引越しを平日に行うだけで最大50%も安くなる?料金を安くお得に!

「引越しって土日より平日が方がお得なるのはなんで?」
「繁忙期でも平日なら安い料金で引越せるの?」

引越しを行ううえで最も気になるのは料金です。実に引越しでは、引越し料金以外でも様々な費用がかかるので節約したいところです。

引越しをできる限り安くお得に行うには、閑散期の平日が最も安く、通常期より最大50%安くなります。

ここでは、平日に引越しを行うべき理由と、実際の料金を安くするコツについて詳しく説明していきます。

平日の引越しはこんなにもお得だった!


  1. 通常より1~2万は安くなり、時期によっては最大50%も安くなる!
  2. ただ、平日でも繁忙期になると需要が高まるため安くならない場合もある
  3. 限界まで安く引越しがしたいなら、引越し業者の相見積もりを取ることで最安値が見えてくる!
  4. プランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して業者を簡単に比較して最安値を出してみる

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

平日引越しっていくら?料金相場について

引越しをするなら、できるだけ費用を抑えたいものです。一般的には平日の引越し料金が安いイメージがありますが、実際にはどうなのでしょうか。

結論から述べると平日だから安いわけではなく、トラック・スタッフの空きの多い日に引越し料金が安くなるのです。

「土日料金」「平日料金」というのが設定されているわけではなく、土日料金が通常料金で、空いている日は割引をするという形で引越し料金が安くなるのです。

結果的に平日が空いている可能性が高いので、引越し料金が安くなる傾向があるのですが、その差は50km以内、通常期、単身者の場合で1万円-2万円の差があります。

平日の中で引越し料金が最も安くなるのはいつ?時期曜日時間帯まとめ

・時期
月末は家賃の二重払いを防ぐため、あるいは更新料の支払いを防ぐため、引越しが増える傾向にあります。よって、その月末の引越しが落ち着いた月初が引越しは少なくなります。引越しの料金はトラックの空き具合で決まるので、当然引越しの料金が安くなります。

・曜日
引越し自体は1日で終わっても、片付けをしなければなりません。よって、平日の金曜日に休みを取って引越しをして、土日で片付けをする人も多いです。

引越しをする人が多いので、金曜日は平日の中では高めです。平日引越しでは金曜日は引越し料金の割引はあまり期待できません。場合によっては片付けのしにくい日曜日の午後の方が安い場合もあるのです。

・時間帯
午前よりも午後の方が引越し料金は安くなります。午前に引越しを終わらせて午後に片付けようとするニーズが多いからです。また、午後からの引越しは自分の引越しだけのためにトラックが来る場合より、午前の引越しが終わってからトラックがくることがほとんどです。

よって、時間の確約が難しく、午前なら「8時から」と確定させることができますが、午後は「14時-16時」のように、引越し開始時間を設定する場合が多いのです。時間に幅があると、予定が立てにくいので、その分割引率が大きくなるのです。

平日の引越し費用が安くなる理由

最初に述べたように、平日料金というものが存在するわけではありません。あくまでも需要と供給の関係で引越し料金が決まるのです。下請けを使っていない場合、引越しがあっても、引越しが無くても、人件費やトラックの維持費は発生します。

人とトラックを空けたままにしておくくらいなら、割引をしてでも稼働させたいので、需要の少ない平日の引越し料金が安くなるのです。さらに、最近だとインターネットで簡単に引越し費用の各社見積もり比較が簡単にできるので、各社の割引合戦がより激しくなっています。

繁忙期は平日の引越しでも高くなるかも?料金相場が高くなる理由

まず、繁忙期(3月後半~4月前半)と閑散期(11月・1月)を比較すると、単身者でも料金が1.6倍、家族では約2倍引越し料金が高くなります。需給の関係でいえば、完全に売り手市場なのです。1年の引越しの1/3がこの繁忙期に行われるので、平日でも割引が難しくなります。

入学、就職、転勤等、やむを得ない事情がない限り、この時期の引越しは避けた方が賢明です。

平日に引越しをするメリット・デメリットが知りたい!

・メリット
土日より引越し費用が安くて済むのが最大のメリットです。料金だけではなく、時間の融通が利く、というのも隠れた大きなメリットです。たとえば、早く引越しを終えて、ゆっくり片付けたければ午前8時から、朝ゆっくりして片付けは次の日に行おうと考えるなら午後1時など、自分のニーズに合わせて引越しの開始時間を指定できるのです。

これが土日だとそうはいきません。1日2件、場合によっては3件の引越しを同じメンバーでこなすことも珍しい話ではありません。この場合、スケジュールを組んで引越しを行うので、自分の都合で時間を決められないのです。

さらに、平日に引越しをした場合、市役所の転入届のために別の日に休みを取る必要がなくなります。届をするためにわざわざ休みを取らなくてもいいのです。どうせ休みを取るなら、引越しのために休みを取って、引越し代を浮かせ、なおかつ届をした方が合理的です。

・デメリット
平日の引越しの場合だと、仕事を休まなければいけない、というデメリットがあります。有給休暇で制度上は休みが取れても、仕事の都合を勘案して、周りに迷惑をかけないように引越し日を設定する必要があります。

平日の引越し料金をよりお得に安くする方法

1年間を通して一番の閑散期は11月なので、そのタイミングで引越しをするのが、引越し代を安く済ませる一番の方法です。9月-10月は半期の始まりで、学校の2学期の期初であるので、それに合わせて辞令を出し転勤、というケースが多いのです。その転勤ラッシュが落ち着くのが11月です。

1月も年度末の転勤が落ち着いた時期なので、閑散期で引越し料金の割引がしやすくなります。引越し開始時間は午後からです。

近距離の引越しなら、トラックの大きさを小さくしピストン輸送することによって、引越し料金が安くなることがあります。大型のトラックより人件費がかからないからです。ただし、引越しに時間はかかります。

トラックの件は、業者の方から切り出してくる場合が多いので、引越しに時間をかけていいのならその話に乗れば安く済みます。ただし、ピストン輸送を嫌う人は多いので、最初は渋るのがコツです。そうすればより大きな割引が期待できます。

【平日の引越しはこんなにもお得だった!】

平日の引越しはこんなにもお得だった!


  1. 通常より1~2万は安くなり、時期によっては最大50%も安くなる!
  2. ただ、平日でも繁忙期になると需要が高まるため安くならない場合もある
  3. 限界まで安く引越しがしたいなら、引越し業者の相見積もりを取ることで最安値が見えてくる!
  4. プランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して業者を簡単に比較して最安値を出してみる

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり
衝撃の事実

引越し費用は現金払いが一般的…

お金が足りないならカードローンも検討

カードローン 特徴 詳細
アコムバナー
最大30日間無利息 詳細
楽天銀行バナー
入会で楽天ポイント付与 詳細

関連記事

狙い目は12月引越し!繁忙期が来る前が激安で引越しができる!

「12月引越しの料金相場っていくらくらいなんだろう?」 「12月引越しって…

引越しのおすすめ時期っていつ?料金をお得にできるコツを紹介!

「できるだけ引越し費用が安い時期を知りたいな…」 「いつから引越しの準…

友引の引越しは縁起が悪い?むしろ予約を取るのが簡単で料金も安い!

「友引の引越しって縁起が悪い…?」 「友引の引越しの料金は他の六曜と違…

12月までに引越したい!11月の引越しや見積もりのコツ7選

「11月の引越し料金っていくらくらいなのかな?」「12月くらいまでに引…

引越しをするなら1月がおすすめ!料金相場や注意点のまとめ

「契約終わるし良い物件があれば引越したい!」 「繁忙期の前に引越すと50…