引越し見積もりには注意点しかない?損なくお得に引越すコツ5選

引越し見積もりの注意点とは

「引越し見積もり初めてでわかんない…うまくできるかな…」
「どうすればお得な見積もりが取れるの?」

人生において、数回しかしないのが引越し。
だからこそ、引越し料金やお得な見積もりの取り方が分からない人も多いでしょう。

引越し業者に支払う費用は無視できません。引越し費用の決定は、当然ながら見積もりの時点が大きなポイントとなります。

実は、安く引越すための見積もりの取り方にもコツがあるのです。

ここでは、引越しの見積もりをするときに気を付けるべき注意点について、具体的なシーンを想定してまとめました。

引越しの見積もりは注意点だらけ!これだけはチェックしよう!

  1. 自分の状況を洗い出して、3社以上の相見積もりを取る
  2. 訪問見積もり時には、出来るだけ安くできるか交渉をする
  3. 複数業者を比較して料金とサービス内容を見比べる
  4. まずは、「一括見積もりサイト」を利用して業者比較と最安値を把握してみる

引越し料金をグッと安くするためには、業者比較を行って最安値を見つけることが、現状の最も賢明な方法です。

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

【引越し見積もり注意点①】複数業者で相見積もりするときは?

複数の業者で相見積もりする前には、引越し費用の内訳(基礎運賃、実費、オプションサービス)を知っておく必要があります。

「一括見積もりサイト」を利用すると、自分の条件に合った業者から見積もりが届く仕組みになります。その中から、さらに絞り込んだ上で「訪問見積もり」を受ける業者を決めていきます。

訪問見積もりを受ける業者は「3社以上」が理想ですが、多すぎない程度に抑えることも大切です。

電話のみで契約を促す業者はNG!訪問見積もりをしてくれる業者を選びましょう。また、国の認可を受けている信頼ある業者と契約することが大切です。

「一括見積もりサイト」の中には、引越し業者の登録条件として「国の認可」を挙げているところもあるため、不法な業者に出会う可能性が少なくなります。

一括見積もりで業者比較

【引越し見積もり注意点②】訪問見積もり依頼時の注意点とは?

訪問見積もりを受けるときの立ち会いは代理人でも可能ですが、引越し時の条件交渉をするためにも本人が立ち会うことが大切です。

訪問見積もりに掛かる時間は荷物量にもよりますが、時間的余裕がない場合は、こちらから終了時間をお願いするとよいでしょう。

また、少しでも早く料金を知りたくなりますが、料金だけ聞くのはマナー違反です。荷物をすべて確認してからでないと正式な見積もりができないからです。

そのとき、提示された料金が高いかどうか判断するためにも、引越し関連サイトなどを利用して、事前に相場料金を把握しておくことが重要になります。

訪問見積もり当日に気を付けること

訪問見積もりを受ける大きな目的は、引越し業者の営業マンに荷物の現物を確認してもらうことです。そのときは、荷物量を正確に把握してもらえるためにも片付けが必要です。

見られたくない荷物があるときは、業者に見られることがない場所(お風呂やトイレ)に一時的に収納しておきましょう。 また、押し入れやクローゼットにある荷物は、リスト化しておく方法もあります。

ただし、申告漏れがあるとトラックに積みきれないほか、運んでもらえない可能性もでてきますので、その点には注意が必要になります。

訪問見積もりをキャンセルしたいとき

「一括見積もりサイト」を経由すると複数の引越し業者から見積もりが届きますが、中には、深夜の時間帯に電話をしたり、何度も電話をしたりする業者もあります。

そういった、しつこい業者に捕まらないためには、有無を言わせないような理由ではっきり断ることが大切です。

もし、少しでも曖昧な態度を見せると収拾がつかなくなります。断り文句にはいろいろありますが、ほかの業者と契約したことを伝えることも考えましょう。

家族で引越す場合は、家族の知り合いと契約したなどを断り文句にしてもよいですね。 また、訪問見積もりを受けた後、契約しないと決めた業者には連絡を入れる必要がでてきます。

【引越し見積もり注意点③】見積書を確認するときのチェックポイント

引越し業者の見積もりには、電話やサイトを通じて行う「概算見積もり」と、訪問見積もりによる「正式見積もり」があります。

つまり、荷物を確認するまでは正式な金額が計算できないのです。単身パックは訪問見積もりなしで契約できますが、それ以外は訪問見積もりを受けてから契約する運びになります。

訪問見積もり時には、見積書の明細についてきちんと確認を行うほか、荷物の保障など疑問点を解消することが大切です。「家財チェックリスト」や「標準引越し運送約款」など、重要書類も貰いましょう。

【引越し見積もり注意点④】ダンボールを貰う時も油断禁物!

荷造りに不可欠なダンボール箱は、引越し業者の無料サービスに含まれている場合が少なくありません。

ただし、枚数に制限があるところや、有料のところもあるため、引越しに慣れている人も油断禁物です。

また、訪問見積もり時に置いていく業者もいますが、契約前にダンボールを貰うとトラブルの元になるため絶対にやめましょう。

【引越し見積もり注意点⑤】限界まで料金を安くするコツとは?

引越し料金は、引越し業者個々によって異なります。そのため、1社の見積もりだけで契約するのではなく、複数社から見積もりを受けることがコツです。

複数の見積もりを比較することで、各業者から提示された料金が相場的にどうなのか判断の目安にもなります。

そのためには、住所や荷物量、引越し日などの情報入力が一度で済む「一括見積もりサイト」を賢く利用しましょう。

一括見積もりで業者比較

【引越しの見積もりは注意点だらけ!これだけはチェックしよう!】

  1. 自分の状況を洗い出して、3社以上の相見積もりを取る
  2. 訪問見積もり時には、出来るだけ安くできるか交渉をする
  3. 複数業者を比較して料金とサービス内容を見比べる
  4. まずは、「一括見積もりサイト」を利用して業者比較と最安値を把握してみる

引越し料金をグッと安くするためには、業者比較を行って最安値を見つけることが、現状の最も賢明な方法です。

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

訪問なしの引越し見積もりをする人は損?値引きして最安値にするコツ

「訪問見積りって何?時間かかりそうだしめんどくさい…」 「訪問見積りを…

引越しの訪問見積もり時のお茶事情… お茶やお菓子は出すべき?

「引越し業者が見積もり訪問に来るけど、お茶はどうしよう?」「お茶は出…

部屋がめっちゃ汚い…引越し見積りの際に不利益だらけ?コツ教えて!

「ゴミ屋敷レベルだけど引越し見積もり取れるの?」 「部屋が汚い分、引越…

引越しの見積もり時期っていつがいいの?相場と業者依頼の注意点5つ

引越し日は大体決まってるけど、見積もりっていつすればいいの? 引…

引越しは少しでも安い業者に依頼したい!見積もりを安くする方法とは

転居時には何かとお金がかかりますから、引越しにかかる費用もできる限り抑えたいものですよね。できれば…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事