単身の海外引越しはどうすれば良い? 費用を少しでも抑える方法は?

単身赴任や留学などで海外に単身引っ越しをする場合、荷物はどうすればいいのでしょう。 国内の有名な業者にお願いすれば対応してくれる? 荷造りはどうすればいい? など、疑問点は山積みですよね。このページでは、海外への単身引っ越しのポイントや業者選び、輸送方法などについて詳しく説明しています。 やはり国内と違って海外引っ越しは難しいものです。最後までしっかりお読みいただき、スムーズに引っ越し作業を進めてください。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

海外への引っ越し!押さえておくべきポイント

国によっては運んでくれない地域もある?

海外への引っ越しの場合、日本での引っ越しのように、気軽な気持ちで引っ越しができるわけではありません。日本は世界でも有数の安全な国です。

しかし海外では、同じようにはいきません。

サカイ引越センターのように、「全世界を網羅している」としている引っ越し業者もありますが、基本的には、海外への引っ越しの場合は問い合わせが必要です。アメリカや中国、ヨーロッパ諸国などはどこも対応していますが、現在政情不安定な国などに行くときには断られるリスクもあります。特に紛争地帯などの場合は難しいでしょう。

日本全国かどこからでも依頼できる?

日本の流通経路はしっかりしているため、「首都圏でなければ引っ越しはできない」ということはないでしょう。大手の引っ越し業者は全国どこからでの海外への引っ越しにも対応しているはずです。

ただ、地方からの引っ越しの場合、荷物の配送に時間がかかることもあります。少し日程に余裕を持ってスケジュールを組んでおくことをおすすめします。

必要になる書類や手続きは?

海外での引っ越しにおいて、用意しなければならない書類とはどのようなものがあるのでしょうか。
(なお、ここで紹介する「書類」というのは、あくまで、「引っ越しサービスを受ける時に必要なもの」とします。本人が渡航するうえで必要な書類にはふれません)

大手の引っ越し業者の「日本通運」では、

  • パスポートのコピー
  • 本人が利用する飛行機の情報
  • 渡航先の連絡先、もしくは住まいの住所
  • 海外引越一貫輸送契約書
  • 梱包明細書

を必要とする、としています。

これらはどこの業者も似ていますが、送り状や通関委任状などを必要とすることもあるので、事前によく確認しましょう。

海外への引っ越しで注意点やありがちなトラブル

海外での引っ越しのトラブルで考えられるトラブルとして、「荷物」の問題があります。

日本国内では問題になることのない荷物が、海外の場合は大きな問題となることがよくあるのです。ピストルのおもちゃや動植物の運搬がその代表例として挙げられています。

海外引っ越しの流れは? 行う作業は?

申し込み、荷造りから現地の搬入まで、おおよその流れ

海外の引っ越しには、しっかりと時間の余裕を見てスケジュールを組み立てる作業が必要になってくるでしょう。

まず、3か月ほど前から引っ越し業者を選び始めます。海外赴任が多い会社なら、周囲の人に聞いて評判のよい業者を選ぶとよいでしょう。海外引っ越しのノウハウを持ったところを選びます。また、会社がいくらかの補助をしてくれるなら、その条件や限度を確認します。

これと同時並行で、「持っていくもの、持って行かないもの」の選定を始めましょう。海外への引っ越しは、家電製品は持って行かないと考えた方がよいと思われます。運ぶ費用も高くつきますし、規格が異なることもあります。

船便の場合は、1か月前くらいには配送を行います。「家も完全に引き払う」ということであれば、不用品の処分も処分業者にお願いしなければなりません。処分業者を探し始めましょう。書類の整理も、余裕を見て、1か月前にすませておくとよいでしょう。

半月前には、いらない家財道具を始末します。航空便で荷物を送る場合は、この時期までに手配を行いましょう。

1週間前には、こまごまとした日常品や食品の処分を行います。清掃は、清掃業者に入ってもらうのが楽です。家を引き払う際には、きちんと挨拶もお忘れなく

国内の引っ越しと海外の引っ越しで「やること」はここが違う

海外への引っ越しは、日本国内への引っ越しに輪をかけて、「荷物の処分」が重要になってきます。まだ新しいタンスや家電製品も、場合によっては処分しなければなりません。新しく買い直すよりも、輸送費用の方が高くなることも珍しくないからです。

もっとも、ただ捨てるだけではもったいないもの。リサイクルショップに持ち込むなどして、現金に換えてしまいましょう。

海外への発送方法には様々な種類がある

航空便、船便…安さと早さで選ぶなら

航空便での引っ越しは、何よりも、とにかく早いのが魅力的です。税関の検査も早いですし、到着も時間がかかりません。
ただし、大きな荷物を送ることには制限があったり、危険物の運搬にとても厳しかったり、荷物の量の増加による追加料金の上り幅が大きいなどのデメリットがあります。

船便は、物によっては航空便を使うよりも安くなります。また、危険物の審査は航空便よりも緩いというメリットがあります。大きな荷物も比較的送りやすいです。
ただし、時間がかかります。品質変化に弱いものを送る方法としては適していません。

やはり専門業者が安心? 業者選びのコツは?

海外への引っ越しの業者を選ぶときに、海外専門の引っ越し業者を選ぶべきか、それともほかの業者を選ぶべきか……と迷う人も多いのではないでしょうか。

基本的には、これはどちらでも構いません。問われるのは、引っ越しのノウハウであり、経験だからです。大手の引っ越し業者は経験が豊富ですし、専門業者は確かなノウハウがあります。また、小規模な引っ越し業者の場合は、「情報の共有がきちんとなされやすいからおすすめ」と見る向きもあります。

ただ、いずれの場合でも、国土交通省の出す「外航運送に係る第二種貨物利用運送事業」の認可を受けているところを選ぶ必要があります。

海外単身引っ越しの費用(料金相場)はどれくらい?

見積もり依頼はどうすればよい? コツはある?

海外へ引っ越しをする場合の見積もりは、インターネットで申し込んでから訪問見積もり、という流れをとります。これは一般的な流れと同じです。

日本での単身での引っ越しの場合は、インターネット上や電話で見積もりが完結することもあります。ただ、海外への引っ越しである、という場合は、訪問見積もりを利用することをおすすめします。

単身の海外引っ越し用のプランやパックを活用すべき?

海外への引っ越しの場合も、単身用パックが利用できます。クロネコヤマトの海外引っ越しの「海外引越単身プラン」がその代表例です。上では「訪問見積もりをすすめる」としましたが、これはWEBで見積もりや申し込みができるもので、ダンボール9箱〜18個の間で量を加減できるものです。

このようなパックの場合、リーズナブルな料金設定になっていますが、配達時は現地スタッフが行い日本人はいない、というような状況での引っ越しとなることもあるため、事前に確認は必要です。

海外への引っ越しは、さまざまな不安と期待が入り混じるもの。
きちんと調べて取り組んでいきたいですね。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引っ越し単身パックの料金相場を紹介!業者別で運べる荷物量も比較!

単身パックと聞くと、少ない荷物を安く引っ越す ことができるサービスというイメージが強いですよね。で…

単身引越しにかかる料金を1円でも安くしたいなら

引っ越しには何かとお金がかかります。不動産屋に払う敷金礼金、新しい家具、そして引っ越しにかかるお金…

一人暮らしの引越しマニュアル!業者への見積り方法と料金相場

一人暮らしをしていると、頼れる近親者がすぐ近くにいないため、引越し業者とのコンタクトや引越しの準備…

単身での引越し料金の金額を安くしよう

単身赴任に、大学入学にあたっての初めての一人暮らしなど、単身で引っ越しを行う機会というものは意外…

引越しで単身パックを利用してベッドを運んでもらう方法

単身で引っ越しを行う人の中には、単身パックの利用を検討している人も多いと思います。決められたカー…