単身赴任の引越しで料金を安くするには、業者を競わせる!

「単身赴任で遠隔地で働くことになった……」 「引っ越しをしなければいけないけれど、いくらくらいかかるかわからない!」 「海外赴任が決まったが、何を持って行けばいいのかわからない」 「インターネットがないと仕事にならない。すぐにネット環境を整えるためにはどんな方法があるのだろうか」 このように悩む人も多いのではないでしょうか。 引っ越しが決まったら、その段取りを考えなければなりません。 そこでここでは、単身赴任をするときに必要な費用や、海外への引っ越し、家具付きマンション(アパート)に引っ越すときのコツ、そしてインターネット環境を整備するためのポイントをお教えします。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し侍のおすすめポイント

  • 最大10万円キャッシュバックもしくは家電が当たるキャンペーン実施中
  • 業界最多クラス!人気の引越し業社230社以上を比較
  • 安心の実績!引越しご紹介件数3110万件突破
  • 簡単1分の登録で一番安い見積もりがわかる
  • 引越し料金が最大50%安くなる
引越し侍といい引越しタイアップの画像

単身赴任の引越し料金を安く押さえるためには

一般的な単身赴任の引越しにはいくらかかるの?

引っ越しをする場合、その費用を決定づけるものは、大きく分けて

  • 距離
  • 荷物の量

の2つです。これに加えて、「いつ引っ越しするのか」も関わってくることがあります。繁忙期の場合は高く設定され、繁忙期でなければセール価格になっていることもあるからです。

ただ、「引っ越し費用はケースバイケース」といっても、「それはわかったけれど、相場が知りたい」と思う人が大半でしょう。

そこでここでは、以下のような条件で試算することとします。

  • 引っ越し先までの距離は500キロ程度(大阪~東京間)
  • 荷物の量は単身者1人分の量。若干多めとする
  • 引っ越し時期は、極端に安い時期でもなければ、極端に高い時期でもない

このようなケースの場合、料金は75000円~80000円程度だと思われます。

「荷物は多くない。むしろ少ない方だ」ということであれば、上から、マイナス20000円の数値が適正価格です。

引越し業者とパック(プラン)の選び方(それ以外と比べてやはりお得?)

引っ越し業者は、それぞれ多くのプランを提示しています。荷物の梱包もすべてやってくれるところもあれば、「20キロ以内で〇円」としているようなところもあります。

それぞれに特色のあるプランを打ち出していますから、単純に比較するのは難しいでしょう。

ただ、あなたが「もっとも安く引っ越しをしたい」ということであれば、以下の条件で探すことをおすすめします。

  • 荷造りや荷ほどきは自分で行う
  • 時間にはこだわらない。時間指定が行えないプラン、もしくは午後便を使う
  • 女性専用プランなどは使わない。
  • 繁忙期でない時期、もしくは仏滅の日を指定する
  • 引っ越し先を1階にする(最低限エレベーターがあるところを選ぶ)
  • 不用品はすべて処分し、荷物の絶対量を少なくする
  • 積みきれない分は自分で運ぶ(自家用車を持っていて、かつその自家用車を引っ越し先に持っていくという場合は特に有利)
  • 複数社から見積もりをとる

オプションを徹底的に排除し、人が選びたがらない時期や時間帯を選び、荷物の量を少なくすることで、料金はぐっと抑えられます。 複数社に見積もりを出させ競争させることも非常に大切ですが、これについては後述します。

見積もりはどうする?

「相見積もり」と言われる手法で、数多くの業者に見積もりを依頼することは、引っ越しにかかる費用を少なくするために非常に有用です。 この場合、方法は2通りあります。

1つめはインターネットの一括見積もりサイトを使うこと。家にいながらにして複数社の見積もりを手に入れることができます。単身者ならこれを利用すると良いでしょう。 「人に勧められると断れない」という人にも有用です。

もう1つの方法は、業者に直接部屋に来てもらう方法。荷物量が把握できるので、より正確な見積もりを出すことができます。複数の会社に来てもらうと、値段交渉がさらにしやすくなります。交渉力がある人ならば、この方法をおすすめします。

賃貸物件、家具付き物件、海外…荷物の準備はどうすればいい?

最低限必要な家具家電は?

初めて一人暮らしをするとき、「あれも、これも」と、不要な家電製品を買いこんでしまいがちです。 しかし、実のところ、必要な家電製品や家具というのは限られています。ここでは、「絶対必要なもの」について紹介します。

【家電】
洗濯機 「コインランドリーを使えばいいや」と思う人もいるかもしれませんが、コインランドリーはランニングコストが膨大です。
洗濯機は必ず買いましょう。1人暮らしなら、一番小さいもので十分です。3万円程度で買えます。
冷蔵庫 中古でも、品質のよいものを選べば十分使えます。夏場は特にほしいものです。
外食を中心にしてしまうと食費がかかりすぎます。1日1食だけでも自炊すれば、食費は格段に浮きます。/td>
電子レンジ コンビニ弁当を温めたり、飲み物を温めたりするのに使えます。
オーブン機能があればなお良いですが、料理はあまりしない、という人は、電子レンジで十分です。/td>
炊飯器 「おかずは外で買う」という人でも、お米だけは家で炊きましょう。それだけでも食費の節約につながります。/td>
【家具】
テーブル(机) 床で食事をするのはあまりにも物悲しい光景です。テーブルか机は持っておきましょう。
品質を問わなければ、1000円以下で購入できます。
収納家具 カラーボックスや衣装ケースなどです。2000円も出せば手に入れることができます。2つ3つ持っていれば十分です。
ちなみに、引き出し式のものは食器棚代わりとしても使うことができます。

こんなものはいらないの?

「掃除機やテレビが入っていない!」「ベッドは?」と思う人もいるかもしれません。 しかし、これらの重要度はそれほど高くはありません。

1人暮らしの部屋というのは、そう広くはありません。掃除は、掃除機ではなく、クイックルワイパーやホウキで十分です。テレビは、パソコンやタブレットでもある程度代用ができます。

ベッドも、布団があればなくてもよいでしょう。

家具付き物件の場合

「家具を一から買いそろえるのが面倒だ」という人の場合、家具付き物件を選ぶこともできます。

家具付き物件は一通りの家具がそろっており、入居日からそこで「暮らす」ことができます。初期費用が安く上がるという意味では、非常にありがたいものです。家電をそろえる時間がない人にもおすすめです。

ただ、このような家具付き物件は、ほかの物件に比べて家賃が高く設定される傾向にあります。(例外もあります) また、家具や家電の品質がそれほどよくないという問題点もあります。

家具付き物件は、「短期間(半年以内)で引っ越すことが決まっている」「家具や家電にこだわりがない」という人にはおすすめです。逆に言えば、それ以外の人は、もう一度「この物件でよいか」ということを考える必要があります。

海外に赴任する場合

海外への引っ越しの場合は、さらに頭を抱えることでしょう。

ただ、海外に赴任する場合は、基本的には家電製品は持って行かない方がよいと思われます。なぜなら、海外と日本では電気の規格が違うこともあり、日本で買ったものが十分に使えないことも多いからです。また、輸送費用もかかります。

このため、海外赴任のときは、原則として、「現地でそろえること」を前提とした方がよいでしょう。

ただ、炊飯器のように、日本独自のもので、かつ小型のものなら、出国時に持って行ってもいいかもしれません。

ネット環境の整え方

少しでも早くネットを使うには?

光ケーブルが常についている物件ならば、電話一本で開通させることができます。約1か月前から、NTTなどに相談しておけばよいでしょう。

マンションならば、現在は多くのところで、ネット環境を「標準装備」として整えているはずです。 しかし回線が整っていないところの場合、その工事をお願いすることになります。

この工事が終わる期間は時期によってまちまちですが、最長で3か月程度ということもあり得ます。「インターネットが、当日(もしくは数日後)から使えること」を絶対条件とするのであれば、事前に、「引っ越し先はネット環境が整っているかどうか」を確認しておくことをおすすめします。

ネットのことを引越し業者に相談できる?

インターネットの環境は自分自身の力だけでも整えることができますが、「自信がない」ということであれば、引っ越し業者に頼んでしまうのも手です。専門家の意見によれば、「この方法がもっとも手軽で早い」とのことでした。

これにはさまざまなプランがあります。 たとえば、ハート引越センターの場合は、「入居後にすぐにインターネットが使えるようにしているサービス」を工事費用無料で行っています。

アリさんマークの引っ越し業者では、専門業者を紹介しています。これによって加入すれば、キャッシュバックや特典をもらうことができます。

ただ、これらのサービスは便利な反面、デメリットもあります。 解約によって違約金が発生したり、解約可能な時期が指定されていたりすることがあるのです。 そのため、申し込む前には、きちんと契約書を見直すことが重要です。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
引越し侍といい引越しタイアップの画像
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

入居や退去に備えて… 賃貸物件の引越しで気をつけるポイント5選

「転職して新たな住居へ、引越し費用を出来るだけ抑えたい!」

【引越し費用】いくらする?単身・二人暮らし・家族の平均相場まとめ

「引越しにかかるお金ってどれくらい?」「引越し費用はできるだけ安くしたい!…

4人家族の引越しで費用を少しでも抑えるには?

4人家族の引っ越しを予定している方、引っ越しの費用がどれくらいになるか気になっていませんか? お子さ…

【二人暮らしの引越し】費用相場・損せず絶対に安く抑える方法とは?

二人暮らしで引越ししたいけど、費用ってどれくらいかかるの? 引越…

母子家庭の引っ越し、低利子または無利子で資金借りる方法まとめ!

「引越ししたいけど資金が足りないな」「母子家庭って資金借りれたりしないかな…