金融機関から引越し費用を借りるための3つの方法について解説!

引越しの見積もりはお早めに。

2019年1月〜4月は引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

引越し費用を借りる方法

引越しをしようにも、その資金がないと困りますね。家族にお願いして借りるという手もありますが、金融機関から借りるとするならば、次の3つの方法になるでしょう。

<銀行の多目的ローン(フリーローン)>
メリット:金利が安い
デメリット:
即日融資はできない
厳格な審査がある

<カードローン>
メリット:
借りたり返したりできる
即日融資してくれるところが多い
主婦に融資をしてくれるところが多い(銀行系カードローン)
デメリット:金利が高い(年15%程度)

<消費者金融カードローン>
メリット:
即日審査・即日融資
土日など週末も即日融資
会社によっては、最初の何週間か無利息の商品もある
もし、すぐに返済可能であれば消費者金融の利用が賢い場合もあり
デメリット:
金利が高い(年利18%)
イメージの悪さ、人に知られたくない、借りるのに人目が憚られる

審査の厳しさや日数は、それぞれどうでしょうか。三井住友銀行のフリーローンを例に挙げると、有担保型は収入面など厳しく審査され、日数もかかります。しかし、無担保型は即日審査です。用途も有担保型は厳しく審査されますが、無担保型は引越・住み替えが融資目的でも大丈夫です。

カードローンと消費者金融は、即日発行も可能な商品がほとんどになりました。

三井住友銀行フリーローン(無担保型)の場合の手続きを見てみましょう。

まず次の書類を準備します。
・ご本人さま確認書類
・ご年収確認書類
・資金使途が確認できる書類
・その他確認書類

次に、下記のいずれかからアクセスします。
・PCかスマホ
・ATMにあるローン契約機
・電話

<PCかスマホの場合>
申し込み

審査結果をメールで受信

ローン契約機で契約、借入

必要書類を提出

返済日程は金融機関によって、返済金額は借入総額によって違います。

審査、職場に在籍確認が行くのかも気になりますよね。
「カードローン即日融資7.net」によると、会社に在籍確認なしに応じるのは、大手消費者金融だけです。
それも場合によります。

プロミス:あり、電話。電話以外の方法に応じてくれる時もある。
アコム:あり、電話。電話以外の方法に応じてくれる時もある。
アイフル:あり。少額融資の時は、電話連絡なしにしてくれる事も。
モビット:WEB完結申込なら電話連絡なし。社会保険証と指定の銀行口座が必要。

引越し費用を借りるのに向いている人はこんな人

引越し費用を借りるのに向いている人はどんな人かといえば、返済能力がある人です。いずれ返さなくてはいけないものですし、金利も発生します。返済に自信がなければ家族から借りましょう。
ご自分にとってどの借り方が良いのか、どうやって判断したら良いでしょうか。

すぐに返済可能な方はカードローン、消費者金融でも問題ないでしょう。これらには、数十日無金利のものもありますので、利息が発生しないこともあります。
すぐに借り入れをしたい方はカードローン、消費者金融、多目的ローン(無担保)です。ほとんど即日融資を受けられます。

銀行多目的ローン(有担保)は低金利ですが、用途が引越しでは借りられません。

消費者金融での借り入れに向いているのはどんな方でしょうか。消費者金融のメリットは、審査・融資が早く、今すぐお金が必要という場合にも対応できるという点です。平日はもちろんですが土日祝日でも即日融資できますし、金融機関によっては夜9:00くらいまでに申し込みを完了しても即日融資できる場合もあります。

ただ、金利が高いのでしっかりとした返済能力がなければいけません。

借入先が違うとどれくらい金利が違うの?

金利は借入先によってどのくらい違うのでしょうか。
カードローン審査で即日お金を借りるサイト「キャッシングセブン」で、引越し資金ローンの特集がありましたので抜粋します。それぞれのローンの金利は下記の通りです。

<銀行系多目的ローン>
低金利、平均でおよそ5.5%~となりますが、借り入れする金額が大きい程金利は低くなります。

<銀行系カードローン>
三菱東京UFJ銀行  1.8~14.6%
三井住友銀行  4.0~14.5%
みずほ銀行  2.0~14.0%

<消費者金融カードローン>
プロミス  4.5~17.8%
アコム  3.0~18.0%
モビット  3.0~18.0%

銀行のカードローンを借りるメリットデメリットが知りたい

銀行フリーローン(有担保)で引越し費用を借りる際のデメリットは、用途が引越しでは借りられないことです。メリットは低金利ですが、そもそも引越しでは融資を受けられません。対して無担保型は、カードローンとほとんど同じ手続きで、用途が引越しでも借りられます。

銀行のカードローンを借りるメリットデメリットは、「はじめてのキャッシング」というサイトにまとめてありました。

<メリット>
金利が低い
最高限度額が大きい
総量規制の影響を受けない
即日融資が可能な銀行もある
自動融資機能がある

<デメリット>
審査が厳しい
審査に時間がかかる場合がある
普通預金口座の開設が必要になることがある
口座振替や振込融資は通帳に記録が残る
普通預金口座との紐付け

あまり知られていない引越し費用を借りる方法

あまり知られていない引越し費用の借り入れ方法を探しました。
アルバイト、派遣社員、主婦でも借りられるキャッシング「プロミスのレディースキャッシング」は、審査に通りにくい主婦でも、ハードルの低い金融商品です。

ローンには返済がついてくるので、私は無利子で家族から借りることを勧めたいですが、どうしても当てがない場合にはこういったハードルの低い商品も検討してみましょう。

引越しの見積もりはお早めに。

2019年1月〜4月は引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

【賃貸引越し必見!】初期費用計算方法と安く抑える5つのポイント

初期費用ってなに…?どれくらいかかるの…? 引越しには様々なお金が…

引越ししたいけどお金がない!困った時の解決策とは?

「引越しをしたい」という声はよく聞かれます。ところが、お金がないから引越しをあきらめてしまうという…

リフォームの際の一時引越しの費用相場とトランクルームのご紹介

目次リフォームで引越しをする時にかかる費用はどれくらい?リフームでの引越しを安くする方法リフォーム時の引越しの流れは?荷物が入らなかった時はトランクルームを使おうリフォーム時の引越し費用が安くなる時期 ...

引越し資金が足りない…失敗しないローンの借入れ5つのポイント

「引越しするのに資金が足りない…ローンを組んでみようかな」

引越し費用が足りない!そんな時にお金を借りる方法とは!?

目次引越し費用が足りないときはどうしたらいいの?銀行でお金を借りる消費者金融でお金を借りるカードローンでお金を借りるときの流れとおすすめの会社引越し資金を公的に借りる方法引越し資金の調達まで時間がない ...

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事