引っ越し時のゴミ!処分方法と費用

引っ越し時には新居では使わないもの、捨てたいものなど、たくさんの粗大ゴミが出ます。どのように処分したらよいのでしょうか?また、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

自治体の粗大ゴミ回収

区市町村では、品目ごとに粗大ゴミ回収料金が決められています。品目ごとに100~2000円程度で、事前に粗大ゴミ処理券を購入して廃棄物に貼ります。収集日を指定して自宅(玄関先など)に取りに来てもらいますが、自治体の指定場所に持ち込むと安くなります。 【例:東京都某区の粗大ゴミ回収料金】( )内は持込みの場合 ・ソファー     700~1800円(300~900円) ・本棚  300~1800円(200~900円) ・テーブル 300~1000円(200~500円) ・自転車 300~1000円(200~500円) このように値段は安いですが、自宅前(建物外)まで出さなくてはならないので、大型家具の搬出は大変です。通常1週間程度で収集に来てくれますが、引っ越しシーズンは2週間待たされることもあります。

家電リサイクル法の対象商品の処分

エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの家電リサイクル法の対象品は自治体の粗大ゴミには出せません。処分には、リサイクル料金と収集・運搬料金が必要になります。郵便局でリサイクル券を購入して、購入店に引き取りを依頼するか、自治体の指定引き取り場所(運輸会社など)に持ち込むことになります。リサイクル料金は品目によって異なりますが、概ね2,000円~5,000円です。リサイクル受付センターに依頼すると、運搬料金が5,000~10,000円程度かかりますので、両方合わせて、7,000~15,000円の料金がかかります。また、エアコンは事前に取り外しておく必要があります。自分の車で運べば、リサイクル券代だけですみますので、小型で軽いものはマイカーで運びこむこともできますが、家庭でよく使われるサイズのエアコン、テレビ、冷蔵庫を自治体に回収してもらうと処分費用は高すぎると感じる人が多いでしょう。

引っ越し業者に回収を頼む

最近は、引っ越し代とセットで「不用品回収は無料」のサービスを実施している引っ越し業者があります。業者によって品目や大きさなどの条件もありますので、引っ越し料金の見積もり時に忘れずに確認しましょう。また、引っ越し業者はエアコンやテレビの処分も引き受けています。エアコンの場合、取り外し費用(5000円程度)と家電リサイクル券料金のみで引き取りしてくれる場合が多いです。 引っ越し前は忙しくなりますので、引っ越し業者に不要品の回収も一括して頼めるのは便利ですが、見積もり時に忘れずに確認、依頼しておくことが大切です。繁忙期ですと、あとで回収を追加依頼することがむつかしくなります。

回収業者を利用する~その1~個別回収

最近は、電話1本で来てくれる不用品回収業者がたくさんあります。回収業者の料金体系は、基本料金+品目ごとの回収料金+オプション料金となっているのが普通です。エアコン、冷蔵庫などの家電も回収してもらえます。以下は一般的な料金例です。最近は基本料金0円を売りにする業者も出てきていますので、業者の回収費用を比較するときは費用全体で比較しましょう。  

不用品回収にかかる費用
基本料金 3,000~5,000円程度(車、出張代
ソファー 3,000~5,0000円程度
本棚/タンス 4,000~6,000円
テーブル 3,000~4,000円
エアコン 3,000~6,000円
洗濯機 4,000~6,000円
テレビ 3,000~8,000円
冷蔵庫 4,000~10,000円

 1点ずつ処分する場合、粗大ゴミは自治体回収のほうが安く、リサイクル法対象の家電製品は、回収業者のほうが安上がりなようです。

回収業者を利用する~その2~トラック積み放題

最近、軽トラック積み放題の不用品回収サービスが広がっています。軽トラックは1.5畳くらいの広さで、かつ高さ1mまでの荷物が積むことができて、料金は10,000~30,000円と業者でまちまちです。ファミリー向けに、5㎥(20,000円~)、10㎥(30,000円~)のトラック積み放題サービスもあります。 部屋から運び出してくれるのか?運び出しはセルフか?など各業者のサービスが異なりますので、サービス内容を確認しながら値段を比較しましょう。粗大ゴミをまとめて処分できるのは便利ですが、1点ずつの処分費用を合算するよりも安くなるか?はケースバイケースです。 引っ越しが迫っている場合は、自治体の粗大ゴミ回収に間に合わない場合もありますので、電話1本でまとめて回収してくれるとても便利なサービスです。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引っ越し時の心配事!ハウスクリーニングの料金や負担ってどれくら…

賃貸住宅を退去するときに、よくトラブルとして見聞きするのが「ハウスクリーニングの料金負担」です。使…

引越し時の不用品処理を分かりやすく解説

引越しは、不用品を思い切って捨てるチャンスです。新居で使わないものは、この機会に処分してしまいまし…

引っ越しの退去時の疑問!掃除すれば敷金は返ってくるものなの?

引っ越しは部屋から荷物を運び出せば終わりではなく、退去のための手続きや作業もまだ残されています。退…

少しでも敷金を取り戻したい!引っ越し時のクリーニング対策について

賃貸住宅を退去する際、汚した部屋をきれいにするハウスクリーニングを行うのが一般的です。このハウスク…

引っ越し時壁紙の原状回復はどうするべき?

今まで住んでいた賃貸住宅を退去するとき、荷物をどかしてみたら「思ったよりも壁紙が汚れていた」なんて…