一人暮らしの引っ越しで知っておきたい手続きや業者選定の方法を紹介

実家から引越して一人暮らしは不安…1か月前からの準備と手順の画像

「一人暮らしをする場合、まずは何から始めればいいの?」
「一人暮らしにかかる引っ越しの費用っていくら?」

ここでは、初めての一人暮らしに向けて、知っておきたい手続きの方法や引っ越し費用について紹介します。

例として、55,000円の物件に一人暮らしをすると仮定した場合、次のような見積もりが考えられます。

家賃55,000円の物件に引っ越す場合(相場)
初期費用 敷金 55,000円
礼金 55,000~110,000円
火災保険 8,000~10,000円
仲介手数料 27,500~55,000円
前家賃 ~110,000円(入居月は日割り)
引っ越し費用 単身者向けプラン 10,000~60,000円
不用品廃棄など※ 200円~

※粗大ゴミの回収量は自治体よって異なる

引っ越しには、大きく分けて初期費用と引っ越し費用が必要です。

初期費用を抑えるためには、より安い物件を探す他ありません。しかし、引っ越し費用であれば、見積もりを比較・検討してより自分に合うプランを選ぶことができるでしょう。

様々な引越業者と比較したい人は、270以上の引越業者から自分の条件に合ったプランを紹介してくれる「一括見積もりサービス」を活用してみるとよいでしょう。

一人暮らしの引っ越しなら単身パック

  • 一人暮らしの引っ越しなら単身パックが最適
  • 単身パックの料金や条件は引越業者によって異なるので、複数社の見積もりを比較するとよい
  • 単身パックの料金を比較するなら「一括見積もりサービス」を利用すると便利

引っ越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安い引っ越しプランの見積もり料金を比較

※引っ越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。 ※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。 ※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。 ※2020年5月現在、クロネコヤマトは家族向けおよび法人向け引っ越しサービスの申し込みを休止しています。

一人暮らしの引っ越しに向けた手続きを紹介

手続きは引っ越しの前後で取り組むことが異なります。以下の表は引っ越しの前後に分けた手続きの一例となります。

引っ越し前
引っ越し後
  • 新居の電気・ガス・
    水道の利用申込
  • 住民票異動の手続き
    (転出届を提出)
  • 郵便の転送届
  • 住民票異動の手続き
    (転出届を提出)
  • 運転免許証の住所変更
  • 学校または会社の住民変更
  • 車庫証明の取得申請
  • パスポート・銀行・
    クレジットカードの住所変更

引っ越し前の手続きは2週間前を目途に、引っ越し後の手続きは2週間以内を目途におこなうとよいでしょう。

また、ガスは閉栓や開栓に立ち会いが必要です。他にも、国民年金や国民健康保険の手続き、印鑑登録など必要に応じて進めましょう。

新居探し~引っ越し完了までにかかる期間は2ヶ月程度

引っ越しは新居探しから始まります。物件選びにかかる時間は人によって異なるものの、スムーズに決まる場合でも数回は不動産会社に足を運ぶことになるでしょう。

また、旧居の管理会社へは、少なくとも1ヶ月前までに退去を知らせましょう。物件によっては2ヶ月前までに知らせるよう定めている場合もあるので、まずは契約書を確認してください。

物件選びに時間がかかることも想定して、準備は2ヶ月前から始めたいところです。

引っ越しの費用はいくら?新居の契約には仲介手数料や前家賃なども必要

新居の契約には、敷金・礼金の他にも、不動産会社へ支払う仲介手数料、火災保険料、前家賃などを支払う必要があります。これらを初期費用といいます。

  • 敷金…部屋を退去する際の原状回復費で、相場は家賃1ヶ月分
  • 礼金…物件の所有者への謝礼で、相場は家賃の1~2ヶ月分
  • 仲介手数料…不動産会社へ支払う手数料で、相場は家賃の半月~1ヶ月分
  • 火災保険料…火災や風災、水漏れ、盗難などのトラブルに備えて加入する
  • 前家賃…入居月と翌月分の家賃で、入居月は日割り計算

初期費用の相場は家賃の5倍と言われています。55,000円の物件を契約する場合は、以下の出費を予定しておきましょう。

家賃55,000円の物件の初期費用(相場)
敷金 55,000円
礼金 55,000~110,000円
火災保険 8,000~10,000円
仲介手数料 27,500~55,000円
前家賃 ~110,000円(入居月は日割り)

初期費用を値下げするのは困難です。初期費用を下げられないのであれば、引っ越し費用を節約することになります。

一人暮らしで、荷物の量も少ないなら、単身パックや安い単身者向けプランを検討しましょう。ただし、選ぶ引越業者によっては数万円の価格差が出てしまいます。

引っ越し費用は、運ぶ距離や荷物の量で変動します。また、同じ条件でも、引越業者によって数万円の差が生じることもあります。

自分に合ったプランで、安いサービスを探すなら、一括見積もりサービスを活用するといいでしょう。

単身向けプランを料金で比較

次に、引越業者の選び方について紹介していきます。

引っ越して一人暮らしするなら!見積もりの安い業者を選ぼう

新居にかかる初期費用を抑えることは困難です。予算を抑えたいなら、引越業者をしっかりと比較・検討しましょう。

荷物の少ない一人暮らしなら単身パックが向いています。引越業者の専用ボックスに荷物を積むプランです。

単身パックの料金は引越業者ごとに異なります。複数社を比較することが重要です。

単身パックの料金相場(専用ボックス1本の目安)
単身パックS(日通) 18,000円~
超ミニ引越しプラン(アリさんマーク) 20,000円~
わたしの引越(ヤマト) 20,000円~
小口便引越サービス(佐川)※長距離プラン 44,000円~

実際には、荷物の量、運ぶ距離などによって見積額が変動します。また、土日祝日の作業などであれあ、追加料金も発生するでしょう。

自分に合ったプランを選ぶためにも、複数社に見積もりを依頼することが大事です。一社ずつ連絡するのは手間なので、一括見積もりサービスを活用すると便利ですよ。

一括見積もりサービスなら、旧居と新居の住所を入力し、運びたい荷物を選べば、複数社の見積もりを受け取ることができます。フォーム送信後1分ほどでメールが届くので、時間も手間もかかりません。

単身向けプランを料金で比較

さらに値下げ交渉をしたいなら

引越業者によっては、見積額を確定するにあたり訪問見積もりが必要です。訪問見積もりの機会を利用して、値下げ交渉を試みてみましょう。

まずWebで一括見積もりサービスを利用し、複数社の見積もりを手に入れます。その中で気になった引越業者があれば、訪問見積もりの日時を決めましょう。

訪問見積もりの際には、他社にも安いプランがあると知らせ、どちらにしようか迷っていると伝えます。例えば、繁忙期以外の平日に引っ越すのであれば、引越業者も値下げ交渉に応じてくれるかもしれません。

また、訪問見積もりの際には、実際に運んでもらう荷物を正確に伝えるようにしましょう。専用ボックスやトラックに積む荷物量がわかれば、場合によっては見積額が下がるかもしれません。

一人暮らしの荷物はダンボール何箱?

一人暮らしの荷物量は、一体どれほどなのでしょうか。実家から出る場合なら洋服や小物がほとんどですが、もともと一人暮らしをしていたなら、家具や家電も運ぶ必要があります。

日通では、単身パック(S・L)の専用ボックスに積める荷物の例を紹介しています。引っ越しに必要なダンボールの目安になるでしょう。

日通「単身パックS」の専用ボックスに積める荷物例
冷蔵庫(2ドア・109リットル)、薄型テレビ(20インチ)、テレビ台(小)、電子レンジ、掃除機、カラーボックス(3段)、姿見、布団、ダンボールMサイズ(4個)

ダンボールは引越業者のスタッフが必要な箱数を計算してくれます。ダンボール10~20箱程度であれば、無料で提供してくれる引越業者も少なくありません。

ただし、中には梱包資材が有料の会社もあるので、見積もりの際にはよく確認しましょう。また、荷物量を減らせば引っ越し費用も下がるので、不用品はこれを機会に断捨離するといいですね。

引っ越し先が決まったら一括見積もりサービスへ

ここまで、一人暮らしの引っ越しについて見てきました。

引っ越しには、大きく分けて初期費用と引っ越し費用が必要です。このうち、支出を抑えやすいのは引っ越し費用でしょう。

家賃55,000円の物件に引っ越す場合(相場)
初期費用 敷金 55,000円
礼金 55,000~110,000円
火災保険 8,000~10,000円
仲介手数料 27,500~55,000円
前家賃 ~110,000円(入居月は日割り)
引っ越し費用 単身者向けプラン 10,000~60,000円
不用品廃棄など※ 200円~

※粗大ゴミの回収量は自治体よって異なる

一人暮らしで、運ぶ荷物も少量なら、専用ボックスに荷物を収める単身パックを検討してみましょう。

ただし、同じ単身パックでも引越業者によって料金や条件が異なります。複数社の見積もりを比較することで、より安い、自分に合ったプランを探すことができるでしょう。

一括見積もりサービスなら、Web上でフォームを送信するだけで、手軽に見積もりを受け取ることができます。270以上の引越業者から、条件に合ったプランを紹介してくれますよ。

単身向けプランを料金で比較

【一人暮らしの引っ越しなら単身パック】

  • 引っ越しには初期費用と引っ越し費用がかかるが、初期費用を抑えることは難しい
  • 一人暮らしの引っ越しなら単身パックを検討しよう
  • 単身パックの料金や条件は引越業者によって異なるので、複数社の見積もりを比較するとよい
  • 単身パックの料金を比較するなら「一括見積もりサービス」を利用すると便利

引っ越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安い引っ越しプランの見積もり料金を比較

※引っ越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。 ※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。 ※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。 ※2020年5月現在、クロネコヤマトは家族向けおよび法人向け引っ越しサービスの申し込みを休止しています。

関連記事

引越しを機にNHKを解約することって可能?その手続きについて解説

「引越しするからNHKを解約したい」 「NHKを…

意外とたくさん!?引っ越しのときに必要な書類について

「引っ越し」というと、多くの人が荷物をまとめてトラックで運搬するというイメージを思い浮かべるでし…

引っ越し後の電話番号は変更すべき?チェックすべき4つのポイント

「引っ越し後に電話番号は変わるの?」 「電話番号を変えたくない場合はど…

児童扶養手当は引越し時に手続きが必要!子どもに関する手当の注意点

「ひとり親家庭で引越し費用が厳しい…」 「…

同じ市内の引越しに必要な手続きは?やることリストと料金相場まとめ

近場の引越しって手続き何すればいいの?普通の引越しと何か違うのかな?

無料の一括見積もりで
引っ越し料金が安くなる

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引っ越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

レイクALSA

  • 15秒で審査結果表示
  • 必要な金額だけ借りられる
※15秒は最短時間になります。21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

公式サイトはこちら

ネット環境がないなら
速い光回線

NURO光

  • 45,000円キャッシュバック
  • 基本工事費実質無料

公式サイトはこちら

おすすめ記事

カテゴリー一覧