引越しで単身パックを利用してベッドを運んでもらう方法

単身で引っ越しを行う人の中には、単身パックの利用を検討している人も多いと思います。決められたカーゴに積むことのできる荷物しか運ぶことができないというデメリットはあるものの、安い料金で引っ越しを行うことができるので、単身者には人気の高いパックです。

単身パックを利用する際に気になるのは、やはり大きな荷物の存在です。特に最近ではベッドを利用している人も多いと思いますが、ベッドは単身パックで運ぶことは可能なのでしょうか。

そこで今回はベッドは単身パックで運べるのか否かということや、もし運んでくれるのであれば、その際の注意点などについてまとめていきます。

ベッドが運べるかどうかというのは非常に大きなポイントだと思うので、単身パックの利用を検討している人は、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

単身パックで引越し業者はベッドを運んでくれるのか

単身パックと言えば、決まった量の荷物しか運ぶことができないというイメージがありますが、分類で言えば「大型家具」に当てはまるベッドを、単身パックで運ぶことは可能なのでしょうか。

単身パックで大型家具であるベッドも運んでくれる?

単身パックでベッドを運んでくれるかというのは、まさに「ケースバイケース」です。そもそも単身パックというのは、引っ越し業者が用意してくれるコンテナなりカーゴなりに、積める分の荷物だけ運搬しますよ、というパックのことです。

ということはそのコンテナにベッドを積むことができれば「運べる」ということになるでしょうし、積めない場合には「運べない」ということになります。

各々が使っているベッドの大きさや、各引っ越し業者が単身パックで準備しているコンテナの大きさというのはまちまちですから、同じ人が引っ越す場合でも「A社の単身パックではベッドが運べたけど、B社の単身パックでは無理だった」ということもあり得ます。

単身パックで利用できるコンテナの大きさは、各引っ越し業者のホームページに記載されていますので、その大きさと自分のベッドの大きさをよく見比べて、ベッドの運搬が可能かどうかを判断するといいでしょう。

また、ベッドにはスチールベッドや木製ベッド、マットレスのベッドなど様々な種類のものがあります。コンテナに入りさえすれば、材質に関わらず運搬してくれるのかという点も気になります。

これに関しても答えは「積めさえすればOK」です。ただし、コンテナには色々な荷物が積み込まれることになるため、荷物はぎゅうぎゅう詰めになります。

そのため、もしベッドが弱い材質のものだった場合は、普段とは違う方向から力を受けて変形してしまうということもあり得ます。これはベッドに限ったことではありませんが、単身パックを利用する場合には総じて注意しておかなければならない点です。

単身パックでベッドを依頼することのデメリットはある?

単身パックでベッドを運べるかどうかというのは、状況によって変わってきそうだということが分かりました。では、そもそも単身パックでベッドを運搬してもらうことに何かデメリットはあるのか、ということを考えていきましょう。

・分解の手間がかかる可能性がある

後で詳しくご説明しますが、いくつかのパーツを組み合わせて作るベッドの場合には、ベッドをそのまま運搬するのは無理でも、分解してパーツごとにすれば運搬できるという場合があります。

しかしその際には、引っ越し前にベッドを自分で分解しなければならないという手間が発生します。ただでさえ忙しくなる引っ越し作業中に、ベッドの分解なんていう大仕事が増えてしまうのはデメリットでしょう。

・そもそも分解に費用がかかる可能性も

外国製のベッドやデザイン性にこだわったベッドなど、ベッド自体が特殊なベッドの場合は、自分では分解できない場合があります。

そういった場合は、下見の際に引っ越し業者の人に頼んでおけば、ベッド専門の業者の人に分解をお願いしてくれる場合があります。ただ、専門業者にお願いする分料金が余分にかかりますし、それだけ特殊なベッドなので、いざ新居でベッドを組み立て直すときに、自分の手には負えないという可能性があります。

・料金が割高になる

どうやっても単身パックのコンテナの中に、ベッドが納まらないという場合には、ベッドの運搬は別料金になることがあります。単身パックでの運搬とベッドの運搬を別々に行うぐらいなら、そもそも単身パックを利用せずに引っ越しをしたほうが、料金が安くなる可能性すらあります。

ベッドがコンテナの中に入らなさそうだということが事前に分かっているのであれば、引っ越し業者の人に下見に来てもらった時に、「単身パック+ベッド」と「単身パックを使わずに引っ越しを行う場合」の見積もりをそれぞれ出してもらうといいでしょう。

以上が、単身パックでベッドを運ぼうと思う際に考え得るデメリットでした。デメリットを回避するには、そもそも単身パックを利用しないようにするしかない、というものばかりでしたが、どこに落としどころを見つけるのかということが、1つポイントになってくると思います。

単身パックでベッドを運んでもらう際の荷造り方法

では単身パックでベッドを運ぶ際の荷造りについて考えていきましょう。分解の有無含めて、ベッドによって何か差異があるのでしょうか。

ベッドは分解しなければいけないのか。

まずはベッドを分解しなければならないのかどうかについてです。これに関しては、分解しなければコンテナの中に納まらないのであれば、分解する必要があります。

分解しなくてもコンテナの中に収まるのであれば、分解するかしないかは自由です。コンテナに積める分の荷物だけ運搬する、という単身パックのルールを守りさえすればOKです。

ただ、アルミベッドやパイプ式ベッドの場合は、作りが弱い部分もあるので、分解せずにそのまま単身パックに積んでしまうと、運搬中に一緒に積まれている荷物から予期せぬ圧力がかかり、変形してしまう可能性も想定されます。

そういった可能性が不安な場合には、サイズ的には分解しないで運搬できる場合でも、分解しておいたほうがいいかもしれませんね。

ベッドの種類によって荷造り方法は違うのか

ではベッドによって荷造り方法は異なるのでしょうか。これはベッドの材質・大きさというよりは、構造別で荷造り方法が異なるといったほうがいいでしょう。

ベッドは大きく分けると「分解できる」「折りたためる」「分解も折りたたみもできない」という3つの種類に分けることができます。それぞれについての荷造りの方法を見ていきましょう。

・分解できるベッド

分解できるベッドに関しては、ベッドという感覚は持たなくてOKです。「少し幅を取るパーツの集合体」だと思ってもらえるといいでしょう。

荷造りに関しては、尖っている部分があればそこを緩衝剤のようなもので覆った上で、コンテナに積むのが手っ取り早いです。小さいパーツに関しては段ボールにまとめて詰めてしまってもいいかもしれません。その際には分解前にはどのようなパーツがあったかをメモするなどして、再度組み立てる時にテンパらないようにすることが大事です。

・折りたためるベッド

折りたためるベッドに関しては、折りたたんだ上で、周囲を毛布か何かで覆っておくのが一番安全です。折りたたみベッドは、折りたたんだ際に思わぬところに突起があるため、一緒に運搬するものを傷つけたり、運搬の最中に自分や引っ越し業者の人を傷つけることがあります。

そのため、可能であれば布のようなもので覆っておいたほうがいいのです。

・分解も折りたたみもできないベッド

特にマットレスのベッドなどはこのパターンが多いですね。

分解も折りたたみもできない以上、そのまま運ぶしかありません。強いて言うならベッドが汚れないように、折りたたみベッドの時と同じように周囲を毛布等で覆うぐらいでしょうか。

以上がベッドの種類ごとの荷造り方法の違いでした。

そもそも単身パックを利用するという段階で、ワイドサイズやキングサイズのベッドは考慮に入りません。そういったベッドを利用している場合は、素直に単身パックの利用を諦めるのが無難です。

ベットの運搬を宅配便に依頼すれば料金は安くなる?

では最後は、ベッドの運搬をそもそも引っ越し業者に依頼しない場合を検討していきましょう。引っ越し業者以外で荷物を運んでくれそうな業者というと、代表的なところでは宅配便になるでしょうか。

引っ越し業者に依頼するのと宅配便に依頼するのでは、どちらのほうが安くベッドを運搬できるのでしょうか。

ベッドの運搬は引越し業者か?宅配便か?

ベッドの運搬を引っ越し業者に依頼するか、宅配便や赤帽などにお願いするかに関しては、まずはベッドが単身パックに収まるかどうかというのが最も大きな争点になります。

ベッドが単身パックに収まるのであれば、単身パックを利用する方が間違いなく安くなります。宅配便でベッドを運搬してもらおうと思う場合でも、他の荷物は引っ越し業者にお願いすることになるはずですので、単身パックにベッドも収まるという条件でわざわざ宅配便を利用するメリットはありません。

問題は単身パックにベッドが納まらない場合です。この場合は単身パックを利用するのであれば、「単身パック+ベッドは別料金で運搬」という形になるでしょう。

この「別料金」が宅配便に頼んだ場合よりも安いのかどうかというのが重要になってきます。ただここで問題なのが、単身パックは既定のコンテナに入りきらなかった分の荷物に関しては、別途運搬してもらえるが、追加料金がかなり高いということなのです。

具体的な料金に関しては、ホームページでの記載もありませんし、別途運ぶことになる荷物の大きさや種類にもよりますが、ベッド程度の大きさのものだと東京~大阪間の引っ越しで3万円前後の追加料金がかかる場合が多いようです。

では同じ距離のベッドの運搬を宅配便にお願いしたらどうなるでしょうか。クロネコヤマトを利用する場合で考えてみます。

クロネコヤマトには大型の家具や家電を配送するための「らくらく家財宅急便」というサービスがあります。このサービスは、運ぶ荷物の大きさによって、SSランク~Gランクまでのサイズ分けがあるのですが、一人用のベッドであればせいぜいDランク(高さ+幅+奥行きの合計が300cmまで)かEランク(同350cmまで)、大きくてもFランク(同400cmまで)程度のものでしょう。

それぞれのランクで、大阪~東京間で荷物の運搬を行った場合の料金は、Dランク11,250円、Eランク17,750円、Fランク23,950円となり、宅配便を利用した方が安いという結果になりました。

以上のことから、ベッドは単身パックのコンテナに収まる限りは単身パックを利用した方が安くなり、単身パックに入りきらない場合にはベッドだけ宅配便などを利用して運搬した方が安くなる、と言うことができるでしょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引っ越し単身パックの料金相場を紹介!業者別で運べる荷物量も比較!

単身パックと聞くと、少ない荷物を安く引っ越す ことができるサービスというイメージが強いですよね。で…

単身引越しにかかる料金を1円でも安くしたいなら

引っ越しには何かとお金がかかります。不動産屋に払う敷金礼金、新しい家具、そして引っ越しにかかるお金…

一人暮らしの引越しマニュアル!業者への見積り方法と料金相場

一人暮らしをしていると、頼れる近親者がすぐ近くにいないため、引越し業者とのコンタクトや引越しの準備…

単身での引越し料金の金額を安くしよう

単身赴任に、大学入学にあたっての初めての一人暮らしなど、単身で引っ越しを行う機会というものは意外…

引越しの単身パックの相場はいくらか知っていますか?

単身者が引っ越しをする際に、お世話になることも多い単身パックですが、引っ越し業者によってサービス…