7月の引っ越しは暑さとの戦い!その他の注意点とともに解説!

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

7月の引越しの相場

7月は夏休みに入る後半から、引っ越し料金が高くなります。上旬でも大安と土日はやはり高めの設定になっています。

夏休みに入る前、7月の20日までの平日で仏滅の日が、一番安くなります。特に7月の上旬はまだ梅雨のシーズンなので、引っ越し業者は暇ですから、交渉次第で引っ越し料金も安くなります。

7月の上旬は6月と同じくらい安い金額です。下旬になると、繁忙期の料金設定になります。こちらに書いたのは高いほうの平均になりますので、実際はこれより安くできるかもしれません。

・単身の引っ越し 荷物は少なめ
近距離(50Km未満)  平均 45,000円
中距離(200Km未満)  平均 47,000円
遠距離(500Km以上)  平均 53,000円

・2人世帯
近距離(50Km未満)  平均 82,000円
中距離(200Km未満)  平均 100,000円
遠距離(500Km以上)  平均 130,000円

・4人世帯
近距離(50Km未満)  平均 130,000円
中距離(200Km未満)  平均 175,000円
遠距離(500Km以上)  平均 230,000円

7月引越しのメリットデメリット

・7月に引っ越すメリット
賃貸物件をさがすのにも、この時期は比較的ゆったりさがせます。夏休みに引っ越すようなご家庭は、もうとうに物件を決めています。転勤を命じられる会社員もそんなにいません。暇な時期なので、不動産屋も親身になって物件探しをしてくれます。

ボーナスのでる会社にお勤めなら、金銭的に余裕のある引っ越しができます。引っ越し料金を払っても余裕があるなら、家具を買い換えたりするのにいい機会です。

・7月に引っ越すデメリット
天候が問題です。前半ならまだ梅雨ですし、梅雨が明ければ暑くなります。突然の雷雨などもある季節なので、注意が必要です。

引っ越しは作業員に任せるだけでなく、自分たちでも動き回ります。引っ越しの最中はエアコンも効かせられないので、暑さからの熱中症に用心しなければいけません。

冷蔵庫は2日間使えないと思ったほうがいいでしょう。暑いときには調味料や食品の管理にも注意が必要になります。思い切って使いかけの調味料などは処分して、新たに買い直したほうが安全です。

7月はお子さんのいる家庭での引っ越しが多くなる時期です。4月の新学期に引っ越しが間に合わなかったら、一学期はそのまま通って、夏休みに転校するというパターンになるからでしょう。

新しい住まいになれていないだけでなく、近隣にどんなものがあるのか、まだよくわからないでしょうから、夏休みのお子さんの安全には注意してください。

引っ越し業者にとっては、7月と8月は一番辛い時期です。依頼が少ないので営業はなんとか仕事をとろうと必死ですし、仕事が取れたら現場の作業員は、雨と暑さでいつも以上に大変な仕事になってしまいます。あまり暑いようなら、作業員にも涼めるように心配りをしてあげたいものです。

引っ越し料金を安くあげるなら、上旬にすべきです。下旬になると繁忙期と同じように引っ越し業者も忙しくなりますから、望みの日程で引っ越しができなくなる可能性もあります。

7月引越しで物件を探すときの注意点

7月に部屋探しをするとき、優良物件はあまりないと覚悟する必要があるでしょう。新築物件などあればいいのですが、賃貸は条件のいいものから埋まってしまうので、自分の望むものがあるとは限りません。

多少の難なら妥協できるということでしたら、ぜひ、不動産屋をとおして大家さんに値下げ交渉をしてみてください。繁忙期の4月までに埋まらなかったことで、大家さんとしては早く誰かに入居して欲しいと思っています。礼金なし、フリーレントありでの交渉にも応じてくれるかもしれません。

部屋を内覧するとき、時間は午後にしましょう。午後から夕方までの夏の日差しがどう当たるか、よく観察してください。夏に日当たりのよすぎる部屋は、光熱費がかかります。今の日本の夏は暑いので、日中閉めきった部屋の暑さはかなり高温になりますから、そのような部屋には入らないほうがいいです。

7月の引越しを安くする方法

7月に安く引っ越すには、上旬の平日、仏滅の日が最適です。また遠距離でしたら、お帰り便を利用しましょう。単身で荷物の少ない人は、単身パックを利用するとかなり安く引っ越しすることが可能です。

7月引越しの注意点

7月の引っ越しは、暑さとの戦いです。熱中症対策のためにも、エアコンはすぐに使える状態にしておくのが望ましいでしょう。

賃貸物件などでは、すでにエアコンが設置されているものがあります。新築物件なども建設中にエアコンを設置してしまうことができますが、もしエアコンのない物件に引っ越しするのなら、至急設置すべきです。

地方によっては扇風機で十分なところもあります。そんなところに引っ越したのなら、なんの心配もありませんが、逆に涼しいところから街中に越してきた場合、温度差で体調を崩しかねません。

遠距離では無理でしょうが、近くへの引っ越しならできるだけ早い時間にスタートして、午前中に終わるように工夫しましょう。午後の一番暑い時間に、作業しなくていいようにしたいものです。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引越しをするなら1月がおすすめ!料金相場や注意点のまとめ

新年を迎えたばかりの1月は、学生の多くはまだ進路が決まっていませんし、社会人ならあいさつ回りなど…

12月までに引越したい!11月の引越しや見積もりのコツ7選

11月の引越し料金っていくらくらいなのかな? 「12月くらいまでに引越ししたいん…

引越しの日取りいつにする?2017年引越しに良い日・縁起の良い日

8月最も縁起が良い日は29日、9月は13日が絶好のチャンス! 引越しは人生の転機です。冠婚葬祭と…

12月は上旬に引越したい!覚えておきたい準備や手続きまとめ!

「12月の引越しの料金相場ってどのくらいなんだろう。」「引越し業者って忙しい…

おすすめの引っ越し時期っていつ?引っ越し計画を立てるときのコツ…

「できるだけ引っ越し費用が安い時期を知りたいな…」「いつから引っ越しの準備を始…