引越し後の保険証の住所変更手続きが分からない人へ…注意すべき点

引越し情報サイトいい引越し.comのアイキャッチ画像

引越した後の保険証って住所変更すべき…?

保険証の住所変更ってどうするの…?

国民健康保険の場合、保険証は住所変更の届けを出さないと使用できません

なぜなら保険者が住民登録をしている自治体となるからです。

この記事では引越し時にスムーズに健康保険証を使えるようにするためのポイントをお伝えします。

この記事のまとめ

  • 引越し後、保険証は住所変更を行えばすぐに使用可能
  • 国民健康保険の住所変更:市区町村役場で行う
  • 引越し前の保険料が未納の場合は後日支払う
  • 引越し前後に必要な手続き沢山あるので引越し業者選びは一括見積もりがおすすめ

新居でのネットの準備はできていますか?

ネットの準備がまだの人や、月々のネット料金を安くしたい人には、一括見積もりがおすすめです。

ネットの一括見積もりはコチラ

たった30秒で100種類以上の中から一番安いプランを知ることができますよ。

引越しに伴う健康保険証の住所変更をした場合、いつから利用できるようになるか

引越し後、住所変更をしていれば、健康保険証はすぐに使うことができます。もしも何らかの事情で住所変更の手続きが遅れた場合は、遡って住所変更後の健康保険証を使うことも可能ですが、住所変更以前は医療費がいったん全額自己負担となってしまいます。

健康保険証の住所変更手続きは必要か、について

社会保険、共済保険の場合は、引越し前後で保険者である雇用主等に変更が無いなら、住所変更しなくても使うことができます。国民健康保険の場合は、保険者が住民登録をしている自治体となりますので、住所変更をしないと使うことができません。つまり、市役所で転出届を提出したときに、それ以前まで使っていた保険証は自動的に無効となります。

たとえ前住所の健康保険証を提示してその場では使えたとしても、後日、前住所の市役所から現住所宛てに請求が届き、住所変更後の市役所に改めてその金額の請求を個人で行う必要があり、大変手間がかかります。

以前使っていた自治体によっては、転出届の提出と同時に、資格喪失届の提出や以前の保険証の返還が求められる場合も多いです。

住所変更をしなくても医療機関を受診できる健康保険証も多いのですが、住所変更は早めにしなくてはなりません。医療を受ける目的以外でも、健康保険証は身分証明書として使うことができます。

身分証明書として使う場合は、住所が変更されていないと、いざという時に困ることがとても多いです。医療機関の受診に支障が無かったとしても、住所変更は必ずしましょう。

健康保険証・社会保険証の住所変更手続き方法

引越しの際には色々な公的書類の住所を変更する必要があり、保険証も例外ではありません。

保険証にはいくつか種類があり、会社に勤め居ているサラリーマンとその被扶養者は社会保険、公務員とその被扶養者は共済保険、それ以外の方は、国民保健に加入しており、それぞれ、保険証の管轄者が異なります

社会保険、共済保険の場合は、所属している会社などの職場で住所変更などの必要な手続きをしてくれることがほとんどで、住所変更したことが判るような住民票等を職場に提出することで手続きが完了する場合が多いです。

一部の社会保険については、前住所を二重線で引いて新住所を手書きで記載する、という住所変更方法もあるようですが、一概には言えないので、職場の総務担当などに相談して確認しましょう。

国民保険の場合は、市区町村役場が窓口を担当してくれているので、そちらで住所変更手続きを行うことができます。この手続きの内容としては、同一の市区町村か、異なる市区町村に引越すのかで異なります。

同一市区町村での住所変更の場合は、居住している市区町村の役場で、窓口にある届け出用紙を使って住所変更を行います。このとき免許証やマイナンバーカードなど、本人確認ができる書類と印鑑を持っていけば、窓口で即日交付も可能です。

また、本人確認書類が無くても、住所登録されている住所に郵送されますので、後日受け取ることができます。なお、この時に、当然ですが、保険証を持って行かないと新しい保険証を受け取ることはできません。

別の市区町村の間で引越しをする場合は、住所変更だけではなく、前居住地の市区町村での国民健康保険の資格喪失手続きと、現居住地の市区町村での加入手続きも必要となります。

資格喪失手続きの際は、転出届の提出とともに、転出をする世帯の全員分の保険証の原本を持っていき、返却しなくてはなりません。

また、自治体によっては、窓口に用意してある「資格喪失届」の記入を求められる場合もありますので、印鑑なども用意するとより確実に手続きができます。新しい居住地での加入手続きの際には、転入届の提出とともに、転出証明書と「国民健康保険の資格取得届」を提出します。

また、手続きには世帯主の印鑑が必要となりますので、こちらも持っていきましょう。

なお、親の扶養家族のまま親元を離れる学生さんの場合は、共済保険や社会保険なら住所変更をしなくても良い場合もあります。その場合は、身分証明書として保険証ではなく、学生証を使うのが良いでしょう。

国民保険の場合は住所を変更しなくてはなりません。国民保険は所得に応じた額の保険料納付が必要で、一般的に所得のある社会人ではない学生さんはもちろん、保険料の減額対象となり得るので、ご安心ください。

なお、「転居届など前の市町村で引越し手続きをしないまま来てしまった」という方は、やり取りが煩雑で面倒ですが、一応郵送でも引越し手続きをすることができます。

とはいえ、郵送で転居届を取り寄せ、さらに提出して、転居証明書を郵送してもらって・・・と、住所変更に相当な時間がかかってしまうので、なるべく窓口で直接やり取りをする方が良いです。

未納の保険料がある場合の注意点について

国民保険の場合、住所変更をすると保険者が変わるので、その時点から新たな保険証を使うことができます。

後日、前居住市町村より、催告書が送付されるなど未納分の請求を受けることになりますのでその時に支払いましょう。

もしも、未納料金が高額で一気に払うことが困難であれば、それが判った時点で市役所に直接でも電話でも良いので、相談すると、分割納付などの提案をしてもらえます。

支払も連絡もせず、未納分の請求を無視し続けていると、差押えなど、大事に発展しかねません。とにかく、支払わないという選択は不可能ですので、ご注意ください。

この記事のまとめ

  • 引越し後、保険証は住所変更を行えばすぐに使用可能
  • 国民健康保険の住所変更:市区町村役場で行う
  • 引越し前の保険料が未納の場合は後日支払う
  • 引越し前後に必要な手続き沢山あるので引越し業者選びは一括見積もりがおすすめ

新居でのネットの準備はできていますか?

ネットの準備がまだの人や、月々のネット料金を安くしたい人には、一括見積もりがおすすめです。

ネットの一括見積もりはコチラ

たった30秒で100種類以上の中から一番安いプランを知ることができますよ。

関連記事

引越しにともなう自動車の手続き、その種類と方法は

引越しをすると、役所関係や公共料金などなど、とにかくさまざまな手続きをしなければなりません。とても…

スムーズに進めたい!引越し時の電気契約はどうやって行うのがいい?

引越しは何かと忙しく、荷物を運ぶ以外にも「電気、ガス、水道」といった生活に関わる契約の手続きも行わ…

意外とたくさん!?引越しのときに必要な書類について

「引越し」というと、多くの人が荷物をまとめてトラックで運搬するというイメージを思い浮かべるでしょ…

引越し時に必須!住民票手続き攻略マニュアル

引越したら、住民票の住所を移動させる必要があります。もし放っておいたら、いざ住民票が必要になったと…

引越し時ネット回線は継続より解約しないと損⁉契約見直しのチャンス

引越しが決まったら、今使っているインターネット回線はどうしたらいいんだろう? 現在使用しているインタ…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事