引越しを行う際のカーテンの取り扱い方法についてご紹介

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

カーテンの処分方法

引っ越しでカーテンを処分する場合は、ほとんどの自治体では「燃えるゴミ」として処分することができます。指定のゴミ袋に入っていれば回収してもらえますので、他の燃えるごみと同様に出しておけば処分完了です。ただし、捨てる場合は金具類を取り外して、「燃えるゴミ」部分の布地だけの状態にしておくことを忘れないようにしましょう。

ごみの分別については、各自治体で分別表などがまとめられているはずですので、そちらを確認するのが確実です。
また、ただ処分するのではなく、中古品として売り払う、という手もあります。ネットオークションへの出品や、リサイクル業者への持ち込みで、カーテンの状態の良さによってはお金に変えることもできます。

また、中古のカーテンは途上国への資源として支援団体を経由して寄付することもできます。カーテンは日を遮るほどの丈夫でしっかりとした布地ですので、良い布素材として重宝されることはとても多いです。引っ越しにかける時間に余裕があるようでしたら、ただ捨てるよりも、誰かの役に立てる使い道を模索するのも良いかもしれません。

また、カーテンはいらなくなったから、この部屋に置いていこう・・・そんな風に考える方もいるでしょう。賃貸住宅は基本的に、後から自分で取り付けたものや持ち込んだものはすべて持っていくのが基本であり、たとえカーテンであろうと、置いていくことができないことが多いです。置いていくと、その場では何も言われなかったとしても、後々大家さんから処分費用を請求される場合もあります。

ただし、大家さんが「置いて行ってよい」といった場合は例外です。勝手に置いて行くとなると後々問題になりそうですが、大家さんに確認して許可が出た場合は、行ってもよいでしょう。また、学生寮や社員寮など入居者にとって一時的な住居であり、通常の規格では無いようなカーテンが必要となる場合は、むしろカーテンを置いて行った方が喜ばれることもあります。

カーテンの購入

引っ越し先で使うカーテンは、引っ越したその日のうちに使うことになります。とはいえ、引っ越し前に購入してしまうと、他の荷物に紛れてすぐに取り出すことが出来なくなることも考えられます。可能であれば、引っ越し当日に、ネット注文で届くように手配しておくか、お店に出向き購入する方が良いでしょう。

また、カーテン購入の際には、サイズが重要となります。カーテンのサイズを入居前に自分で測定しておくと、確実にサイズの合ったカーテンを用意でき、安心です。事前に大家さんに電話で確認することもできますが、この情報は宛てにならないことも多く、事前の情報を信じて購入したカーテンが、実はサイズが小さすぎた、といったことも実際に起こります。

この場合に、大家さんがカーテン代を支払ってくれる訳でもなく、ただただ泣き寝入りで新しいカーテンをすぐさま購入しなくてはならず、余計な出費になりかねません。新居のカーテンは、必ず自分でサイズを測定してから購入するようにしましょう。

カーテンのサイズを測定する際には、窓の上端ではなく、カーテンレールから床までの高さを測定する、ということに気を付けましょう。うっかり窓枠の高さに合わせてカーテンを購入したら長さが足りなかった・・・ということになりかねません。

カーテンのリサイズ

引越しの際に意外と多いのが、「持ってきたカーテンのサイズが合わない」という事態です。転勤族の人は引越しごとに買い替えるのは費用的に難しいですので、そういった場合はカーテンをリサイズしてみましょう。

裾が長い場合は、比較的簡単です。適度な長さで折り曲げて、手芸用の裾上げテープで止め、アイロンをかければ裾上げが出来てしまいます。また、アイロンが無い場合や、もっと手軽に作業をしたい場合は、安全ピンで数か所止めるという方法もおすすめです。

裾が短い場合は、少々面倒です。元々のカーテン生地に似た素材の布を付け足すか、上の折り返し部分をほどいて少し長くする、という手がありますが、手芸上級者で無いと難しいです。レースカーテンの場合は、100円ショップで手に入るカフェカーテンを下に縫い付けると、リサイズにもなりますし、お安くおしゃれな二段式のカーテンを作ることができ、インテリアとしてもおすすめです。

もしも伸ばしたい長さが10センチ以下の場合は、アジャスターカーテンフックを利用するのも良いでしょう。カーテンをひっかける器具をアジャスタータイプに変えるだけで、数センチは簡単に長さ調整ができます。こういった器具は、カーテン専門店や家具店、インテリアショップで手に入れることができます。

また、手軽にお安く作業を行いたい場合は、アジャスターフックではなく、100円ショップにあるピンチ付きフックと大きな安全ピンで代用することも可能です。

カーテンレールの取り付けについて

賃貸ではほとんどの物件でカーテンレールが取り付けてありますが、万が一ない場合は自分で取り付ける必要があります。
カーテンレールは種類によって価格も様々です。一般的なカーテンレールは「機能性カーテンレール」と呼ばれ、2mのダブルカーテンレールで3,000円~10,000円程度です。

また、カフェカーテンをリングで引っ掛けるようなおしゃれな「装飾カーテンレール」は3,000円~30,000円程度と幅があります。なお、これらはワンセットの値段であり、窓の数だけ費用がかかってしまいます。また、素材や装飾性、窓数を加味して、予算に合わせて選ぶと良いでしょう。

カーテンレール本体の購入費用のほか、取り付け費用もかかります。カーテンレールの取り付けには、平均30000円程度の作業員の人件費がかかります。
こうなるとかなりの出費になってしまいますが、カーテンレールとカーテンを同時購入し、そのお店で「カーテンレールの購入・取り付け」を一緒にお願いするとセット料金で安くなる場合もありますので、そちらもぜひお試しください。

また、取り付け作業を自分で行おうとする人もいるかもしれませんが、高い位置に長いカーテンレールを床に平行にきれいに取り付けるのは、素人には至難の業です。たとえ取り付けられたとしても、ちゃんと取り付けられておらず、後日カーテンの重みで壁からレールが外れる、ということも起こり得ます。できる限り業者の人にお願いした方が良いでしょう。

カーテンの購入が間に合わなかった場合

万が一カーテンが入居日に間に合わなかった場合は、ひとまず代用品などを使った応急処置でしのぎましょう。代用品としておすすめなのは、大きくて軽めの布です。例えば、夏用のベッドシーツ、タオルケット、バスタオルなどです。

これらの代用品を、カーテンレールに引っかければとりあえず目隠しにはなります。また、タオルなどをハンガーにかけて吊るすのも手です。

とはいえ、これらは見た目が大変悪く、みすぼらしい印象となります。
なるべく早めに、カーテンを用意できるように気を付けましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引越しでベッド運ぶのお金かかりそう…運搬料金を安くする1つの方法

「解体しないと引っ越し先のエレベーターに入らないかな?」 「階段で運ぶのは無理…

エアコンの引越しどうする?取り付け・取り外しは業者に頼んでらく…

「引越しの時、エアコンの取り付け・取り外しどうするの?」「費用っていくらぐらい…

冷蔵庫や洗濯機だけ引越したい!5つの運搬方法と料金相場まとめ

冷蔵庫とか洗濯機どう運ぼう…?何か運んでもらえる方法ないかな? 大…

冷蔵庫の引越しを安く簡単に行う方法とは?

引越しといっても、その内容はさまざまです。学生が一人暮らしを始めるための引越しと大家族の引越しでは…

レンタカーで自力引越ししたい!自力vs業者の料金比較と注意点

「自分でレンタカー借りて引越ししたいけど必要な手続きってあるのかな?」 「引…