引越し費用の会社負担の仕組みとその注意点について解説!

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

会社は引越し費用を負担してくれるのか

引越費用が会社負担になるかどうかは、その会社の就業規則などで定められていることが多く、どの程度、どのような割合で会社が費用負担してくれるのか、ということは会社によって異なります。
とはいえ、転勤といった会社都合によって生じた引っ越しの場合、負担してくれる費用に差はありますが、全額個人負担となることは少なく、ある程度は会社が費用負担してくれるケースが一般的です。

会社負担の割合などの細かなルールについては、個人により対応が異なるとトラブルとなるため、一律で就業規則などで定められていることが多く、また、労働組合がある場合は、労働組合との協約に記載されていることもあります。労働組合の強い会社だと、引っ越し費用を会社負担してもらえる割合が高いことが多いようです。

引っ越し費用の会社負担については、法律など全国的なルールがある訳ではありません。それぞれの会社にルール規程が任されているものですので、それぞれの会社の担当者に問い合わせ、確実な情報をゲットできるように注意しましょう。

また、転勤による引越では会社負担をしてもらえる会社でも、新入社員が就職するときに引越しが必要な場合は会社負担にならない場合も多くあります。新入社員の方々は、就職に伴い引越しが必要になると事前に判っている場合は、内定をもらった時点で引越し費用の会社負担やその金額について確認をとっておくと良いでしょう。

何が支給されるのか知りたい。

会社から支給される引っ越し費用としては、一律の金額を支給される場合と、各種手当として実費を支給される場合があります。
一律の金額を支給される場合、その引っ越し距離や引っ越しが世帯か単身かによって金額が決められているケースがほとんどです。相場としては、単身世帯での引越だと、引っ越し距離が100km以上でおよそ10万円程度が支給されることが多いようです。

一律金額が支給される場合だと、領収書を提出する必要はありません。そのため自分で安い引っ越し業者を見つけることができれば手当で黒字にすることも可能ですが、転勤が多い4月などの引っ越し繁忙期だと、最終的には赤字になってしまうことが多いです。どうしても黒字にしたい、という方は、引っ越し業者に依頼せずに個人で引っ越しをしてみるのも手です。

各種手当として実費が支給される場合は、事前に手当として支給してもらえる項目をしっかり確認することが必要です。手当として支給してもらえるお金としては、単純な引っ越し料金のみであることが多く、その場合、引っ越し料金に上乗せされるエアコン取り付け等の電気工事といったオプション料金は個人負担となります。

また、引っ越し料金とは別に、転勤に伴う移動にかかるお金が移動手当として引っ越し手当に上乗せして支給している会社もあるようです。移動にかかる金額は、最も一般的な交通機関、例えば新幹線などを用いることを前提として全額支給されることが多いので、移動手段を安価な深夜バスにすると、移動手当分だけでも黒字化することも可能です。

引越し費用を会社負担にしてもらうときの注意点

会社から引っ越し手当をもらえる場合、引越し業者が会社から指定されている場合がありますので、注意が必要です。転勤が多い会社だと、あらかじめ特定の引越し業者と契約を結んで、確実に引っ越しができるように日程を抑えやすくしたり、また、引っ越しにかかる費用を抑えたりしているのです。

評判の良い業者や見積もり特典が充実している業者に依頼したい場合でも、会社の規定で選択できない場合があります。自分で選んだ引っ越し業者で契約を進めてしまったが、実はその業者相手だと会社からの引っ越し手当が支給されない、なんてことも考えられますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

引越し費用を安くする方法

引越手当として会社から一律金額が支給される場合、引っ越し費用を安く抑えることができれば、引っ越し費用を黒字化することも可能です。引越費用を安くするためには、複数の引っ越し業者に見積もり依頼をして、しっかり料金を比較することが重要です。複数の業者に見積もり依頼をするには、一括見積もりサイトを使うと気軽に行えますので、利用してみるのも良いでしょう。

また、引っ越し費用が実費支給となっている場合は、会社の規則をしっかりと確認して、手当として支給してもらえる項目と個人負担になる項目を分けて、個人負担額が安く抑えられるように見積もりのときに注意しましょう。
また、引っ越し料金とは別に、転勤に伴う移動にかかるお金が移動手当として引っ越し手当に上乗せして支給している会社もあります。

飛行機を伴う移動の場合は領収書を提出する実費支給タイプとなることが多いですが、陸路移動の場合、移動にかかる金額は、最も一般的な交通機関、例えば新幹線などを用いることを前提として全額支給されることが多いです。この場合は領収書を提出する必要もないので、移動手段もよく吟味して、より安い交通機関を使うと、トータルの引っ越し費用を抑えることにもつながります。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

永遠の問題!引っ越しは自分で?業者に?どちらがお得か専門家に聞く

目次引っ越しを自分でするとかかる費用引っ越しを自分でするメリット自分の都合に合わせやすい自分で引っ越しをするデメリット自分で引っ越しをすると近隣住民が気を遣う?自分で引っ越しをするとトラブルの原因にな ...

引越し費用の平均額はいくら?状況別で平均額まとめてみました!

「引越しの費用ってどのくらいかかるんだろう」「初心者でもわかるようにまとめてあ…

安く引越ししたい!引越しにかかる費用を安く抑えるポイント6選!

「予想以上に引越し費用って高いな…」「どうしたら安く抑えられるかな」 引…

どこが安いの…?実は最安値で単身引越しをするのに業者は関係ない!

引越しは色々とお金かかるし、とにかく安い業者にお願いしたい! 引…

割引料金で引っ越したい!大幅に値下げするための方法まとめ

近頃では何かを買ったり利用したりするにしろ、多くのもので「特典割引」や「サービス付き」といったお得…