に買い揃えなくても最小限の家具と家電品さえあれば生活できるので、様子を見ながら買い替えをおすすめ
  3. プランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して最安値を出してみる

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

【結婚と引越し】引越し費用は平均いくらかかる?その内訳を大公開

結婚を機に新居を探すのは心躍りますね。物件も様々で、まず、2人でどの様な生活をしていくのか?決めていくのが楽しみですね。

それでは、新しい生活を始めるにあたってどれくらいのお金が必要なのか見ていきましょう。

一般的に大体100万円ほどの金額を見積もっている方が多いようです。

結婚でかかる引越し費用の内訳

  • 敷金・礼金、賃料:約25~45万円
  • 家具・インテリア関係:30~50万円
  • 家電品:30~40万円

婚姻前に、1人暮らしをしていて、使用していたインテリアをそのまま使用することなどで、費用を抑えることが出来ますが、2人の生活がスタートすると、必要な家電製品をそろえたり、何かと費用がかかってきます。

親からの援助があれば、うれしいですが、大体100万円の金額を見ておいて、足りないものを一つ一つ買い足していくという方法が良いでしょう。

【結婚と引越し】新婚に必要な家具家電の紹介

まず、家具や家電製品は、新居の大きさに合わせて購入しないと、搬入するのにクレーンを使って窓から搬入しなければならなくなったり、そもそも入らない場合も出てくるので、まずは、新居のスペースの寸法に合った家具や家電製品を選ぶことが必要です。

これからの2人の生活を考え、必用最低限の家具や家電を揃えて、必要になった場合には、その都度買い足していく方法が良いでしょう。

家族の人数が増えたり、住まい方はどんどん変わっていくものなので、一気に買い揃えなくても最小限の家具と家電品さえあれば生活できるので、様子を見ながら買い替えていきましょう。

必要最小限の家具と家電とは?

■ダイニングテーブル・イス
※食事の時に、ローテーブルを使用すれば椅子は必要なくなるかもしれません。

■ソファー
テレビを見る際に2人掛けのソファがあると落ち着きますね。ソファーは大きさを確認して、転居先の部屋の玄関から搬入できる大きさの物かどうか、寸法を良く確認してから購入しましょう。

■テレビ
部屋の大きさに合わせて大きさを考えて買いましょう。大きさの目安は、画面の高さの3倍以上離れてみるのが良いとされています。体のためにも、必要な視聴距離は取れるように、部屋にテレビの大きさを合わせると良いですね。

■冷蔵庫
2人様なら、3ドアタイプでも小さめの物でも大丈夫ですが、料理が得意な家庭では少し大きめの冷蔵庫が必要かもしれません。

■洗濯機
家族の人数が増えていくことを考えると、少し大きめの洗濯機を買っておくと便利ですね。1人用の洗濯機は4.5キロを使用していることが多いと思いますが、2人分の洗濯を考えると5.5キロ以上の物が良いでしょう。
ドラム式の全自動洗濯機は、大きさがかなりあるので、備え付けの洗濯パンに収まるかどうか、そもそも備え付けの、ドアから洗面脱衣所に入れることが出来るかどうか搬入時の動線の寸法の確認が必要です。

■電子レンジ
温め機能や、オーブン機能は共働きの家庭では助かります。

■炊飯器
2人分以上だと、3.5合以上の炊飯器を揃えると弁当を作った時にも足ります。

家具や、家電製品で、必要になってくるものは、家庭によっても異なってきますが、予算としては100万円ほど見ておいた方が良いですね。

ご両親からの援助があれば嬉しいですね。いずれにしても、家具や家電製品は、どんどん種類が増えていって、部屋を圧迫するほどになってくるので、厳選して選ぶことが大切です。

新しい新居に長期で住まう方は、大型の家具を購入しても良いと思いますが、賃貸住宅を借りていて、転勤が多い場合の世帯などは、次の引越しのことも考慮に入れて、慎重に選ぶようにした方が無難です。

最初に、一気にそろえると統一感が出て、インテリアとしては納得がいくと思いますが、使い心地は実際に使用してみないと、良いものが分からない場合もあると思います。

また、お互いに一人暮らしをしたこのない2人が生活に必要な家具や家電製品を買うとなると、慎重に選ぶことをお勧めします。まずは、家具や家電製品が足りないぐらいの生活から始めてみましょう。

【結婚と引越し】費用負担ってほかの新婚さんはどうしているの?

価値観が一緒であれば、家具や家電製品を買い求める人時も楽しいものですね。結婚に伴って引越しを検討している方は、費用負担はお互いにどれぐらいずつが妥当なのか?気になるところです。

その地域の慣習で、嫁が全て用意するなんて言う田舎もあるようですが、常識的に考えて、共働きの場合には、年収に比例した金額を支払うのが良いと感じます。

これから一つのお財布での家計の出費の管理をしていくことになるので、今後の生活のためにも、ここからお互い納得いくまで、後悔しない様に取り決めをしておくことが大切ですね。

引越し費用を安くするには一括見積サービスがおすすめ

引越しを検討されている方は、見積もりを自分で数社から取り寄せることが面倒ですね。引越し費用を安くするには、一括見積りサービスを利用するのがおススメです。

自分の条件を入力して、その条件ではどれくらいの金額が妥当なのか検討できるので、一括の見積もりをすることで比較検討がスムーズに出来ますよ。

また、見積もりの際に、部屋数により、エアコンの取り付け取り外しの工事費用が意外にかかります。

特に、2階の北側の部屋にエアコンを設置するとなると、階下まで延長して室外機を取り付けなくてはならず、15,000円~20,000円の取り付け工事を別途要求されることがあるので、見積もりの時には、エアコンの台数も伝えておくと正確な金額が分かります。

必要な小物類を運ぶための段ボールがいくつ運んでもらえるのか?細かく見積もりを提示した方が、あとあと気持ちよく仕事をしてもらえるでしょう。

【結婚と引越しは費用がポイントとなる!】

  1. 一般的に、引越しにかかる費用は大体100万円ほどの金額を見積もっている人が多い
  2. 家具家電は、一気に買い揃えなくても最小限の家具と家電品さえあれば生活できるので、様子を見ながら買い替えをおすすめ
  3. プランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して最安値を出してみる

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり
衝撃の事実

引越し費用は現金払いが一般的…

お金が足りないならカードローンも検討

カードローン 特徴 詳細
アコムバナー
最大30日間無利息 詳細
楽天銀行バナー
入会で楽天ポイント付与 詳細

関連記事

【二人暮らしの引越し】費用相場・損せず絶対に料金を安く抑える方法

「二人暮らしで引越ししたいけど、費用ってどれくらいかかるの?」 …

レオパレスを退去|高額な引越し費用を抑える1つの簡単な方法

「レオパレスを退去するときにかかる費用ってどれくらい…?」 レ…

一軒家に引越しする費用相場はいくら?知らないと損する注意点まとめ

「新築を購入したばかりで出費がきつい…引越しにはいくらお金がかかるの?」

【生活保護者必見】引越し費用がタダ!?受給条件とポイントまとめ

「生活保護費を受給しているけど引越しがしたい」 「

【団地の引越し】費用相場と費用を安くする方法まとめ4つ

「団地に引越しすることになったけど、費用はどのくらいかかる?」「どう…