引っ越し費用の計算方法と比較に便利な一括見積サイトのご紹介

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し費用を計算できる一括見積サイト

引越費用は業者によってさまざまです。引越費用を安く済ませるためには、複数の引っ越し業者で見積もりを依頼することは非常に重要です。

各引っ越し業者に個別に見積もり依頼をするのが確実ですが、非常に手間がかかってしまいます。そんなときに活用したいのが、引っ越し一括見積もりサイトです。一括見積もりサイトを利用すると、引っ越し料金の相場が判りますし、また、最安値ではない業者に依頼する時にも、価格交渉の武器ともなります。

引っ越し一括見積サイトにはいくつか種類があります。より一般的なものとして、いくつか挙げていきます。インターネット検索で最初に出てくるWEBサイトであり、コマーシャルでもおなじみの「引越し侍」です。

引越し侍は提携している引っ越し業者の数が比較的多く、その数はなんと210社以上で、その中から、最大で10社に絞って見積もりをすることができます。また、引越し侍の最大の特徴は、料金だけではなく引越し業者ごとのサービス内容もわかるようになっている点です。引っ越し業者に詳しく無い人や、より見積もりを比較しやすくなっています。

さらに、引っ越し侍のサイト利用者のアンケートから作成された引っ越し業者ランキングや口コミをまとめたページもあります。引っ越しが初めてという人にとっていまいちピンとこない各業者のサービスの特徴なども、このような口コミを見ると理解しやすいのでお勧めです。また、自分と似たような引っ越しをしている人の口コミを探してみると、自分にとって最適な引っ越し業者を見つけるための良いツールとなることでしょう。

住居探しの際に利用する人が多い「SUUMO」でも、引っ越しの一括見積もりができます。SUUMOの特徴としては、見積もりの際に電話番号の入力が任意であることが挙げられます。

つまり、電話番号を記入しないで見積もりが可能であるため、見積もりをしても、業者からの営業電話がかかってくる心配がありません。強引でしつこい営業電話にせかされることなく、自分に合いそうな業者を、時間をかけて検討することができます。

また、SUUMOでは、1回で見積もれる業者数が最大30社であり、これは業界最大級の数字です。引っ越しまで時間の余裕は無いけどより多くの引っ越し業者を比較したい、という人にはSUUMOは大変おススメです。

計算方法

引越し料金は、基本的に、基本運賃、割増料金、実費、そして、オプションサービス料金の合計となります。
基本運賃は、荷物の量や引っ越しにかかる距離と時間で決まり、業者によって最大20%ほど差が生じることがあります。

基本運賃は、法律によって基準が定められている「時間制運賃」または「距離制運賃」によって算出され、引っ越し距離が100kmを超えない場合は時間制運賃、超える場合は距離制運賃の基準が用いられます。この基準で定められた運賃に対し、各業者は上下10%の幅の中で料金設定を行うことができるため、業者によっては、最大で20%も差がつくことが考えられます。

引越には繁忙期と閑散期があり、繁忙期になると大抵、割増料金を取られることになります。繁忙期のほか、休日割増・深夜早朝割増といった、日程や時間による割増料金もあります。

また、運搬が困難になる積雪地域である北海道や東北地方だと、冬季は割増料金が加算される場合もあるそうです。割増料金の設定は業者によってさまざまであるため、既に引っ越し日が決まっていて動かすことができない場合は、自分の引っ越し予定日に絞って、より割増料金がかからない業者を探すこともできます。

引越における実費とは、荷造りの料金、荷物の積み込み、積み降ろし、作業員の人件費などです。この実費についても、業者によって設定は様々です。

引越業者によっては、多様なオプションサービスを用意しているところがあります。ピアノなどのデリケートなものの運搬や、エアコン、テレビアンテナの取り外し&取り付けといった電気工事系統、清掃・不用品処理・リサイクル回収など、そのメニュー内容は多岐にわたります。最近は、オプションサービスの作業も含んだお得なおまかせパックをすすめる業者が増えていますが、そのサービス内容と料金設定は業者によってさまざまですので、注意が必要です。

どの項目が引越し費用に影響するの?

引っ越し費用の増減に響く項目は多々ありますが、引っ越し距離のような動かせない部分を除くと、荷物の量、日程選択による割増料金、梱包資材等実費、オプションサービスが挙げられます。
荷物の量は少ないほうが、当然費用を安く抑えることができます。これは、荷物を運ぶ際の基本運賃の削減に関わるもので、荷物の量が少ないほど必要なトラックの容量も減り、自動的に引っ越し費用が安くなる、という訳です。

引っ越し費用を抑えたい人は、荷造りの際、それぞれの荷物は本当に引っ越し先でも必要なのかどうかよく吟味して、なるべく荷物を減らしましょう。また、冷蔵庫や洗濯機といった大型の白物家電について、引っ越しを機に買い替えるというのも、荷物量削減に大変有効です。

引越の日程を少しずらすだけで数万円も費用に差が生じることもあります。引っ越しが集中しやすい4月の繁忙期や週末といった日程を選ぶと、引っ越し費用に割増料金が加算されることがあります。引っ越し日程をずらせる人は、なるべく人気のない平日などの日程で申し込んでみるのも良いでしょう。

大手引っ越し業者だと梱包資材が最初から引っ越し費用に組み込まれていることが多いですが、業者によっては、梱包資材を自分で用意すると料金を値引きしてくれるところもあるようです。梱包に使えるような段ボールはスーパーなどに無料で配布されていることも多いので、値引き交渉をする際にはぜひ、梱包資材の持ち込みも検討してみてください。

オプションサービスの内容は様々ありますが、しっかりと一つ一つを確認して、自分に必要なサービスかどうか取捨選択をしっかり行うことで、引っ越し費用の削減につながります。
引っ越し費用を見積もりしてもらったら思いのほか高くついてしまった、という方はぜひ、これらの項目をもう一度チェックして、見積もりしなおしてみましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

【賃貸引越し必見!】初期費用計算方法と安く抑える5つのポイント

初期費用ってなに…?どれくらいかかるの…? 引越しには様々なお金が…

引越しの初期費用払えない…カードで分割払いのメリット・デメリット

もうすぐ引越しだけど初期費用が一度に払えそうにない… 引越しの初期…

引っ越し資金が足りない…失敗しないローンの借入れ5つのポイント

「引っ越しするのに資金が足りない…ローンを組んでみようかな」「できるだけ金利の…

引越ししたいけどお金がない!困った時の解決策とは?

「引越しをしたい」という声はよく聞かれます。ところが、お金がないから引越しをあきらめてしまうという…

金融機関から引っ越し費用を借りるための3つの方法について解説!

目次引越し費用を借りる方法引越し費用を借りるのに向いている人はこんな人借入先が違うとどれくらい金利が違うの?銀行のカードローンを借りるメリットデメリットが知りたいあまり知られていない引越し費用を借りる ...