転勤による引越し費用は会社負担?必要な手続きとともに解説!

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

会社が負担してくれる引越し費用一覧

転勤がある会社に勤務していて、引越しが必要になると、心配なのが費用の負担がどれくらいかかるのか気になりますね?

費用の負担のについては、会社で取り決めがあることが多く、引越しには敷金や礼金、賃料などの支払いのほかに引越し代金や新しい家具の購入など、費用がかかります。どれ通常どれくらいの費用を負担してもらえるのか?

また、自己負担になってしまうかもしれない場合など見ていきましょう。では、具体的に、転勤でや引越しがきまったとして、会社によって、どれくらいの負担をしてくれるのでしょうか?

引越しの費用は、色々なことが考えられ、かなりの費用がかかってくるので、どの程度会社が負担してくれるのか、確認しておきたいところですね。

会社の都合による転勤での引越しですが、全ての引越し代としての要求を会社で負担してくれるわけではない場合があります。
通常、会社都合により転勤となり、その引越しにかかる費用で会社にに負担してもらえる費用は、業務をするうえで必要な経費として考えられるので、敷金・礼金・賃料などは負担してもらえることが多いようです。

しかし、近年、敷金・礼金0円をうたっている賃貸住宅も多く、敷金自体は、返却されるものとみなされ、度重なる転勤命令にも、自己負担で転居しなくてはならない会社もあるようです。

自分で負担しなければならない引越し費用

それでは、会社の都合で転勤になり、引越しする際でも、自分で負担しなくてはならなくなる費用を確認しておきましょう。
新居を決めるために、引越しする先の不動産会社にも足を運ばなければなりませんが、その交通費などは自己負担の会社が多いようです。

また、引越し屋さんの荷造りサービスなど、引越しする際に自分で出来る梱包などは、最低限自分で荷物をまとめることが原則で、その費用は負担してもらえないことが多いでしょう。
また、個人の特殊な持ち物で、特別に料金がかかる、ピアノや、精密機器の運搬代は、自分で負担する様になる様です。

賃貸住宅は入居時に敷金を支払っている場合、その中から、退去費用を支払うことになりますが、壁紙の張替えや建物の修繕費など、自分の不注意などで発生してしまった退去費用に関しては、会社で負担してもらえないと考えておくと良いでしょう。

転勤でもらえる手当は何がある?

転勤の際に、支度金を用意してくれる会社もあるようです。金額は、それぞれの会社によってそれぞれです。
勤務先によって、引越し費用の補助的な金額はかわってくるので、こうした制度が充実した会社に勤務すると、自己負担をかなり抑えることが出来るのではないでしょうか?
福利厚生は、入社の際によく確認しておくことが大切です。

また、会社によっては、支度金のみが支給される場合もあります。その金額の範囲内で自分で計画を立てて、費用を検討していくことになります。

転勤で子供のことをどうすればいいか知りたい。

急な転勤が決まっても、子供がいる場合、単身赴任にするのか、家族で引越しをするのかよく検討する必要が出てきますね。

会社によっては、自身のみの費用の手当しか支給されない場合があるので、子供の学校が私立に通っていた場合など、転学によって費用がかかっても、自己負担になることが多いようです。
家族で引越しをする際には、児童手当の受給をしている場合には、転居日から15日以内に、住所変更の手続きを忘れずにしましょう。

転勤で必要な手続きを知りたい。

転勤での引越しの場合、引越しまでの時間が限られているので、チェックシートを作って、効率よく引越しを完了させるようにしましょう。

引越しが決まったら、荷造りの他にも各種手続きをしなくてはなりません。
以下で確認していきましょう。

まず、住民票移動のための各市町村への転出届・転居届の提出は、転居日から2週間以内に済ませましょう。マイナンバーカードの記載内容を変更するのも同時に行うのが良いでしょう。

また、固定電話やインターネット回線の契約は、転居先が決まったら出来るだけ早く手続きを済ませましょう。
特に、工事が必要になってくる場合、日程の調整に時間がかります。引越し先で不便な状態にならない様に早めの手続きが必要です。

郵便局で住所変更の手続き

電気・ガス・水道などライフラインの変更手続き

銀行口座の住所変更・印鑑登録の住所変更

NHK受信料の移転届

運転免許証の住所変更届

引越し業者を選ぶのにおすすめの方法

転勤で引越しする時は、時間もなく、数ある引越し会社の中から選ぶのが難しいかと思います。

会社によっては、見積書の提出を求められることがあります。会社の規則で、特定の業者を選定していて、ここに頼むようにと決まっている場合もあります。そうでない場合、自分の条件をもれなく色々な会社に伝えて、見積もりを出してもらうのは、大変な労力が必要です。

電話での見積もりでは、正確な金額が提示されないことも多いものです。
そんな時には、ネットで簡単に検索できる、引越し見積もり一括サイトを利用して、自分に合う引越し業者を見つける方法がおススメです。

自分の家族の人数や、自分の引越しの条件を入力すれば、どれくらいの費用がかかるのか、見積もりを出してもらうことが出来ます。同じ条件で検索し、比較、検討が簡単です。10社ほどの見積もりを取れるので、相場を知ることが出来ます。

転勤などで時間が無い方は利用されてみてはいかがでしょうか?
引越しの際の業者選びは、ネットで、引越し見積もり一括サイトから探してみましょう。

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり
衝撃の事実

引越し費用は現金払いが一般的…

お金が足りないならカードローンも検討

カードローン 特徴 詳細
アコムバナー
最大30日間無利息 詳細
楽天銀行バナー
入会で楽天ポイント付与 詳細

関連記事

【二人暮らしの引越し】費用相場・損せず絶対に料金を安く抑える方法

「二人暮らしで引越ししたいけど、費用ってどれくらいかかるの?」 …

【結婚と引越し】費用負担の減らし方と新婚に必要な家具家電をご紹介

「結婚と同時に引越しが決定!」 「結婚にもお金がかかるし引越し費用の負…

レオパレスを退去|高額な引越し費用を抑える1つの簡単な方法

「レオパレスを退去するときにかかる費用ってどれくらい…?」 レ…

一軒家に引越しする費用相場はいくら?知らないと損する注意点まとめ

「新築を購入したばかりで出費がきつい…引越しにはいくらお金がかかるの?」

【生活保護者必見】引越し費用がタダ!?受給条件とポイントまとめ

「生活保護費を受給しているけど引越しがしたい」 「