引っ越し見積もりには注意点しかない?お得に引っ越すコツ5つ

「引っ越し見積もり初めてでわかんない…うまくできるかな…」
「どうすればお得な見積もりが取れるの?」

人生において、数回しかしないのが引っ越し。
だからこそ、引っ越し料金やお得な見積もりの取り方がわからない人も多いでしょう。

引越業者に支払う費用は無視できません。引っ越し費用の決定は、当然ながら見積もりの時点が大きなポイントとなります。

実は、費用を抑えて引っ越すためには、見積もりの取り方にもコツがあるのです。

ここでは、引っ越しの見積もりを取るときに気をつけるべき注意点について、具体的なシーンを想定してまとめました。

引っ越しの見積もりは注意点だらけ!これだけはチェックしよう!

  1. 自分の状況を洗い出して、3社以上の相見積もりを取る
  2. 訪問見積もり時には、できるだけ安くできるか交渉をする
  3. 複数業者を比較して料金とサービス内容を見比べる
  4. まずは、「一括見積もりサイト」を利用して業者比較と最安値を把握してみる

引っ越し料金をグッと安くするためには、業者比較を行って最安値を見つけることが、賢明な方法です。

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安い引越しプランの見積もり料金を比較

※引越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。 ※2020年5月現在、クロネコヤマトは家族向けおよび法人向け引越しサービスの申し込みを休止しています。

【引っ越し見積もり注意点①】複数業者から相見積もりを取るときは?

複数の業者から相見積もりを取る前には、引っ越し費用の内訳(基礎運賃、実費、オプションサービスの料金)を知っておく必要があります。

「一括見積もりサイト」を利用すると、自分の条件に合った業者から見積もりが届く仕組みになります。その中から、さらに絞り込んだうえで「訪問見積もり」を受ける業者を決めていきます。

訪問見積もりを受ける業者は「3社以上」が理想ですが、多すぎない程度に抑えることも大切です。

電話のみで契約を促す業者はNG。訪問見積もりをしてくれる業者を選びましょう。また、国の認可を受けている信頼ある業者と契約することが大切です。

「一括見積もりサイト」の中には、引越業者の登録条件として「国の認可」を挙げているところもあるため、不法な業者に出会う可能性が少なくなります。

一括見積もりで業者比較

【引っ越し見積もり注意点②】訪問見積もり依頼時の注意点とは?

訪問見積もりを受けるときの立ち会いは代理人でも可能ですが、引っ越し時の条件交渉をするためにも本人が立ち会うことが大切です。

訪問見積もりにかかる時間は荷物量にもよりますが、時間的余裕がない場合は、こちらから終了時間をお願いするとよいでしょう。

また、少しでも早く料金を知りたくなりますが、料金だけ聞くのはマナー違反です。荷物をすべて確認してからでないと正式な見積もりができないからです。

そのとき、提示された料金が高いかどうか判断するためにも、引っ越し関連サイトなどを利用して、事前に相場料金を把握しておくことが重要になります。

訪問見積もり当日に気をつけること

訪問見積もりを受ける大きな目的は、引越業者の営業スタッフに実際の荷物を確認してもらうことです。そのときは、荷物量を正確に把握してもらうためにも片付けが必要です。

見られたくない荷物があるときは、業者に見られることがない場所(お風呂やトイレ)に一時的に収納しておきましょう。 また、押し入れやクローゼットにある荷物は、リスト化しておく方法もあります。

ただし、申告漏れがあるとトラックに積み切れないほか、運んでもらえない可能性も出てきますので、その点には注意が必要になります。

訪問見積もりをキャンセルしたいとき

「一括見積もりサイト」を経由すると複数の引越業者から見積もりが届きますが、中には、深夜の時間帯に電話をしてきたり、何度も電話をしてきたりする業者もあります。

訪問見積もりをキャンセルしたいときは、他の業者と契約したことや、引っ越し自体がなくなったことを伝えることも考えましょう。

家族で引っ越す場合は、家族の知り合いと契約したなどを理由に断っても良いでしょう。 また、訪問見積もりを受けた後、契約しないと決めた業者には早めに連絡を入れる必要があります。

【引っ越し見積もり注意点③】見積書を確認するときのチェックポイント

引越業者の見積もりには、電話やサイトを通じて行う「概算見積もり」と、訪問見積もりによる「正式見積もり」があります。

つまり、荷物を確認するまでは正式な金額が計算できないのです。単身パックは訪問見積もりなしで契約できますが、それ以外は訪問見積もりを受けてから契約する運びになります。

訪問見積もり時には、見積書の明細についてきちんと確認を行うほか、荷物の補償など疑問点を解消することが大切です。「家財チェックリスト」や「標準引越運送約款」など、重要書類ももらいましょう。

【引っ越し見積もり注意点④】ダンボールをもらうときも注意が必要

荷造りに不可欠なダンボール箱は、引越業者の無料サービスに含まれている場合が少なくありません。

ただし、枚数に制限があるところや、有料のところもあるため、引っ越しに慣れている人も注意が必要です。

また、訪問見積もり時に置いていく業者もいますが、契約前にダンボールをもらうとトラブルのもとになるため絶対にやめましょう。

【引っ越し見積もり注意点⑤】できるだけ料金を安くするコツとは?

引っ越し料金は、引越業者によって異なります。そのため、1社の見積もりだけを見て契約するのではなく、複数社から見積もりを受けることがコツです。

複数社の見積もりを比較することで、各業者から提示された料金が相場的にどうなのか判断の目安にもなります。

そのためには、住所や荷物量、引っ越し日などの情報入力が一度で済む「一括見積もりサイト」を賢く利用しましょう。

一括見積もりで業者比較

【引っ越しの見積もりは注意点だらけ!これだけはチェックしよう!】

  1. 自分の状況を洗い出して、3社以上の相見積もりを取る
  2. 訪問見積もり時には、できるだけ安くできるか交渉をする
  3. 複数業者を比較して料金とサービス内容を見比べる
  4. まずは、「一括見積もりサイト」を利用して業者比較と最安値を把握してみる

引っ越し料金をグッと安くするためには、業者比較を行って最安値を見つけることが、賢明な方法です。

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安い引越しプランの見積もり料金を比較

※引越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。 ※2020年5月現在、クロネコヤマトは家族向けおよび法人向け引越しサービスの申し込みを休止しています。

関連記事

離婚のため引越しが必要になったら?離婚手続きと引越し手続きにつ…

「離婚が決まったら、どのような手続きが必要なの?」「

引越業者&便利屋!価格・サービスを徹底比較

「引越し作業って便利屋にお願いできるの?」

長距離引越しの人必見!コンテナ便の料金相場・おすすめ引越業者ま…

「コンテナ便って、トラック便よりも安く運んでくれるの?」

同棲の引越し費用を少しでも安くするなら一括見積もりがおすすめ

「同棲するのは楽しみだけど、引越しは大変そう…」

生活保護受給者は引越し費用をどうしてる?住宅扶助の支給について

「生活保護を受給していても引越しできる?」 「

無料の一括見積もりで
引っ越し料金が安くなる

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引っ越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

レイクALSA

  • 15秒で審査結果表示
  • 必要な金額だけ借りられる
※15秒は最短時間になります。21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

公式サイトはこちら

ネット環境がないなら
速い光回線

NURO光

  • 45,000円キャッシュバック
  • 基本工事費実質無料

公式サイトはこちら

おすすめ記事

カテゴリー一覧