郵便で引越し!?荷物が少ない場合に安く引っ越しを済ませるコツとは

引越し費用を最小限に抑えたいというのは、多くの人の本音なのではないでしょうか。新生活をスムーズに始めるためにも、引越し代はなるべく安い方が助かります。もしも引越し荷物が少ない場合は、引越し業者の力を借りず、荷物を新居に郵送することでもお得に引越しを終えることができるでしょう。そこで今回は、知っておくと便利な、郵送で行う引越しについて解説していきます。

新居でのネットの準備はできていますか?

ネットの準備がまだの人や、月々のネット料金を安くしたい人には、一括見積もりがおすすめです。

ネットの一括見積もりはコチラ

たった30秒で100種類以上の中から一番安いプランを知ることができますよ。

運ぶ荷物が少ないときは引越し業者より郵便がお得?

家具・家電付きの部屋に住んでいたり、結婚するため家財を引き払ったりと、引越し先へは必要最低限の荷物だけを持っていくケースもあることでしょう。荷物がそれほど多くはないのに引越し業者に依頼をすると、意外と高い見積もり額が提示されるかもしれません。目立って大きな家具や家電がなかったり、ダンボール箱の数が少なかったりする場合は、引越し業者に依頼するよりも郵送で荷物を送った方が安上がりになるケースは多くあります。

郵送の場合は、郵便局の個口配送やクロネコヤマトの宅急便などでリーズナブルな価格で引越しできる可能性があります。 一般的な引越し業者による単身パックの料金を見てみると、だいたい1万5千円からが相場です。単身パックは引越し時期と引越し先までの距離によって料金が上下します。一方、ゆうパックの個口配送では、ダンボールのサイズと引越し先までの距離で値段が変わっていくものの、引越し繁忙期でも価格に変わりはないというメリットがあります。また、引越し先までの距離といっても、エリアが同じであれば距離の長短はあまり関係がなく、例えば、東京から神奈川へ送る場合と東京から栃木に送る場合とでは、距離に差があるものの、基本的に同一料金で荷物を運んでくれます。

ゆうパックの場合は10個以上の荷物を送れば数量割引が適用され、料金が安くなるのも魅力です。 気になる料金ですが、ゆうパックで都内から都内に170サイズの箱を15個送る場合の料金は2万5千円ほどと、引越し業者の単身パックの料金と比べ高くつきます。一方、都内から大阪など少し遠い引越し先に送る場合は、ゆうパックで2万7千円、引越し業者の単身パックでは2万円~3万円前後で、差がほとんどなくなります。さらに引越し先が遠くなり、東京から鹿児島県ほどの距離にまでなると、ゆうパックではおよそ3万1千円、単身パックではおよそ7万円前後と、その差はかなり拡大されます。結果として、郵送での引越しは引越し先までの距離が遠くなればなるほどお得になることがわかります。

一方、クロネコヤマトの宅急便と比較してみると、関東圏から関東圏まで120サイズの荷物では、クロネコヤマトの宅急便が1,404円に対し、ゆうパックでは1,340円(同じ都県の場合)~1,400円(異なる都県の場合)です。ほとんど同額ですがクロネコヤマトの宅急便では15キログラム(120サイズの場合でサイズによって上限重量が異なります)まででゆうパックはサイズに関係なく30キログラムまでなので、重いものを送るときはゆうパックの方がお得といえます。ゆうパックで引越しをした人の多くから、引越し料金が安く済んだという声が聞かれています。

特に長距離の引越しでは、業者に頼むよりもはるかに安い料金だったという意見が多いです。一方、荷物が届くまでに時間がかかったという体験談もあります。長距離になればなるほど中1日や中2日程度が配達までにかかるため、荷物がない状態で数日を過ごすことになる可能性もあるようです。

郵便引越しの手順とは?

ここで郵送での引越しの手順を紹介していきます。引越し業者とは違い、郵送で荷物を送る場合は、自分で梱包材を購入しなければなりません。ダンボールやガムテープは、コンビニやホームセンター、郵便局などで手に入れることができます。ただしホームセンター以外では、なかなかサイズの大きな箱は売っていません。郵便局で売られている特大サイズでも、縦345mm×横445mm×高さ340mmと120サイズ相当の大きさです。

大きめの箱が欲しければホームセンターへ行くか、近くのスーパーなどのお店で廃棄される予定の大きめのダンボール箱を譲ってもらうようにしましょう。 梱包材が手に入ったら、次は荷物を箱詰めしていきます。梱包材はダンボール以外にも、エアー緩衝材などを購入しておくと荷造り作業がはかどります。その後は郵便局の集荷センターに連絡をして、集荷日程と受け取り日を決めましょう。郵便局に自分で荷物を持っていかなくても、連絡をすれば荷物をこちらまで取りに来てくれます。

郵便局に持ち込んだ方が持ち込み割引が適用され1個あたりの料金が少し安くなりますが、引越し荷物の場合は量が多いことが予想されるため、取りに来てもらう方が便利といえます。荷物を郵便局に預けたら、あとは新居に移動して指定日に荷物を受け取りましょう。 郵便局への転居届は、旧居からでも新居からでも行えますが、郵送でもインターネットでも行うことが可能です。郵送の場合は転居届用紙に必要事項を記入し、切手を貼らずにポストに投函してください。郵便局の窓口で転居届用紙をもらいそのまま窓口へ出すことも可能です。

荷物を郵送する場合はここに気をつけたい!

ゆうパックの個口配送にはメリットが多くありますが、デメリットもあるので注意が必要です。ゆうパックでは、ベッドや棚などの大きい家具・家電は基本的に送ることはできません。ゆうパックが定めるサイズ(縦・横・奥行き3辺の合計が170cm)以上のものは、引越し業者や宅配便など別のやり方で送らなければなりません。

また、ゆうパックでは1つの荷物が30キログラム以下という規定もあるため、本を詰め込んで重くなりすぎたダンボール箱などは運んでもらえない可能性があります。 また、ゆうパックで送る場合はダンボールなどの梱包資材はすべて自分で準備しなければならないため、仮に購入するとなると数千円程度の費用がかかります。ゆうパックでお得に引越しがしたいなら、ダンボール箱が少なくて済む程度の量の荷物であることが重要なポイントとなります。

すでに述べたように、移動距離や荷物の重さによっては、ゆうパックよりも引越し業者に頼んだ方が安く済むケースもあるので、ゆうパックの料金を調べるとともに、引越し業者の料金相場も同時に調べておきましょう。引越し業者の代金を知るためには、一括見積もりサービスがおすすめです。1度の見積もり依頼で複数の業者から見積り結果が届くため、時間が大きく節約できるでしょう。

 

新居でのネットの準備はできていますか?

ネットの準備がまだの人や、月々のネット料金を安くしたい人には、一括見積もりがおすすめです。

ネットの一括見積もりはコチラ

たった30秒で100種類以上の中から一番安いプランを知ることができますよ。

関連記事

引越し後の保険証の住所変更手続きが分からない人へ…注意すべき点

「引越した後の保険証って住所変更すべき…?」 「

引越し時の本籍変更は面倒…本籍を変えるべきか3分で知る方法

「引越ししたら本籍って変えるべき?残すべき?」 パスポートな…

引っ越ししたら郵便物はどうなるの?転送届の仕組みと手続き方法ま…

「引越しの時って郵便物はどうなる…?」 引越しの際に転送手続き…

引越し時に転出届と転入届は絶対に出さないといけない

引っ越しをする際には、引っ越し業者に依頼をして、荷物の梱包を行って・・・という作業ももちろん大事…

引越し後に銀行口座は住所変更すべき?手続き方法まとめ

銀行から、ハガキや封書が送られてきた経験がある人は多いことでしょう。その中にはとても重要なお知らせ…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事