一人暮らしの引越し費用はどのくらい?各業者の平均金額を調査!

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

一人暮らしの引越し費用の相場

一人暮らしの引っ越しといっても、引っ越し先の広さや今の生活状況によって、荷物の内容も変わってきます。まずは代表的な例で考えてみましょう。

・ワンルームへ引っ越し
新入学の大学生や、新社会人の引っ越しです。荷物はまだ少なく、新しく買い足すようなものは引っ越し後に現地で購入します。これだと単身パックなどの、最小限の引っ越しでも十分です。

・ワンルームからワンルーム
大学を卒業し、会社近くのマンションに引っ越しの場合です。荷物は最初と違い増えています。シングルベッド、テレビ、冷蔵庫に洗濯機。こうなると単身パックでは収まりません。距離に合わせた引っ越し料金が必要になります。

・単身の引っ越し 荷物は少なめ
近距離(50Km未満)  最安値 15,000円  平均 36,000円
中距離(200Km未満)  最安値 16,000円  平均 42,000円
遠距離(500Km以上)  最安値 20,000円  平均 62,000円

・単身の引っ越し 荷物は多め
近距離(50Km未満)  最安値 19,000円  平均 45,000円
中距離(200Km未満)  最安値 23,000円  平均 60,000円
遠距離(500Km以上)  最安値 30,000円  平均 77.000円

引っ越し業者といっても、大手から中小までたくさんあります。ここではよく知られている業者の通常期平日、近距離で荷物少なめというパターンで、平均金額を出してみました。

・サカイ引っ越しセンター  47,000円
・ハート引っ越しセンター  42,000円
・アート引っ越しセンター  57,000円
・アリさんマークの引越社  40,000円
・アーク引越センター  40,000円
・クロネコヤマト  40,000円

一人暮らしの初期費用について

初期費用とは、賃貸物件を借りるとき最初の契約に必要な費用です。中にはここに書かれたものの中で、支払わずにすむ物件もあります。

・敷金(保証金)  部屋の保証料 なにもなければ退室時に返してくれる
・礼金  大家さんへのお礼金
・仲介手数料  仲介してくれた不動産屋に払う金額
・前家賃  家賃は前納するのが決まり
・日割り家賃  家賃は月初めからの計算になるので、入居日によって支払う
・鍵交換費用  必要なければ断れるが、用心のために交換がおすすめ
・保証会社利用料  保証人をたてれば必要ないが、今はほとんどが保証会社利用
・保険料  火災、家財などの保険料

賃貸物件の初期費用は、借りる部屋の家賃の5倍から6倍が必要になります。

平均的な初期費用の内訳をだしてみました。最低でもこれだけの金額を用意してあれば、契約時にあわてることはないと思います。

・敷金(保証金)  家賃の1ヶ月分  ペット可物件では2ヶ月
・礼金  家賃の1ヶ月分
・仲介手数料  家賃の半月から1ヶ月分
・前家賃  家賃1ヶ月
・日割り家賃  家賃を日割り計算して×日数
・鍵交換費用  15,000円
・保証会社利用料  家賃の半月から1ヶ月分
・火災保険料  10,000円から20,000円

一人暮らしの初期費用を安くする方法

一人暮らしの初期費用を安くするなら、礼金、敷金のない物件をさがします。2月から4月の繁忙期を過ぎれば、賃貸物件も落ち着きます。ここで空室になった物件を、少しでも埋めるために礼敷なしの格安物件が出てくるのです。

条件のあまりよくない物件でしたら、思い切ってフリーレントを申し込んでみましょう。1ヶ月から半年、家賃がただになるというサービスです。古い物件だと、フリーレントを取り入れているところがかなりありますから、さがしてみるのもいいですね。

一人暮らしの引越し費用を安くする方法

一人暮らしの引っ越し費用を安くするなら、やはり単身パックや単身プランといった、単身者用のプランを利用するのが一番です。

ただこのプランですと、大きなものは運べません。引っ越し先で大きな家具や電気製品を購入するというなら、単身パックの利用も可能です。

自分で引っ越しするというのもいいですが、やはり荷物を運ぶにはトラックが必要です。普通免許で運転できる1トンクラスのトラックを6時間借りると、保険など入れて7,000円ほどかかります。

費用はそれだけではありません。手伝ってくれた友人に食事をごちそうしたりするでしょう。荷物の運搬もすべて自分でしなければいけなくなりますし、そうなると安かったのかどうなのか、悩むところです。

大学生の引っ越しには、いろいろなサービスがあります。学生割引を利用するなら、学生証などの身分証明となるものを、すぐに見せられるように用意しておきましょう。

・大学生協による学生の引っ越しサービス
各大学にある大学生協では、引っ越し業者と提携して、より安く引っ越しできるようなサービスを紹介してくれます。さらに引っ越しに必要な段ボールやガムテープの用意など、引っ越し初心者には助かるサービスもついてきます。

大学ごとに提携している引っ越し業者は違いますから、まずは大学生協に問い合わせてみてください。

・アート引っ越しセンターの学割パック
学生限定の割引パックです。サービスで新居用のカーテンがもらえるという特典付きです。通常の料金より、かなり割引になります。

女子学生でしたら、女性スタッフを指名することも可能です。荷造りの手伝いなどは、やはり女性にやってもらいたいもの。引っ越しのノウハウなど、教えてもらうといいかもしれません。

単身パックと単身プランどっちが安いの?

単身パック、単身プラン、呼び方は違いますが、こういった荷物の少ない引っ越しのブランは、最近ふえてきています。各社によって違いはありますが、基本は引っ越し業者の使うコンテナに、収まるだけの荷物を運ぶことができるというものです。

では代表的な日通とヤマト運輸単身向けプランを比較してみましょう。なおぢらも通常の引っ越しサービスと違って、段ボールやガムテープの提供はありません。荷物が収まらない場合は、宅配便として追加料金がかかります。

さらに安くなる割引がありますから、うまく利用してください。

・日通
単身パックS  108×74×155cm 1.23㎥   15,000円~
単身パックL  108×104×175cm 1.96㎥   16,000円~

割引各種
Web割引  2,000円
複数ボックス割引  1,000円
エリア割引  1,000円

・クロネコヤマト
単身引越サービスパックmini 104×104×130cm 1.4㎥  関東:16,000円
                           その他エリア:13,000円
単身引越サービスパック 104×104×170cm 1.83㎥  関東:17,000円
                         その他エリア:14,000円

割引各種
Web割引  2,000円
平日割引  1,000円
早期申込割引  1,000円
複数ボックス割引  1,000円

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

【引越し費用】いくらする?単身・二人暮らし・家族の平均相場まとめ

「引越しにかかるお金ってどれくらい?」「引越し費用はできるだけ安くしたい!…

4人家族の引越しで費用を少しでも抑えるには?

4人家族の引っ越しを予定している方、引っ越しの費用がどれくらいになるか気になっていませんか? お子さ…

【二人暮らしの引越し】費用相場・損せず絶対に安く抑える方法とは?

二人暮らしで引越ししたいけど、費用ってどれくらいかかるの? 引越…

母子家庭の引っ越し、低利子または無利子で資金借りる方法まとめ!

「引越ししたいけど資金が足りないな」「母子家庭って資金借りれたりしないかな…

同一市内に引越しをする際の費用相場と費用を安くする方法をご紹介

目次同一市内に引越しをするときの費用相場同一市内に自力で引越しした時の費用同一市内の引越しでも業者によって差が出るのか同一市内を安くする方法 同一市内に引越しをするときの費用相場 生活圏は変えたくない ...