単身引っ越しと家族引っ越し、引っ越しにかかる「お金」の違い

家族での引っ越しと、単身での引っ越し。両者は同じ引っ越しでも荷物量が大きく違います。また、家族形態や移動先によっては段取りや手続きなども違ってくるかもしれませんね。特に気になるのは、引っ越しにかかる料金です。やはり、家族での引っ越しの方が圧倒的に高くなるのでしょうか。 このページでは単身引っ越しと家族での引っ越しをいろいろな角度から比べ、ポイントの違いや料金の違いを比較していきます。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

単身引っ越しと家族引っ越し、それぞれのポイント

単身での引っ越しと家族での引っ越しは、さまざまな点でまったく違ってきます。

  • 荷造りの問題

単身者に比べて家族での引っ越しは荷物が増えます。

  • 値段

荷物が多くなるので、当然料金も高くなります。

  • 手続きの問題

就学児童や年金受給者が家族にいた場合、手続きが増えます。

これらに関しては、後でも詳しくお話していきます。

荷造りや梱包のコツは? 段取りは?

一人暮らしでの引っ越しの場合、多くは「実家に荷物を残した状態で、必要な物だけを持っていく」という形になるでしょう。
しかし、家族での引っ越しの場合は、家ごと引っ越す形が多いと思います。

そのため、荷造りはとても大変です。

引っ越しが決まった段階から、いるもの―いらないものの仕訳を始めるようにします。必要のないもの、特に粗大ごみは早めに回収を依頼しましょう。季節外れのものは、きちんと梱包し、運び出せるようにします。
「最低限使うもの」だけを残し、どんどん箱詰めをしていきましょう。特に、本などは、ダンボール箱を多く消費するのでお早めに。

また、「子どもの年齢」によっても、荷造りの難易度は変わってきます。子どもが高校生以上の場合は、積極的に荷造りを手伝ってくれることが予想されますから、スムーズに進むでしょう。

逆に、子どもがまだ小さい場合は、子どもの世話をしながら荷造りをしていかなければいけません。そのため、手間が段違いに増えます。このような場合は、意識して早めに取り掛かるようにします。
もしどうしても難しい、ということであれば、後で紹介する、「荷造り梱包サービス」を利用しましょう。

運び出す荷物、荷物量が違う

荷物の量は、家族のときと単身者のときでは大きく違います。4人家族の場合は、ダンボールだけでも60枚以上は必要でしょう。これにさらに家財道具が加わるため、かなりの量になります。

単身者の場合、持っていく荷物を玄関先に移動させておく方法が有用です。
ただ、家族での引っ越しの場合、こうしてしまうと、玄関先が圧迫されて出入りが難しくなります。そのため、玄関先から一番近い部屋に梱包したダンボールを入れておくようにします。

また、1階に住んでいる場合は、ベランダ周辺に荷物を集中させておく、という方法もとることができます。

忘れがちですが、荷造りや荷物の搬入のときには、大量のゴミも出ます。ゴミ袋は何枚あっても困りませんから、事前にたくさん購入しておきましょう。引っ越し前と引っ越し後では、使えるゴミ袋が違うことにも留意してください。

郵便物、住民票、住民票、車庫証明などの手続き関係

家族での引っ越しと単身者での引っ越しの場合でも、手続き自体はそれほど大きくは変わりません。住民票の手続きなどは、一人でも家族でもやらなければならないことだからです。

ただ、子どもの転校届けが必要となったり、国民年金や国民健康保険の手続きが必要になったりすることもありますから、この点は注意しましょう。

単身引っ越しと家族引っ越しの平均的な料金相場

一般的な単身プラン、家族プランの費用はいくら?

単身者と家族での引っ越しの場合、料金は大きく異なってきます。
20キロ以内での引っ越しの場合、単身者の引っ越しは45000円以下に収まりますが、4人家族の場合は60000円を超えるでしょう。

もちろん荷物の量にもよりますが、これくらいの出費は覚悟しておいた方がよさそうです。

距離は料金に影響する?

引っ越しにおいて、「距離」はもっとも重要な要素のうちの一つです。
遠くまで引っ越すとなると、スタッフの拘束時間が長くなりますし、ガソリン代もかかります。高速道路の料金が必要になることもあるでしょう。そのため、引っ越しは、距離が遠くなれば遠くなるほど、料金がかさみます。

200キロ程度の場合、単身者でも60000円以上かかります。家族の場合は10万円に近い数字になることも珍しくなく、非常に手痛い出費となります。

単身プラン(コース)と家族プラン、それぞれのメリットや特徴は?

単身者の場合、「単身パック」「単身プラン」というものがあります。

単身プランは、家族向けのプランと同じように、さまざまな荷物をそのままトラックに詰め込む形式です。
対して「単身パック」の場合、業者側が指定したコンテナのようなものに、詰めるだけの荷物を詰め込むものです。コンテナは柔軟性がないので、きっちりコンテナに収まりきる量までしか運ぶことはできません。

単身パックは、業者側が、「どうしたらトラックに無駄なく合理的に荷物を詰めることができるのか」ということを考えて作られています。複数のコンテナを1台のトラックに詰め込んで運ぶわけです。このため、単身パックは自由度がとても低いと言えます。「単身プラン」なら、ダンボールの量がある程度増えても融通が利きますが、「単身パック」ではこれを望むことはできません。

ただし、単身パックの場合は非常にお買い得です。

家族向けのプランにも、単身パックのような「コンテナで運ぶ方法」があるといい、と思う人も多いのではないでしょうか。
しかし、残念ながら、原則として、家族向けのプランでは、このような「パック」はありません。家族の引っ越しでは荷物の量がとても多くなるので、コンテナで運ぶことは適さないのです。

ただ、家族プランの場合は、「荷造りプラン」などが生きてきます。これは、荷物の梱包から片付けまでを業者に依頼できるものです。値段は高くなるのですが、家族で荷造りをする必要がなくなるため、とてもラクです。
「第二子の妊娠―出産に合わせて新居に引っ越す。妻が身重だ」
「全員社会人で時間がない」
「介護しなければいけない家族がいて、引っ越しにかけられる時間がない」という家庭の場合は、とても利用価値が高いものだと言えます。

単身での引っ越しと家族での引っ越しは、何もかもが違います。
単身での引っ越しに慣れている人でも、家族での引っ越しの場合は困惑してしまう、ということもあります。早めに準備に取り掛かりましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引っ越し単身パックの料金相場を紹介!業者別で運べる荷物量も比較!

単身パックと聞くと、少ない荷物を安く引っ越す ことができるサービスというイメージが強いですよね。で…

単身引越しにかかる料金を1円でも安くしたいなら

引っ越しには何かとお金がかかります。不動産屋に払う敷金礼金、新しい家具、そして引っ越しにかかるお金…

一人暮らしの引越しマニュアル!業者への見積り方法と料金相場

一人暮らしをしていると、頼れる近親者がすぐ近くにいないため、引越し業者とのコンタクトや引越しの準備…

単身での引越し料金の金額を安くしよう

単身赴任に、大学入学にあたっての初めての一人暮らしなど、単身で引っ越しを行う機会というものは意外…

引越しで単身パックを利用してベッドを運んでもらう方法

単身で引っ越しを行う人の中には、単身パックの利用を検討している人も多いと思います。決められたカー…