6月の引越しが通常の月に比べて安い理由と引越しの注意点とは!?

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

6月の引越しの相場

6月はもっとも引っ越しの少ない月です。そのため引っ越し料金も、通常の月に比べてかなり安くなります。こちらに書かれているのは、平均的な値段です。中小の業者などを使うと、ここからさらに大きく値引きしてくれるでしょう。

・単身の引っ越し 荷物は少なめ
近距離(50Km未満)  平均 30,000円
中距離(200Km未満)  平均 40,000円
遠距離(500Km以上)  平均 55,000円

・2人世帯
近距離(50Km未満)  平均 60,000円
中距離(200Km未満)  平均 75,000円
遠距離(500Km以上)  平均 147,000円

・4人世帯
近距離(50Km未満)  平均 105,000円
中距離(200Km未満)  平均 120,000円
遠距離(500Km以上)  平均 210,000円

6月は祝日がありません。そのため高くなるのは、土日と大安だけです。
連日安値ですが、やはり平日の仏滅が一番安くなります。

6月は1年で一番、引っ越し相場の安い季節です。人々が移動することがほとんどなく、梅雨に入り雨が多いので、引っ越しに向かないシーズンだからです。

6月引越しのメリットデメリット

不動産も6月は、あまり物件が動きません。社会人や学生は引っ越してしまったし、6月に結婚するカップルなどは、5月までに新居を決めているはずです。

部屋を見るといっても、雨では日照の具合がわかりません。やはり晴れた日に、日当たりや窓からの風景など確認したいものです。

そうなると6月は、不動産屋にとって暇な時期になります。そんなときだからこそ、部屋探しには丁寧に応対してくれるかもしれません。

6月が穴場だといわれるのは、4月までの引っ越しピーク時にはたくさん出ていた賃貸物件や新築物件のなかに、空いたまま残っているものがあるからです。

これらの物件、そのまま来年の引っ越しピーク時まで空けておくわけにはいきませんから、値段交渉が可能になってくるのです。

家賃の値引きは無理でも、礼金無しには応じてくれるかもしれません。また交渉によっては、フリーレントで1ヶ月から2ヶ月、家賃をただにしてもらうような交渉も可能でしょう。

料金が安いだけでなく、業者もスケジュールが空いていることが多いので、望みどうりの引っ越し計画が進められます。時間指定も守られることが多くて助かります。

引っ越し料金が安いというのが、なによりものメリットでしょう。むしろデメリットのほうが多いのが6月です。気候的にはかなり暑くなっている時期ですから、天気がよくなったら、引っ越し作業中の熱中症に注意してください。

6月の引越しを安くする方法

6月の平日で仏滅の日を選び、早めに予約をするのがコツです。1社だけと交渉せず、何社とも見積もりを交わすようにしてください。近距離なら地元の中小業者がおすすめです。交渉によってかなりサービスしてくれます。

引っ越し業者も暇だからといって、正社員を減らすわけにはいきません。引っ越し用のトラックは、使わなくても整備しておく必要があります。できることなら引っ越し会社も、休みなく仕事が欲しいはずです。

7月になれば夏休みに入り、家族での引っ越しなどもふえるでしょう。それまでの間、社員を待機させておくだけではもったいないです。そんな理由から、6月は料金的に値引き交渉が可能になるのです。

6月の引越しの注意点

梅雨時の引っ越しには注意が必要です。注意点をあげますので、参考にしてください。

・雨対策
最近は雨といってもゲリラ豪雨など、台風並みの雨が降ることがあります。そういったときに、引っ越しは実行するのか、または他の日に移動は可能なのか、引っ越し業者によく確認しておきましょう。

後からキャンセル料を請求されたりして、もめることのないようにしてください。小雨ていどだしたら、ほとんどの業者は実行します。

・引っ越す前に新居ですること
荷物を運び入れる前に新居に入れるなら、まずバルサンで虫除けしましょう。その後で換気が必要ですが、雨が降っているようならエアコンを使用して空気を入れ換え除湿します。そして押し入れやクロゼットに除湿剤を置いておきます。

・濡れない工夫
天気予報で引っ越し当日が雨だとわかったら、完璧な防水対策をします。引っ越し業者には、どの程度の防水処理をするのか聞いてください。業者によっては、防水シートで家具や家電品をカバーしてくれます。

ホームセンターで気泡緩衝材(きほうかんしょうざい)、通称プチプチと大きめのゴミ袋を購入します。それで衣類や本などの濡れては困る荷物を、段ボールの上から防水してください。

・引っ越し後は除湿
荷物を入れ終わったら、乾いた雑巾やペーパータオルで、徹底的に水気を取ります。電気製品は濡れていないか、特に念入りに点検しましょう。エアコンでよく除湿します。

翌日晴れたら、窓を開けて換気ができますが、雨が降っている間は少々電気代がかかっても、しっかり除湿しておくことが大切です。こもった湿気が原因で、思わぬところにカビが生えたりしますから、梅雨時の引っ越しは除湿が重要になります。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引越しをするなら1月がおすすめ!料金相場や注意点のまとめ

新年を迎えたばかりの1月は、学生の多くはまだ進路が決まっていませんし、社会人ならあいさつ回りなど…

12月までに引越したい!11月の引越しや見積もりのコツ7選

11月の引越し料金っていくらくらいなのかな? 「12月くらいまでに引越ししたいん…

引越しの日取りいつにする?2017年引越しに良い日・縁起の良い日

8月最も縁起が良い日は29日、9月は13日が絶好のチャンス! 引越しは人生の転機です。冠婚葬祭と…

12月は上旬に引越したい!覚えておきたい準備や手続きまとめ!

「12月の引越しの料金相場ってどのくらいなんだろう。」「引越し業者って忙しい…

おすすめの引っ越し時期っていつ?引っ越し計画を立てるときのコツ…

「できるだけ引っ越し費用が安い時期を知りたいな…」「いつから引っ越しの準備を始…