引っ越し費用を経費として計上できる条件と必要書類について解説!

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し費用を計上できる条件について

急な転勤の場合、単身赴任で行く場合はほぼ全額が計上出来ます。家族と一緒となると、後から家族が来る場合は一部計上という形になる場合もありますが、一時的に支払って後で戻って来るパターンもあります。

税金対策で『特別支出控除』として、税金の控除になるので、引越しにかかった備品などの代金や引越しセンターへの支払いも必ず書類は取っておきましょう。

サラリーマンの場合は雇われているので、経費とするのには『特別支出控除』が適応されます。源泉徴収されて税金の控除として計上され、多く支払った分に関して戻ってくると言うわけです。

法人の場合は、経営者であっても会社に雇われている身なので、もちろん経費として計上出来ます。その場合も、敷金は駄目ですが、礼金など諸費用は含まれます。

引越し費用を経費として計上するときに必要な書類について知りたい

5つの勘定科目「資産」「負債」「資本」「費用」「収益」に分けて計上しますが、敷金は後から戻って来るお金なので、『資産』になります。

引越し費用の経費の出し方

仕分けとしては、科目としては項目上、『雑費』として処理しておくと青色申告のときに、経費として計上出来ます。5つの勘定科目「資産」「負債」「資本」「費用」「収益」に分けて計上しますが、費用の中にある「雑費」が多過ぎると税金が上がってしまいますので、注意が必要ですね。

引っ越し費用を経費として計上するときの注意点

敷金は経費としては計上出来ませんが、礼金は20万円以下の場合は『地代家賃』で経費として計上出来ます。20万円以上の場合、減価償却で5年間で計上する事が出来ます。仕分け項目は『長期前払費用』として計上しましょう。敷金は後から戻って来るお金なので、修繕費を引いた後から、修繕費を経費に計上する事が出来ます。

会社の都合で急な転勤などについては、『特別支出控除』が受けられます。全額会社が負担してくれるところもありますが、半分だけや3分の1程の所もあるので、それは会社に確認して置いた方が良いでしょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

永遠の問題!引っ越しは自分で?業者に?どちらがお得か専門家に聞く

目次引っ越しを自分でするとかかる費用引っ越しを自分でするメリット自分の都合に合わせやすい自分で引っ越しをするデメリット自分で引っ越しをすると近隣住民が気を遣う?自分で引っ越しをするとトラブルの原因にな ...

引越し費用の平均額はいくら?状況別で平均額まとめてみました!

「引越しの費用ってどのくらいかかるんだろう」「初心者でもわかるようにまとめてあ…

安く引越ししたい!引越しにかかる費用を安く抑えるポイント6選!

「予想以上に引越し費用って高いな…」「どうしたら安く抑えられるかな」 引…

どこが安いの…?実は最安値で単身引越しをするのに業者は関係ない!

引越しは色々とお金かかるし、とにかく安い業者にお願いしたい! 引…

割引料金で引っ越したい!大幅に値下げするための方法まとめ

近頃では何かを買ったり利用したりするにしろ、多くのもので「特典割引」や「サービス付き」といったお得…