単身引越しにかかる費用は「荷物量」で決まるってホント!?

引越しは、簡単に言ってしまえば「荷物を運ぶ」ということにほかなりません。つまり、どれだけの荷物を運ぶかがポイントになるのです。当然、荷物量が増えればそれだけ人手や増え、輸送手段も変わってくるので引越し業者に払う費用も増えます。 このページでは、荷物量が引越し費用にどれほどの影響を与えるのか、少しでもお得に引越すためのコツを紹介します。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

荷物量と費用の関係

一言で単身の引越しといっても様々な引越業者が様々なサービスを展開しています。しかしながら単身の引越しをするにあたってはその輸送手段が限られてきます。

単身パックを使用した引越し

単身パックを使用した引越しは単身サイズの引越しでは最安値であるといえます。その代わり持っていける荷物の量は大幅に制限されます。各業者が使用している専用ボックスの中に納まればそれが1ボックスとして引越しの最小単位となります。もちろん全ての方が1ボックスで納まることはなく、場合によっては2、3ボックスを使用することもあります。単身パックは料金が固定ですからコンテナの数が増えれば増えるだけ引越しの価格が高くなってしまうので注意が必要です。

単身パックは荷物量でいうと約2立米の荷物を運ぶことができます。この立米(リュウベイ)とは空間の大きさを表す単位でで1メートル×1×1メートルの空間が1立米となります。これは1立方メートルと同じで水だと重さは1トンになります。これの2倍の2立米が一般的に1コンテナの荷物量になります。
各引越し業者は専用の単身パック用コンテナ、もしくはボックスを使用しそれを最小単位として単身パックという引越し展開しています。クロネコヤマトであれば約1.1m×1.1m×高さ1.7メートル、日本通運であれば約1.1m×0.8m×高さ1.5メートルとなっています。これには、1メートルくらいの冷蔵庫1台、ドラム式でない洗濯機1台、カラーボックス1つ、布団1式、段ボールが3から5個くらいが載せられます。段ボールだけ載せた場合はよく目にするミカン箱の少し大きいものくらいで20個くらい載せることができし、表現として押し入れ一つ分などともいわれることがあります。
このコンテナを使用したの同一県内引越しの価格相場は大体12000~20000円くらいとなっています。つまり荷物が1つのボックスで収まれば2万円以内で引越しできることになりますし、使用するコンテナの数が2つ3つと増えれば、価格は単純に2倍、3倍となっていきます。

荷物多めの方におすすめ!トラックを使用した引越し

単身パックなどでは到底入りきらない大きな家電や家財がある場合もあるでしょうし、比較的荷物が多い方はトラックを使って単身の引越しをします。業者によっては単身パックというサービスを展開しているところも数多くありますが専用ボックスなどを使用した料金固定の単身パックとは違いますので混同しないように注意が必要です。大体2トントラックが使用されることが多く大きな家具家電、ベッドなども運ぶことが可能です。2トントラックには引越しに合わせてショートとロングの2種類を使い分けます。
2トントラックショート-単身の引越しやワンルームの引越し
2トントラックロング-2人くらいの引越し
大体ではありますがこのようになっています。
2トントラックショートの場合はおおよそ幅190センチ奥行310センチ高さ190センチくらいで単身パックのコンテナにすると約4~5個分の荷物を積み込むことができます。ですから単身者の引越しの荷物は大抵トラックに乗せることができます。ネックになる大型の家電や冷蔵庫、洗濯機、シングルベッド、自転車、ダンボールも15~20個は平気で運べてしまいます。ですから専用コンテナなどを使用した単身パックでは運べなかった荷物もなども心配なく乗せることができるでしょう。料金は大体の相場で20000円~です
2トントラックロングの場合はおおよそ幅190センチ奥行450センチ高さ300センチとなります。奥行がかなりありたっぷり荷物を積み込むことが可能です。2人からの引越しにはこの2トントラックロングが使われることが多いのもうなづけます。気になる料金相場ですが、ショートに比べて高くなり大体の相場で35000円~となります。

このように荷物が増えれば増えるだけそれを運ぶトラックも大きくなりそれに伴って料金も上がっていくのが分かります。

家電の量で荷物量は大きく変わる

単身の引越しの料金の変わる境界線は大抵大きな家電や家財を運ぶか運ばないかにより変わってきます。

単身引っ越しに専用コンテナなどを使用した単身パックは格安です。しかしコンテナに乗せることができる荷物はかなり限られてきます。ですから単身パックを使用する場合には余計な荷物はもっていかないということが前提となります。単身パックは大抵の場合下見なしの見積もりになりますから自分で荷物の量を判断しなくてはいけませんが、当日専用コンテナになりきらなかったら荷物はおいていくかもっていくとしてももう一つコンテナを使用して引越しをしなければならなくなってしまいます。せっかく安くしようと思って選んだ単身パックは荷物量でトラックを使った引越しよりも割高になりかねません。大型家電がある場合は単身パックはさけ、トラックを使用した引越しを初めから検討しましょう。

大型家電などの荷物がない方-専用コンテナ使用の単身パックがおすすめ料金は15000円~
冷蔵庫、洗濯機を迷わずもっていきたい方-トラックを使用した引越しがおすすめで料金は20000円~が相場となります。

単身引越しで受けられる荷物サービスあれこれ

ハンガーボックスやダンボールは引越し業者からもらえるの?

専用コンテナを使用した単身パックによる引越しは基本的に引越し資材はオプションとなっており有料です。基本の料金を安くするために単身パックには資材費が入っていないんですね。そのため業者から有料で買うか自分で準備する必要があります。単身パックを展開しているクロネコヤマトでは単身用資材パックというものを3200円から販売しています。

  1. 布団袋×1
  2. ダンボールM×4枚
  3. ダンボールS×6枚
  4. グラスパック仕切り板×2枚
  5. グラスパック中敷き×2枚
  6. 食器パット×20枚
  7. ビニール袋×5枚
  8. クラフトテープ25メートル×1本
  9. エアーキャップ60×500センチ×1本
  10. 荷造りロープ(ビニールひも)20m×1本
  11. 油性ペン×1本
  12. ワレモノシール2枚セット×4枚
  13. 説明書(プロのアドバイス)×1枚

上記がその内容です。すべてが必要かはご自身の判断によりますが、すべてを集めようと思うとなかなか大変なので忙しい方には最適なセットであるかもしれません。しかしせっかく安い単身パックを利用するわけですから資材費はなるべくかけたくないというのが本音のところであると思います。ダンボールはもらってくることもできますし、クラフトテープなどは最近では100円均一でも取り扱っています。ご自身で準備できるものはなるべく買わないことも引越し料金を安くする一つの方法です。

トラックによる単身の引越しに関してはこの資材費の部分を見積もりの時点で交渉することができます。
基本的に資材はすべて有料ですが中古品を依頼することで無償で手に入れることもできます。見積もりの際に中古でいいので無料になりますか?というだけで無償でダンボールやハンガーボックスをもらえることがあります。中古のダンボールやハンガーボックスなどは引越し業者では使いまわすのが当たり前で必ず誰かが資材費として払っているため値段があってないようなものです。
逆に梱包資材をすべて自分で用意する代わりに引越しは安くなりますか?というような交渉術もあります。基本料金に資材費がもともと入っている業者もありますからこのような交渉方法を覚えておくと役に立つときが来るかもしれません。

荷物の設置はやってもらえる?

専用コンテナを使用した引越しも、トラックを使用した引越しも基本的に荷物の設置はしてくれます。赤帽などは大抵ドライバーのみが来るので積み込み、設置など手伝わなければならないですが、それ以外の業者は大抵2人で来てくれます。そのため積み込みも積み下ろしも、設置もやってもらうことができます。引越し業界も各社間で競合しあいどんどんサービスが向上しているので家具の設置などは引越しのサービスとして当たり前になってきています。

予約サービスやオプションサービスをうまく活用しよう

単身パックを手掛けるクロネコヤマトでは4つの割引サービスを展開しています。

  • WEB割引-クロネコヤマトサイト内の単身見積もりフォームあるいは携帯電話のサイトから入力して申し込んだ場合適用される割引で、それだけで2160円安く引っ越しができます。
  • 平日割引-搬出日・搬入日のどちらもが平日の場合の引っ越し(祝日は適用されない)2160円割引されます。
  • 早期申込割引-搬出日が14日以上先の時の申込みで1080円割引になります。
  • 複数BOX割引-単身サービスの専用ボックスが2本以上となった場合、1ボックス当たりそれぞれ1080円割引になります。らくらく家財宅急便を併用している場合は適用外となります。2ボックスで2160円、3ボックスで3240円お安くなります。

このようにもしクロネコヤマトを利用した場合は上手に引越しをすることで上記の割引すべての特典を受けることができます。WEB割引はほかの業者も適用されるところもありますがここまで割引サービスが充実しているのはクロネコヤマトだけです。

複数ボックス割引とは?

引越しする人にとって単身パックを選択するうえでコンテナの数が増えることはなるべく避けたいところです。しかし遠方へ引越しする方などは一つのコンテナではのりきらないが単身パックで送りたいという方もおられるでしょう。複数ボックス割引とはクロネコヤマトや日本通運などが展開するサービスで、専用のボックスが2つ以上のお引越しの場合1つにつき1080円安くなるサービスです。この価格はクロネコヤマトも日本通運も同じで、コンテナが増えれば増えるほど1つにつき1080円割引されますのでお得です。

粗大ゴミの処分もやってもらえる?

サカイ引越センターや日本通運のように引越し業者によっては、引越し元で不要になった粗大ごみなどを回収・処分してくれるサービスをしているところがあります。引越しに伴い発生するごみなので、引越し業者にそのまま持って行ってもらえればそんなに楽なことはありませんよね。

あわせてサカイ引越センターでは不用品の買い取りもしてくれますので買い取ってもらえるものがあれば引っ越し代の足しになるのでうれしいところです。しかし引越し業者でも買い取れないもの、処分できないものが必ずあります。訪問見積もりの際に買い取ってもらえるか、処分してもらえるかなどは必ず確認しておきましょう。
ごみなどを引越し業者に依頼できない場合でもいくつか処分する方法があります。

  • リサイクルショップを活用する

業者によっては一見ごみのようなものでも買い取ってくれるところもありますし値段がつかない代わりに無料で引き取ってれるものもあります。家電などは処分にリサイクル料金がかかったりするものがあるので、不要な家電などは値段が付けばしめたものです。

  • 友人・家族に譲る

できれば自分の家まで取りに来てもらいたいところです。無料であげる代わりに取りにきてほしいといえば大抵取りに来てくれるでしょう。ただし、大型の家具や家電でお金がかかってもいいから誰かに譲りたい場合はクロネコヤマトのらくらく家財宅急便などで運んでくれますので一度見積もりを取ってみてもよいでしょう。

  • オークションで売る

オークションサイトの最大の魅力は思ったよりも高く売れることです。最近ではメルカリなどが人気でフリーマーケット感覚で販売も、買い物もできます。オークションで少しでも高く売りたい方にはヤフオクがお勧めです。しかし購入者とのやり取りなど少し手間もかかりますのでそういったやり取りが面倒に感じる方にはお勧めできません。

  • 市区町村に連絡し粗大ごみとしてだす

市役所や区役所にあらかじめ連絡して一定の金額で処分してもらうことができます。tだし一部粗大ごみとして出せないものもあります。申し込みの時点で教えてくれますのでどんなものを処分したいのか漏れの内容に伝えることが大事です。

お得に引越すために知っておきたいこと

荷物を自力で輸送する場合のポイントは?デメリットは?

引越しは安く済ませたいから自分でやりたい!という方もおられるでしょう。もしご自分でトラックを所有しているなら体力一つで引越しをすることができます。またトラックを所有していない場合でもレンタカーを借りるなどして引越しをすることができます。軽トラックを1日借りたとすると、大体相場として8000円くらいかかりますので覚えておきましょう。
さて引越しするにあたってますは友人に頼むか家族に頼むか頭を悩ませるポイントです。自力で、一人で引越しできなくはないですが、それに伴う危険は間違いなく多いです。

友達に頼みこんで、当日数人が借りた軽トラックで短時間で済ました、引越し費用が大幅に安くなったというような声を耳にすることがあります。でも本当にやすくなったのでしょうか。問題はなかったのでしょうか。予想される問題をいくつかピックアップしてみたいと思います。

  • タンスや冷蔵庫は壊すことなく運ぶことができ設置できるか
  • 雨が降ったらどうするか
  • 引越し先に車が止めれなかったらどうするか
  • 荷物を保護するものがあるか
  • 移動中に荷物がばらけないか
  • 搬入中、新居に傷つけないではこべるか
  • ガソリン代や高速代を別に考えているか
  • 引越しのために取った休みに余裕があるか

まだまだ数えきれないくらいの気を付けるポイントが浮かんできそうです。引越しにはとんでもない体力が必要で、引越し先が3階である場合も自力で運ばなくてはならないですよね。慣れた引越し業者のスタッフでも相当しんどいのに素人がしんどくないわけがないんです。そもそも荷物を持ったまま、階段を何往復もするということはもはや超人技です。よっぽど体力に自信がない限りはレンタカーでの引越は避けたほうが良いかもしれません。しかしながら、レンタカーで自分で頑張るという引越しも安く引越しを済ませることができる方法のひとつではあります。

荷物量によっては宅配便で荷物を送ってしまうのもアリ?

荷物量によっては荷物を宅配便で送るという方法があります。

基本的に宅配便・宅急便は距離と荷物の大きさ、重さで料金が異なってきます。大きければ大きいほど、重ければ重いほど料金が高くなってしまうので、宅配便などで大きいものを送るのは非常にお金がかかると思って間違いありません。しかし引越しの荷物がダンボールだけならお安くなる可能性もあります。

かなりの離島に引っ越す場合は、人件費・交通費だけでもにもお金がかかってしまいます。普通なら1日で終わるような引越しも離島であればフェリーなどを使用したりするため移動だけで半日かかってしまうことがあるからです。そういった面を踏まえると、宅配便を使ったほうが安くなる場合があります。これは送る荷物の量が小物だけでかなり少量な場合です。

しかし、デメリットもかなりあります。基本的に宅配は、設置、開梱はしてくれません。これは、普通の宅配便の担当ドライバーが届けた荷物を設置してくれたりくれないのと同じで、引越する感覚でいえばサービスは全くないのと同じです。ですから基本的に運んだ荷物はすべて玄関に置かれます。もちろん部屋までなんて運んでくれません。少し大きめの家電もすべて玄関です。基本的に宅配便に設置の義務はありませんからね。

引越し費用は移動距離でこんなに違う

引越しの値段はその荷物量と移動距離で大幅に値段が変わってきます。移動距離での値段の違いは単身パックでの引越し料金を参考にすれば明確です。ここでは専用コンテナを使用した料金固定の単身パックでその金額差を紹介したいと思います。基本的に同一県内は50㎞県内、東京神奈川間は50㎞圏内、東京大阪間は500㎞圏内、東京から北海道は1200㎞とお考えください。

クロネコヤマト

単身パックフル
同一県内 14000円
関東エリア 17000円
東京~神奈川 21000円
東京~大阪 28000円
単身パックミニ
同一県内 13000円
関東エリア 16000円
東京~神奈川 18000円
東京~大阪 25000円

日本通運

単身パックL
同一県内 18000円
東京~神奈川 18000円
東京~大阪 26000円
単身パックS
同一県内 17000円
東京~神奈川 17000円
東京~大阪 24000円
単身パックS
同一県内 17000円
東京~神奈川 17000円
東京~大阪 24000円
単身パックX(150㎞以上が目安)
59000円 *JR便使用

西濃運輸

2.5㎥
同一県内 23000円
東京~大阪 27000円
東京~北海道 41000円
1.1㎥
同一県内 20000円
東京~大阪 23000円
東京~北海道 36000円

*自転車を1台まで運んでくれます。

佐川急便

単身カーゴプラン
同一県内 27,300円~
東京~大阪 35,700円
単身AIRCARGOプラン
東京~北海道 49300円〜
東京~福岡 44300円〜*航空便を使用

ハトマークの引越しセンター

小鳩パック
同一県内 21000円
東京~大阪 24000円
東京~北海道 36000円
小鳩プチトラパック(近距離対応型)
同一県内 11000円〜
同一都道府県内 15000円
小鳩スカイパック(長距離向き)
東京~大阪 36000円
沖縄~札幌 87000円

様々な業者の単身パックで料金比較しましたが、単身パックでもその移動距離で大きく値段が変わっており、移動距離が500kmを超えてくると引越し料金も大幅に変わってくるのが分かります。これはあくまで単身パックという固定の荷物の引越しで比較していますからトラックをしようした通常の引越しではもっと高くなる可能性がありますので注意が必要です。業者見積もりはネット?訪問見積もり?専用ボックスなどを使用する単身パックではクロネコヤマトのようにネットで引越しが成約すると割引を受けられるところもあります。
荷物を確認しなくても引越しは決められますが当日になって荷物がのりきらないためボックスが追加になってしまったというような声を耳にすることがあります。その場合単身パックにしてはお値段がかなり高額になってしまうので特に荷物量には注意が必要です。確実に単身パックで引越しできる場合以外は実際に業者にきてもらって見積もりをしてもらうのが一番良い方法です。またどうしても訪問してもらうのが嫌だという方は、ネットの一括見積を使用し見積もりを取りましょう。その時に自分の引越しが単身パックサイズで送ることができるのか、トラックを使用しなければできないのか大体わかってきます。相見積もりしてもらうことで価格もお安くできる可能性が高まりますし、単身パックが使えることが分かればあとは電話かネットで完結させてしまいましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引っ越し単身パックの料金相場を紹介!業者別で運べる荷物量も比較!

単身パックと聞くと、少ない荷物を安く引っ越す ことができるサービスというイメージが強いですよね。で…

単身引越しにかかる料金を1円でも安くしたいなら

引っ越しには何かとお金がかかります。不動産屋に払う敷金礼金、新しい家具、そして引っ越しにかかるお金…

一人暮らしの引越しマニュアル!業者への見積り方法と料金相場

一人暮らしをしていると、頼れる近親者がすぐ近くにいないため、引越し業者とのコンタクトや引越しの準備…

単身での引越し料金の金額を安くしよう

単身赴任に、大学入学にあたっての初めての一人暮らしなど、単身で引っ越しを行う機会というものは意外…

引越しで単身パックを利用してベッドを運んでもらう方法

単身で引っ越しを行う人の中には、単身パックの利用を検討している人も多いと思います。決められたカー…