引越しに伴うプロバイダの契約について継続すべきかどうかを調査!

引越しに伴うプロバイダの決め方

「引越しのときプロバイダの手続きとかわからない!」
「引越しするけどもっと良いプロバイダないの?」

インターネットのプロバイダは今ではライフラインの一つで、必要不可欠となった中で引越しに伴う様々な手続きが非常に多く、面倒な部分がたくさんあります。

引越しを機にプロバイダの乗り換えであったり料金の見直しを検討したりと、ある意味家計にプラスとなるチャンスでもあります。

今回は、引越し時のプロバイダ移転方法や手続き方法、また注意点について詳しく解説していきます。

引越し時はプロバイダを見極める大チャンス!

  1. 環境が変わることから通信速度が以前と異なる場合もあって、同様にインターネット利用ができるとは限らない
  2. 引越しギリギリで移転手続きをしてしまうと、転居してから一か月以上も工事の予約ができない場合も
  3. プロバイダは、契約解除に伴い返却や解約金が必要となるが、新規契約でキャッシュバックキャンペーンや月額料金の割引が多数存在する
  4. プロバイダ移転の手続きとして新居での工事日程を予約すれば終了で、当日作業も30分で完了

新居でのネットの準備はできていますか?

ネットの準備がまだの人や、月々のネット料金を安くしたい人には、一括見積もりがおすすめです。

ネットの一括見積もりはコチラ

たった30秒で100種類以上の中から一番安いプランを知ることができますよ。

引越しに伴うプロバイダの移転手続き方法は?移転の流れまとめ

引越しに伴うプロバイダの移転手続き

引越しに伴い、インターネット環境の整備には、プロバイダの「継続契約・移転」、もしくは「解約・新規契約」を検討する必要があります。

使っているプロバイダを継続するなら、移転手続きを済ませるだけなのでとても簡単です。プロバイダによって手続き方法は異なりますが、殆どがインターネット上で手続きを済ませることができます

<引越しに伴うプロバイダの手続き>

  • プロバイダのホームページ上に「引越しのときに」といったようなページで移転手続きを行う
  • 新居での回線開通工事の日程調整を行う必要があるが、移転工事費用がかかる業者もいる
  • ただ、環境の変化に伴って同様なインターネットが使えない場合も
  • 引越しギリギリで移転手続きをしてしまうと、転居してから一か月以上も工事の予約ができない場合も

一番気を付けるべきポイントとして、引越し手続きが遅れる場合に、引越しの翌月分まで余計に支払をしなくてはならないことも考えられます。

引越しに伴うプロバイダは継続か新規契約どっちがお得か教えて!

引越し時にプロバイダを比較しよう

「継続契約・移転」の方がラクなのにも関わらず、引越しのタイミングで別のプロバイダに乗り換える人もいるのは、そちらの方が、トータル料金などがお得になることがあるためです。

継続契約と新規契約、どちらの方がお得になるかは、個々の契約内容や契約期間などの条件によって異なります。

例えば、従来の契約が、契約解除料が必要な期間であったり、初期工事費用を継続契約条件下での分割払いで割り引かれていたり、といった場合には、契約解除にかかるお金が高額になりがちです。

また、プロバイダからモデムやアダプタなどの必要機器をレンタルしている場合には、契約解除に伴い返却が必要となります。このとき、どこかに破損が生じていたりという場合には別途料金がかかります。

プロバイダの新規契約では、キャッシュバックキャンペーンや月額料金の割引など、新規契約に伴う割引が多数ありますが、契約解除に必要な金額のバランスを見て、どちらの方がお得か判断しましょう。

引越し時にプロバイダの手続きの方法は?絶対にスムーズにいく方法!

引越し時のプロバイダの手続きをスムーズにしよう

プロバイダ移転の手続きとしては、契約しているプロバイダへ引越しをする旨、そして新住所を伝えて新居での工事日程を予約すれば終了です。

あとは、通常どおり引越しをして、新居での開通工事の日、業者が開通させるのを立ち会うくらいで開通工事も長くても30分程度で終わります。

開通工事は、工事当日までに、新居の中でモデムやルーターを置く場所や電話線をつなげられる場所を把握しておけば、よりスムーズに作業が終わることでしょう。

<プロばいたの解約及び、新規契約のポイント>

  • インターネットを提供するプロバイダ業者だけではなく、NTTなどの回線事業者への連絡も必要
  • 解約手続きと同時に、新規契約の手続きも進めなくてはならない
  • どのプロバイダと回線でどのプランを使うのかという選別作業に最も手間がかかる
  • お得なプランを見極めたいなら一括見積もりでプラン内容を確認すると確実

引越し時にプロバイダの移転手続きはすぐできる?注意すべきポイント

以前のプロバイダを継続契約するのが一番手軽ではありますが、それが不可能な場合もあります。転居先のエリアによって、対応している回線が異なる場合があるのです。

例えば、東京から大阪へ転居する場合、以前はNTT東日本を使っていたとすると、大阪ではNTT西日本になってしまい別会社ということで、契約継続はできません。

また、転居先が集合住宅である場合、利用できる回線が決まってしまっている場合も多く、自分の都合でプロバイダを選べないことも多いです。そうなると、プロバイダについては「解約・新規契約」をするしかありません。

また、同じプロパイダを利用するとしても料金やサービス内容が地域によって異なる場合もあるようです。継続契約の場合でも、料金に変化はないか確認した方が良いでしょう。

引越しが決まったら、転居先のインターネット環境の早めの確認が必要です。引越し手続きをしなかった場合、以前の住居で継続してインターネット契約がされることになります。

ですので、自分自身が使えないのに契約料金は支払い続けることになります。余計な料金を掛けたくないのであれば、忘れずにプロバイダ移転手続きをしましょう。

【引越し時のプロバイダは見極めるチャンス!】

  1. 環境が変わることから通信速度が以前と異なる場合もあって、同様にインターネット利用ができるとは限らない
  2. 引越しギリギリで移転手続きをしてしまうと、転居してから一か月以上も工事の予約ができない場合も
  3. プロバイダは、契約解除に伴い返却や解約金が必要となるが、新規契約でキャッシュバックキャンペーンや月額料金の割引が多数存在する
  4. プロバイダ移転の手続きとして新居での工事日程を予約すれば終了で、当日作業も30分で完了

新居でのネットの準備はできていますか?

ネットの準備がまだの人や、月々のネット料金を安くしたい人には、一括見積もりがおすすめです。

ネットの一括見積もりはコチラ

たった30秒で100種類以上の中から一番安いプランを知ることができますよ。

関連記事

引越ししたら郵便物はどうなるの?転送届の仕組みと手続き方法まとめ

「引越しをしたら郵便物が届かない!?」 「…

引越し時に転出届と転入届は絶対に出すべき?タイミングと手続きは?

「転出届とか面倒くさいのに出す必要ある?」

引越しに伴うガスの閉栓と開栓!引越しを想定したタイミングを知ろう

「引越しのときガスはどうすればいいの?」 …

引越しに伴う住民税の手続きとは?転居後の支払い方法について解説!

「引越し後の住民税はどう変わるの?」 「手…

引越し後の保険証の住所変更手続きが分からない人へ…注意すべき点

「引越した後の保険証って住所変更すべき…?」 「

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事