遠距離の引越し。業者さんに引越しのノウハウに感謝。

女性

閑々斎 18歳 女性

総合満足度 星 星 星 星 星 3

窓口対応: 4 引越し作業: 4 費用: 2

引越し情報

 大学進学に伴う引越しでした。初めての引越しでした。
 秋田県から岐阜県という遠距離であることから、自宅の車で荷物を少しずつ運ぶことは難しかったので引越し業者にお願いするしかないとうことになりました。いざ引越し業者をお願いしよう段となり、引越し業者を決めることが思った以上に大変で、時間がかかりました。まず、遠距離の引越しをしてくれる業者が限られていました。あちこちの業者へ見積もり依頼をしても、秋田から岐阜へという遠距離だとわかるとすぐに断られました。さらに、学生の単身引越しという条件も引越し業者を選ぶ時に選択範囲を狭める要因となりました。単身引越しの需要は少なくないはずなのに何で業者は少ないのだろうと思いました。そんなこんなでやっと引越しを請け負ってくれる業者見つかったときは、それだけで達成感がありました。でも、まだまだ引越し作業は始まったばかり。引越し初心者には困難が次々とまちうけています。やっと決まった業者さんと具体的なお話をすることになりました。私は、できるだけ今使っているものを持って行くことが引越し費用が安くなると思い込んでいました。勉強机、ベッド、本、炊飯器、洗濯機、冷蔵庫、テーブル、食器棚、食器、タンス、衣類、本棚・・・本当に今使ってるもの全部です。でも、この内容で出てきた見積もりは、進学を辞めようかと思うくらい高額でした。そのような状況で業者さんから思わぬ提案がありました。机や炊飯器、冷蔵庫、洗濯機などの家財道具は引越し先で揃えたほうがよいというものでした。単身用の家財道具は引越し先で揃えたほうが結果的に引越し費用は安くすむというものでした。学生の単身引越しを長年経験している業者さんならではのありがたい提案でした。引越し費用が安くなるということは、業者さんの売上が少なくなるのに・・・と思いながらも、この提案があってから家族一同の業者さんへの全幅の信頼をおくようになりました。事実、引越し先の様々な店舗では新生活フェアが開催されていて、単身者向けのアイテムがほとんど揃っており、家財道具を一通り新調しても最初の引越し見積もりより安くすませることができました。本当にありがたかったです。
 引越しは荷造りが大切だということも、この引越し業者さんから教えてもらいました。荷物の梱包はオプションで別料金なのに、何を使ってどのように梱包したら荷物の損傷がすくなくなるのか、細かに教えてくれました。しっかり梱包しても荷ほどきは簡単にできる。これが荷造りの理想です。また、段ボールの中に何が入っているかが分かるようにするという基本的なことも教えてもらいました。段ボールに何が入っているか分かれば、段ボールをどこへ運んでもらえばよいわかります。荷ほどきがこれで一つ楽になります。
 本当は単身引越しではここまでしてくれないらしいのですが、引越しのノウハウをこの引越しで勉強したといっても言い過ぎではないです。

一覧に戻る