引っ越し費用が足りない!そんな時にお金を借りる方法とは!?

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し費用が足りないときはどうしたらいいの?

お金がないのに、どうしても引っ越ししなければいけない事情があるのでしょうか。急いでいるようですね。資金が足りなくても、どうにか工夫して引っ越しができるようにするには、どうすればいいのか考えてみます。

引っ越しの後、必ず払えるというのなら、お金を借りるというのがもっとも確かな解決法です。それにはあなたに定期的な収入があり、ローン会社や銀行の審査にとおる必要があります。

住宅ローンなどと違い、担保物権など必要のない融資となると、借りられる金額はそれほど多額ではありません。年収の3分の1くらいまででしょう。けれどよほど高額な賃貸物件に引っ越さないかぎり、そんなに多額の引っ越し費用は必要ないので、十分支払えると思います。

お金を借りる方法は、いくつかあります。銀行のフリーローン、カード会社のキャッシングローンなどです。では、それらについて説明しましょう。

・銀行のフリーローン
住宅ローンのように使用目的を特定しないローンです。引っ越しだけでなく、教育資金、車の購入、海外旅行の費用など、自由に使うことができます。口座がなくても、新たに返済用の口座を作ることで利用できます。

フリーローン申込時に、信用会社の調査が入りますが、これによって落とされる可能性もあります。

・銀行のカードキャッシング
口座があって、銀行発行のカードがあれば手続きは簡単です。簡単な審査に受かれば、500,000円までなら収入証明の提出などもありません。

・クレジットカードでのキャッシング
いつも利用しているクレジットカードでキャッシングします。最初からキャッシング枠の申し込みをしていないと、新たに収入証明書などを送って、キャッシングを可能にしておかないといけません。

キャッシング可能枠は、年収やこれまでのカードの利用状況によって決まりますから、必ずしも必要な金額が借りられるかはわかりません。

・消費者金融のカードローン
引っ越しに必要な金額にもよりますが、比較的借りやすいという特徴があります。また1ヶ月は利息がつかないなどのサービスをしている会社もあるので。短期間での借り入れでしたらおすすめです。

銀行でお金を借りる

・銀行フリーローンのメリット
他の借り入れ方法に比べて、金利が安くなっています。10%以内の金利のところがほとんどです。

追加融資というのはないので、借りた分だけひたすら返すことになります。そのため無駄に借りることがなく、計画的に利用できます。

・銀行フリーローンのデメリット
借入金の使用目的をはっきりさせる必要があります。見積書、支払った領収書、パンフレットなど、かかる金額がわかる書類を用意しなければなりません。

信用会社の審査が入るので、融資が受けられるまで2週間ほどかかることがあります。

消費者金融でお金を借りる

・消費者金融のメリット
融資までの期間が短いのがメリットです。審査に受かれば即日融資が可能です。

借り入れの限度額内だったら、追加融資も受けられます。

銀行よりも審査が通りやすいという利点があります。

短期間で返せるなら、無利息で利用することも可能です。

・消費者金融のデメリット
総量規制といって、年収の3分の1までしか借り入れはできません。他にも借り入れがあるようでしたら、借入額を検討する必要があります。

借りるのが簡単なので、必要でもないことに使いすぎてしまわないよう注意が必要です。引っ越しすると、ついあれもこれもと欲しくなってしまいますが、引っ越し初期費用だけで抑えておくほうが無難です。

消費者金融には、審査が特別甘い業者がいます。これらはヤミ金と呼ばれる、高利での貸し付けをする業者ですから、取引しないように注意しましょう。

カードローンでお金を借りるときの流れとおすすめの会社

申し込み方法はいくつかあります。

・店舗に来店してその場で借り入れ
・自動契約機を利用してその場で借り入れ
・専用の申し込み用紙を郵送
・WEBでの申し込み
・電話で申し込み

流れとしては申し込み、審査、融資決定、銀行振り込みとなります。

店舗、自動契約機では、必要事項を書き入れ、身分証明となるものを提示すれば、すぐに審査を受けられます。審査がとおれば、即座に融資されます。

専用の申し込み用紙では、必要事項を記入して郵送します。審査がとおれば、指定した口座に振り込まれます。郵送ですので結果がでるまで数日かかります。

WEB(インターネット、スマホの専用アプリ)から申し込む場合と電話で申し込む場合、14時までに申し込みをして審査に受かれば、即日融資も可能です。

30日間、無利息のローン会社です。来店不要で即日融資が可能です。アルバイトでも定期的な収入があれば借りられます。

・アイフル
・プロミス
・アコム
・新生銀行カードローンレイク

・銀行カードローンのメリット
金利が安いのが一番のメリットです。そのため長期的に多額の借り入れをするのに向いています。

総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上を借りられます。

・銀行カードローンのデメリット
即日融資を受けられる銀行は少なく、条件が厳しくなります。

融資の審査は信用会社が行うので、時間がかかります。銀行カードローンを使いたいのなら、時間に余裕を持たせましょう。

金利が安い分、余計に借りたくなってしまうでしょうが、借りすぎに注意が必要です。

引越し資金を公的に借りる方法

厚生労働省が管轄している、生活福祉資金貸付制度を利用して、引っ越しの初期費用の礼金、敷金、前家賃の分などが借りられます。ただし借りるには条件があります。

・低所得者で他からの融資が見込めない人
・65歳以上の人がいる高齢者世帯
・身体障害者のいる世帯
・条件として多重債務者でないこと(他で借金している人は借りられません)

低所得者の基準は、お住まいの地域の市町村によって基準が違います。申請前に確認しておく必要があります。

住居費として借りられるのは400,000円までです。保証人がいれば無担保で借りられますが、いない場合は年に1.5%の利息が必要です。返済期間は10年です。

引越し資金の調達まで時間がない人の手段

大至急なら消費者金融のカードローンがおすすめです。自動契約機を利用すれば、その場ですぐに借り入れができます。

引越し費用を抑える方法

通常の引っ越しだと初期費用は家賃の5倍から6倍が必要になります。その初期費用のうち、敷金(保証金)と礼金がない物件をさがします。両方いらないとなれば、家賃2ヶ月分の金額が浮きます。

さらに入居して最初の1ヶ月から半年、家賃のいらないフリーレント制の物件をさがします。もしこのような条件に合った物件が見つかれば、あなたが支払うのは新居の仲介手数料、管理費などの諸雑費だけになります。これなら予算が足りなくても、どうにか引っ越しは可能でしょう。

引っ越しはいい機会です。狭い部屋に引っ越すことを考えて、不要なものは処分してしまいましょう。オークションサイトやリサイクルショップを利用して売ってしまえば、引っ越し費用の一部くらいにはなるかもしれません。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

【賃貸引越し必見!】初期費用計算方法と安く抑える5つのポイント

初期費用ってなに…?どれくらいかかるの…? 引越しには様々なお金が…

引越しの初期費用払えない…カードで分割払いのメリット・デメリット

もうすぐ引越しだけど初期費用が一度に払えそうにない… 引越しの初期…

引っ越し資金が足りない…失敗しないローンの借入れ5つのポイント

「引っ越しするのに資金が足りない…ローンを組んでみようかな」「できるだけ金利の…

引越ししたいけどお金がない!困った時の解決策とは?

「引越しをしたい」という声はよく聞かれます。ところが、お金がないから引越しをあきらめてしまうという…

金融機関から引っ越し費用を借りるための3つの方法について解説!

目次引越し費用を借りる方法引越し費用を借りるのに向いている人はこんな人借入先が違うとどれくらい金利が違うの?銀行のカードローンを借りるメリットデメリットが知りたいあまり知られていない引越し費用を借りる ...