リフォームで一時的に引越しをお得にしたい?トランクルームは激安!

リフォーム 引越し 費用

「リフォーム工事で一時的に引越さなければならない…」
「仮住まいや荷物保管を安く済ませたい!」

リフォーム工事による一時的に引越しは、限定期間だけだからこそ面倒くさいところもたくさんあるでしょう。

普通に家を借りるかや荷物だけどこかに預けるかなど、方法によって費用が全然異なりますし、相場のリサーチ方法も難しいです。

ここでは、リフォームによる一時的に引越しの場合にもっともお得な方法について説明していきます。

リフォーム時の引越しはここを抑えておこう!


  1. 荷物の一時保管サービスは、引越し業者が断然お得!
  2. 仮住まいに荷物が全部入らない場合は、トランクルームがお得!
  3. プランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して業者サービスを比較してみる

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

リフォームでの引越しはケチりたい!安くお得にできる方法とは?

リフォームによる一時引越し費用の相場はどれくらいでしょうか。

基本的に引越し以外の作業に関しては、専門業者よりも高めの値段でしか受けない引越し業者ですが、荷物の一時保管に関しては比較的良心的と言えます。

<料金の相場>

一時保管サービス:10000~12000円/月ぐらい(1畳に収まるぐらいの荷物)
トランクルーム:20000円/月ぐらい

<料金の計算方法>

引越し業者の一時保管サービス:一日分の引越し料金に多少追加料金がかかるぐらい
トランクルーム:引越し料金×二日分

この場合は引越し業者のサービスを利用するのが得になるかもしれません。

リフームでの引越しを安くする方法

一時保管サービスは、通常の引越しとは違って往復料金になります。この場合、単なる運搬ではなく、引越し業者のトランクルームにて預かってもらう「一時保管サービス」を利用しましょう。

一時保管サービスがある業者は、次の通りです。

「一時保管サービス」がある業者は?

  • ヤマトホームコンビニエンス
  • アート引越しセンター
  • アーク引越しセンター
  • アリさんマークの引越し社
  • 日本通運
  • サカイ引越しセンター

上記でも、往復運搬をオーダーなら多少割引されるのは、「アート引越しセンター」、「アリさんマークの引越し社」、「日本通運」「サカイ引越しセンター」になります。

また、仮住まいの費用を押さえる方法はあるのでしょうか。

家主が海外駐在で、賃貸できる期間が限定される物件、取り壊しまでの期間しか借りられない物件などは賃料が安い、掘り出し物です。

リフォーム時の引越しの流れは?注意すべきポイントまとめ

リフォーム時の引越しの流れですが、以下の通りです。

<依頼者の作業>

  • 見積もり依頼
  • 依頼先決定
  • 荷造り

<引越し業者の作業>

  • 家財搬出、不用品引き取り
  • 保管庫へ輸送
  • 家財保管
  • 搬出
  • 新居へ搬入

荷物が入らなかった時はトランクルームを使おう

仮住まいに荷が入らなかったら、この際、思い切って不用品は処分してしまうのも手です。それでもどこかに預けないといけない場合は、引越し業者の一時保管かトランクルームを利用しましょう。

トランクルームには、国土交通省認定の優良トランクルーム、レンタル収納スペース、コンテナの3種類があり、この3つは値段やサービスに違いがあります。

<優良トランクルーム>

メリット:料金が安く長期の保管に向いている
デメリット:空調管理に難がある施設もある
また管理会社によっては、荷物の出し入れに追加料金が発生する

<レンタル収納スペース>

マンションやビルの一室に間仕切りを立てて荷物を保管
メリット:
空調設備が整っており警備もしっかりしている
そのため美術品や毛皮の衣服など管理の難しい品の保管にも適している
24時間、365日出し入れ自由(自宅の物置に一番近い感覚)
デメリット:
値段は3種類の中で最も高い
ビルの一室のため大型の荷物の搬入には向かない

<コンテナ>

空き地にコンテナを並べた野外での保管が基本。空調設備が付いていない場合が多く、郊外に設置されているケースがほとんど。
メリット:
3種類の中で最も安い
コンテナの横に車を横付けできるため、家財道具の搬入に向いている
24時間、365日搬出・搬入が自由
デメリット:
防犯面にやや不安が
湿気に弱い商品を長期間預けておくことはおすすめしない

一時預かりに使用する、引越し業者一時預かりとトランクルームのメリット、デメリットは何でしょうか。

<引越し業者の一時預り>

メリット:
料金が安い
一回の手続きで引き取り・保管・配送を手配できる
保管環境がよい
荷物が少なく、短い期間しか頼まない場合は引越し料金に含まれる場合もあり
デメリット:
荷物の出し入れは無理
デリケートなものには向かない

<トランクルーム>

メリット:
荷物の出し入れが自由
追加料金がかからない
温度や湿度が管理されているのでデリケートな物品の管理ができる(レンタルスペース)
最安値、車で荷物出し入れ可能(コンテナ)
デメリット:
契約時に、事務手数料や会員登録費用、火災保険や盗難保険などの保険料、敷金・礼金などが発生
解約時に解約手数料やカギの交換代などを請求されることがある
自力で搬入しなくてはならない
デリケートなものには向かない(コンテナ)

リフォームでの引越しも時期による?安くお得な時期はいつ?

リフォーム時の引越し費用が安くなる時期はあるのでしょうか。あるとしたらタイミングはいつが良いのでしょうか。

引越し業者の5~2月の通常期はトランクルームの空きが多いそうですが、3、4月の繁忙期は、空きを確保することが難しいことが多いようです。
時期によっては、空いていた保管方法を選ぶしかないこともあるようですね。

【リフォーム時の引越しはここを抑えておこう!】

  1. 荷物の一時保管サービスは、引越し業者が断然お得!
  2. 仮住まいに荷物が全部入らない場合は、トランクルームがお得!
  3. プランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して業者サービスを比較してみる

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり
衝撃の事実

引越し費用は現金払いが一般的…

お金が足りないならカードローンも検討

カードローン 特徴 詳細
アコムバナー
最大30日間無利息 詳細
楽天銀行バナー
入会で楽天ポイント付与 詳細

関連記事

引越し費用が足りない!そんな時にお金を借りる方法とは!?

目次引越し費用が足りないときはどうしたらいいの?銀行でお金を借りる消費者金融でお金を借りるカードローンでお金を借りるときの流れとおすすめの会社引越し資金を公的に借りる方法引越し資金の調達まで時間がない ...

引越しの初期費用払えない…カードで分割払いのメリット・デメリット

もうすぐ引越しだけど初期費用が一度に払えそうにない… 引越しの初期…

引越しの際の家具の費用相場と購入アイテムのランキングをご紹介

目次引越しで購入すべき家具の料金相場が知りたい家具はどんなものを買えばいいの?引越し家具を購入するタイミングはいつがベスト?家具を安く購入する方法後で買っても大丈夫な家具は何?家具つ家具付きの賃貸物件 ...

金融機関から引越し費用を借りるための3つの方法について解説!

目次引越し費用を借りる方法引越し費用を借りるのに向いている人はこんな人借入先が違うとどれくらい金利が違うの?銀行のカードローンを借りるメリットデメリットが知りたいあまり知られていない引越し費用を借りる ...

引越ししたいけどお金がない!費用節約や良い物件の探す方法とは?

「引越したいけど、今お金が全然ない…」 「お金がなくても、安くお得に引…