引越しに伴うプロバイダの契約について継続すべきかどうかを調査!

新居でのネットの準備はできていますか?

ネットの準備がまだの人や、月々のネット料金を安くしたい人には、一括見積もりがおすすめです。

ネットの一括見積もりはコチラ

たった30秒で100種類以上の中から一番安いプランを知ることができますよ。

移転手続きの流れ

引っ越しに伴い、インターネット環境の整備には、プロバイダの「継続契約・移転」、もしくは「解約・新規契約」をする必要があります。
使っているプロバイダを継続するなら、移転手続きを済ませるだけなのでとても簡単です。プロバイダによって手続き方法は異なりますが、だいたいの場合はインターネット上で手続きを済ませることができます。

手続きとしては、プロバイダのホームページ上に「引っ越しのときに」といったようなページが用意されているので、そちらに書かれている指示どおりに行うだけで移転手続き完了、となります。その際、プロバイダは新住所を伝え、新居での回線開通工事の日程調整を行う必要があります。新居では、工事が済めば、今までと同様にインターネットを利用できます。

とはいえ、環境が変わりますので、通信速度が以前と異なる場合もありますので、同じプロバイダだったとしても、以前と全く同様にインターネット利用ができる、とは限りませんのでご注意ください。また、少数派ではありますが、業者によっては、移転工事費用がかかる業者もいますので、契約内容をしっかり確認しましょう。

毎日インターネットを利用する人にとっては、プロバイダの移転手続きはスムーズに済ませたいところです。転居先での回線開通工事は、移転手続きの際に予約することができます。この日程が、引っ越し繁忙期だとなかなかこちらの都合の良い通りに調整することが大変難しいです。

引っ越しギリギリでプロバイダの移転手続きをしてしまうと、転居してから一か月以上も工事の予約ができずにインターネットが使えない、という状況にもなりかねません。また、引っ越し手続きが遅れると、引っ越しの翌月分まで、余計に支払をしなくてはならないことも考えられます。いずれにせよ、プロバイダの移転手続きはとにかく早めに行うに越したことはありません。

継続か新規契約どっちがお得?

「継続契約・移転」の方がラクなのにも関わらず、引越しのタイミングで別のプロバイダに乗り換える人もいるのは、そちらの方が、トータル料金などがお得になることがあるためです。
継続契約と新規契約、どちらの方がお得になるかは、個々の契約内容や契約期間などの条件によって異なります。例えば、従来の契約が、契約解除料が必要な期間であったり、初期工事費用を継続契約条件下での分割払いで割り引かれていたり、といった場合には、契約解除にかかるお金が高額になりがちです。

また、プロバイダからモデムやアダプタなどの必要機器をレンタルしている場合には、契約解除に伴い返却が必要となります。このとき、綺麗な状態であれば問題は無いのですが、どこかに破損が生じていたり、または、紛失していたり、という場合には当然、別途料金がかかることが多いです。また、破損や紛失が無い場合でも、送料の自己負担が必要となることもあります。

プロバイダの新規契約では、キャッシュバックキャンペーンや月額料金の割引など、新規契約にちなんだ割引が受けられる場合が多いですが、この割引率と、契約解除に必要な金額のバランスを見て、どちらの方がお得か判断しましょう。

手続きの方法

プロバイダ移転の手続きとしては、契約しているプロバイダへ引っ越す旨、そして新住所を連絡し、新居での工事日程を予約すれば終了です。あとは、通常どおり引っ越しをして、新居での開通工事の日、業者が開通させるのを立ち会うくらいしかやることはありません。開通工事は、工事当日までに、新居の中でモデムやルーターを置く場所や電話線をつなげられる場所を把握しておけば、よりスムーズに作業が終わることでしょう。

とはいえ、開通工事は長くても30分程度で終わりますので、それほど負担にはならないと思います。
解約・新規契約の場合は、やや煩雑な手続きが必要となります。

まず、解約の連絡は、BIGLOBEやSo-netといったインターネットを提供するプロバイダ業者だけではなく、NTTやKDDIなどの回線事業者への連絡も、あわせて必要となります。プロバイダが窓口役として回線業者への連絡をしてくれる場合もありますので、解約にあたりどこへ連絡すれば良いのかについては、プロバイダへ連絡し、自分の契約内容を確認すると良いでしょう。

解約手続きと同時に、新規契約の手続きも進めなくてはなりません。契約自体は、こちらもインターネット上の連絡のみで手続きを完了できることが多いのですが、その前段階で、どのプロバイダと回線でどのプランを使うのか、という選別作業に最も手間がかかるかと思います。お得なプランを見極めたい方は、インターネット上の契約の前に、サポートセンターなどに電話をして、直接プラン内容を相談してみるのが確実です。

プロバイダの移転手続きの注意点

以前のプロバイダを継続契約するのが一番手軽ではありますが、それが不可能な場合もあります。転居先のエリアによって、対応している回線が異なる場合があるのです。
例えば、東京から大阪へ転居する場合、以前はNTT東日本を使っていたとすると、大阪ではNTT西日本になってしまい別会社ということで、契約継続はできません。

また、転居先が集合住宅である場合、利用できる回線が決まってしまっている場合も多く、自分の都合のみでプロバイダを選べないことも多いです。そうなると、プロバイダについては「解約・新規契約」をするしかありません。また、同じプロパイダを利用するとしても。

料金やサービス内容が地域によって異なる場合もあるようです。継続契約の場合でも、料金に変化はないか確認した方が良いでしょう。

引っ越しが決まったら、転居先のインターネット環境の早めの確認が必要です。
また、引っ越し手続きをしなかった場合、以前の住居で継続してインターネット契約がされることになりますので、自分自身が使えないのに契約料金は支払い続けることになります。余計な料金を掛けたくないのであれば、忘れずにプロバイダ移転手続きをしましょう。

新居でのネットの準備はできていますか?

ネットの準備がまだの人や、月々のネット料金を安くしたい人には、一括見積もりがおすすめです。

ネットの一括見積もりはコチラ

たった30秒で100種類以上の中から一番安いプランを知ることができますよ。

関連記事

引越し後の保険証の住所変更手続きが分からない人へ…注意すべき点

「引越した後の保険証って住所変更すべき…?」 「

引越し時の本籍変更は面倒…本籍を変えるべきか3分で知る方法

「引越ししたら本籍って変えるべき?残すべき?」 パスポートな…

引っ越ししたら郵便物はどうなるの?転送届の仕組みと手続き方法ま…

「引越しの時って郵便物はどうなる…?」 引越しの際に転送手続き…

引越し時に転出届と転入届は絶対に出さないといけない

引っ越しをする際には、引っ越し業者に依頼をして、荷物の梱包を行って・・・という作業ももちろん大事…

引越し後に銀行口座は住所変更すべき?手続き方法まとめ

銀行から、ハガキや封書が送られてきた経験がある人は多いことでしょう。その中にはとても重要なお知らせ…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事