引っ越し当日が雨!それを理由にキャンセルすることは可能なの!?

引っ越し当日が雨だと嫌ですよね… 雨の日だと、ダンボールに防水対策をしたり、ビニールシートで梱包したり、いろいろとめんどくさいです。 そこで、引越し当日が雨だったら引っ越しをキャンセルすることができるのか引越し業者に聞いてみました!
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し当日が雨の場合のキャンセルについて

国が定める「標準引越運送約款」によると、「地震、津波、洪水、暴風雨、地すべり、山崩れそのほかの天災」に限り、引越し業者側がキャンセルできる、と定められています。また、まだ災害に至っていなくても、山崩れなどの災害の起きる可能性があるほどの大雨の場合だと、引っ越し会社の判断で、引っ越しがキャンセルされる場合があります。 どの程度の悪天候ならば引っ越しが不可になるかは引っ越し会社によりますので、契約段階で確認しておくと良いでしょう。

依頼人側から、雨を理由に引っ越しをキャンセルすることは可能ですが、その場合は、キャンセル料を支払うことは覚悟しなくてはなりません。先ほども引用しました国が定めた「標準引越運送約款」では、キャンセル料についても記載があります。 それによると、引越し当日のキャンセルは見積もり運賃の20%、前日なら見積もり運賃の10%を支払うとなっていて、基本的に2日前までに申し出れば無料です。

雨の日の引っ越しを避けたい方は、天気予報をしっかり確認して、キャンセル料のかからない2日前までに日程変更をお願いするのが良いでしょう。ただし、「標準引越運送約款」を採用せず独自の約款を作っている会社もありますので、キャンセル料金についての規定は、必ず個別に問い合わせするなどして確認しておきましょう。

キャンセル料の支払いは発生してしまいますが、基本的に、雨でもなんでも、どのような理由でも、依頼人側がキャンセルをすることは可能です。しかし、4月などの引っ越し繁忙期ですと、キャンセル後の日程変更が大変難しくなることも多いです。キャンセルしたいと思った時点で早めに引っ越し業者に連絡しましょう。

引越し当日の天気と縁起の関係について

雨の日の引っ越しは何かと苦労が多く大変ですが、引っ越しを含め、イベントごとの時の雨は縁起の良いもの、という考え方が一般的です。
引っ越しの日の雨は、悪いものを洗い流してくれる浄化的な意味があり、また、神様が幸運を新居へ入り込ませてくれるとも言われています。
縁起という意味では、引っ越しは雨の日を選んだ方が良いようです。

梅雨の時期など、当日が雨になる可能性があるときの注意点について

雨が降っても、大方の引っ越し業者では雨の日対策のノウハウがあったり、撥水加工の梱包材を用意されていたりと、何かと対応していただけます。
とはいえ、雨が降る中の引っ越しでは、ある程度は、荷物は濡れてしまうものですので、雨にぬれても大丈夫なように、依頼者側でも対策をすることが必要です。特に、濡れたら染みになってしまう革製品や、乾きにくい布団、耐水性のない家電製品などについては、ちょっとの濡れが大事になりかねません。

これらの製品については、段ボールに入れる前にビニール袋にくるんで段ボール内に水が染み込んでも製品自体に影響が無いようにしましょう。また、そもそも段ボールではなく、押し入れ用に使えるようなプラスチックの衣装箱などがあれば、それらを使うのも良いでしょう。
また、革製品など以外でも、木製家具などの荷物が濡れてしまったとしたら、乾いた布で、すぐに水気をふき取りましょう。

少しの間、濡れてしまうのは問題ないとしても、長時間濡れたまま放置してしまうと、家具自体が湿気を帯び、その家具を置いているカーペットや畳などにシミができてしまいます。また、引っ越しの作業員さんや、自分自身が雨に濡れたまま住居内に入ることになる、ということも考えられます。
雨の日の引っ越しをする際には、荷物を拭けるような雑巾や、雨に濡れた人が使えるような大き目なタオルを複数枚用意しておくと良いでしょう。

また、段ボールから衣類を出して箪笥などの家具の中にしまう際には、しまう前に、入れる衣類等と入れられる家具がしっかり乾くまで待たないと、カビなどの原因になりますので、ご注意ください。

引越し当日が雨の場合の引越し業者の対応について

雨の日の引っ越しだと、業者は、できる限り荷物を濡らさないように様々な対応をしてくれることが多いです。中には、耐水性の高い梱包材を使ってくれる業者もありますが、その梱包料金も別途加算されてしまう場合もあります。事前によく確認しておきましょう。

また、通常の引っ越しよりも新居が汚れる可能性が高まる雨の日の引っ越しだと、引っ越し業者は玄関先や床、壁などにブルーシートを敷くなど、新居の床や壁に汚れがつかないよう細心の注意を払ってくれます。

とはいえ、玄関と道路の間が空いている場合、どうしても雨の中動かなくてはならないため、雨に濡れてしまう作業員が多くいます。身体を拭けるようなタオルを玄関先に置くと、作業員さん自身や、濡れてしまった荷物の水滴や汚れを拭いてから搬入してくれますので、ぜひ用意しておくと良いでしょう。

引っ越し業者は、それぞれノウハウを持っていますので、雨の日でもしっかり引越しを実施してくれます。基本的にお任せする方向で良いのですが、キャンセル規定や、万が一の故障や破損の補償内容については、確認は必須です。また、雨の日対策には、当然、業者ごとに程度の差が生じていますので、具体的にどのような雨の日対策をしてくれるのか問い合わせをしてみて、不十分な点については、自分自身で対策を行う、ということが重要です。

引越し当日が雨で、自分で引越しをする場合、自分でできる対策について

自力での引っ越しをするならば、雨の日は避けるべきです。もしも日付が動かせないとしても、出来る限り小降りの時間帯を狙って短時間で作業を終わらせることが重要です。
梅雨時など、終日雨で日付を多少ずらしても雨、という場合は、引っ越し業者の雨対策を参考にしながら作業を行うと良いでしょう。

自分自身で行う対策として、濡れて困る荷物はビニールにくるむかプラスチックケースに入れる、といった対策のほか、新居に荷物を運ぶ際には、ブルーシートを用意して、濡れた家具などで新居の入り口が汚れないようにする、などの対策がとれます。

とはいえ、自力での引っ越しということで、引っ越し慣れしていない素人作業になってしまいます。当然、プロの業者がやるよりも雨に濡れる確率は高まりますし、また、足元が悪く、作業を行う人自体に危険も生じます。
出来るならば、引っ越し当日が雨ならば、延期するか、最初からプロの引っ越し業者に任せましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引っ越しトラブルを弁護士に相談!マンション名を勝手に変更されたら

目次引っ越しトラブルを弁護士さんに相談してみる賃貸物件の正当な解約事由とは 正当な引っ越し理由は異臭とご近所の騒音?引っ越しのトラブルでも弁護士に相談したほうがいい?引っ越しトラブルに巻き込まれないた ...

引っ越し当日に間に合わない!粗大ごみが処理できない時の対処法

引っ越しが急に決まったり、荷物が多かったりすると引っ越し当日までに粗大ごみの処分が間に合わなくなる…

その引っ越しちょっと待った!準備のために注意すべき5つのポイント

引っ越しが決まると気ぜわしくなり、早く準備しなくてはと焦ることがあるかもしれません。しかし、やみく…

引っ越し先でテレビが映らない場合の対処法を原因別にご紹介

目次引越し先のテレビが全く映らない場合に考えられる原因と対処法引越し先が一戸建てでテレビが映らない場合の原因と対処法引越し先で地デジが映らない場合の原因と対処法引越し先でテレビは映るがノイズがかかって ...

引越しをする際の会社への報告義務は必須!その理由とは!?

目次引越ししたことを会社に報告することについて引越ししたことを伝えるタイミングについて引越ししたことを伝えるひとについて引越しした時に会社でやるべき手続きについて引越ししたことを会社の人に知られたくな ...