引越しを機にナンバープレートを変更しなきゃ損?手続きや費用まとめ

引越しに伴う車のナンバープレート変更は必要?

「ナンバープレート変更って面倒くさい!」
「手続きも費用もかかるし、やらなきゃならないの?」

車のナンバープレートには、数字やひらがなの他に場所の名前が記載されていて、引越し時に変更に悩む人も多いようです。

引越しに伴ってナンバープレートの変更も手続きの一種です。転勤族にとっては非常に厄介な手間ですよね。

そこで今回は、ナンバープレートの交換方法、各種手続きを車種別に詳しく解説していきます。

車のナンバープレート変更方法はこれで解決!


  1. 普通車は、5,000円前後かかって揃える書類も非常に多い
  2. 軽自動車は、3,000円前後の費用と、別に「軽自動車税申告書」が必要となる
  3. 原付やバイクは、1,000円前後の費用と、「軽自動車税申告書」及び「自賠責証書」も必要
  4. ETC設定を忘れると利用できない場合もあるため、車専門店にてセットアップをしてもらう必要がある
  5. 住所変更を怠ってしまうと、最悪な場合、罰金の対象となる

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

普通車ナンバー変更方法!必要書類や費用など申請手続きは?

普通車のナンバープレート変更

普通自動車や軽自動車、バイクなどの種類によって、必要書類や手続きにかかる費用は変わってきます。

普通自動車のナンバー変更に必要なものは、必要書類と手続きにかかる費用です。

費用がかかるものは、変更手数料(350円)、ナンバープレート代(1,700円前後)のほか、住民票(300円前後)、車庫証明(2,600円前後)、手数料納付書と申請書にもそれぞれ100円程度かかります。

それ以外にも、希望するナンバーを取得したければ、別途5,000円程度かかります。かかる費用は地域によって若干差があるので、手続きに行く際は少し財布に余裕を持ちながらにしましょう。

希望するナンバーがなければ、だいたい5,000円前後、ナンバーを希望するなら1万円が目安となります。

以下、手続きに必要な書類一覧です。

<普通自動車のナンバープレート変更に必要なもの>

  • 印鑑
  • 車庫証明(1ヶ月以内)
  • 新住所の住民票(3ヶ月以内)
  • 手数料納付書
  • 申請書
  • 車検証
  • 自動車税証明書
  • 自動車取得税申請書

書類を提出して手続きを済ませた後は、新しい車検証を受け取ります。その後は古いナンバープレートを外し、返納しましょう。

プレートを外している間は公道を走ることはできません。新しいプレートが交付されたら、車に取り付けて完了です。

軽自動車のナンバー変更方法!必要書類や費用は?

軽自動車のナンバープレート変更

軽自動車のナンバー変更の手続きは、普通自動車と若干異なります。

まず、費用内訳は、変更手数料(350円)、ナンバープレート代(およそ1,700円前後)、住民票(300円前後)、車庫証明(500円)、軽自動車税申告書と申請書(それぞれ100円前後)となっています。

軽自動車にかかる車庫証明は、地域によって必要ない場合もあります。

以下、軽自動車の手続き書類一覧です。

<軽自動車のナンバープレート変更に必要なもの>

  • 印鑑
  • 車庫証明(1ヶ月以内)
  • 新住所の住民票(3ヶ月以内)
  • 手数料納付書
  • 申請書
  • 車検証
  • 軽自動車税申告書

手続き方法は、普通自動車とほとんど同様で、新しいプレートが交付されて、それを取り付ければ完了します。かかる費用は合計でおよそ3,000円くらいです。

原付やバイクのナンバー変更方法!必要書類や費用は?

原付やバイクのナンバープレート変更

ナンバープレートの種類は、自動車と原付およびバイクでも違いが生じます。

原付と125cc以下のバイクでは、「印鑑」、「身分証明書」、「廃車申告受付書」、あるいは、「標識交付証明書」が必要になります。

引越し前に前住所を管轄する市町村役場でナンバー変更をする場合は、廃車申告受付書を用意します。

前住所のエリア名が書かれたナンバープレートを外して役所に持って行き、新しいプレートと交換手続きをしましょう。

一方、新住所でナンバープレートを変更する場合は、標識交付証明書を用意します。手続きは新住所を管轄する役所で行います。

いずれの方法でも、ナンバー変更にかかる費用は無料です。126cc以上250cc以下の中・大型バイクでは、必要書類が増え、手続き費用もかかってきます。

以下、原付やバイクの手続き必要書類一覧です。

<原付・バイクのナンバープレート変更に必要なもの>

  • 印鑑
  • 軽自動車届出済証
  • 新住所の住民票(3ヶ月以内)
  • 申請書
  • 自賠責証書
  • 軽自動車税申告書

費用がかかるものは、住民票(300円前後)、申請書と軽自動車税申告書(それぞれ100円程度)、ナンバープレート代(600円前後)で、合計すると1,100円程度になります。

ナンバープレートを変更にETC設定も必要?知っておいて損なし!

引越しの手続きを済ませ、車のナンバープレートも変更したら、もう一つ、車に関することで忘れてはならないものがあります。

それは、ETCの住所変更のためのセットアップです。セットアップを忘れてしまうと車両情報が変わるため、ETCに関わるサービスが利用できなくなってしまいます。

このセットアップは、ETCを別の車に付け替えたり、けん引装置を取り付けたりしたときも行わなければならないので、滅多に行うことはありませんが、知っておいて損ではありません。

ただ、自分でセットアップをすることはできず、セットアップをする店として、認可を受けたカーディーラーやカー用品を売る店などでしか、セットアップができないシステムになっています。

セットアップ登録店には、「ETC四輪」「ETC二輪」「ETC2.0」「普及保護」「オンライン」「オフライン」といった、さまざまなマークが記載されていることがあります。

「ETC四輪」「ETC二輪」はそれぞれ自動車と自動二輪車を表しており、例えば「ETC二輪」の取り扱いがない店では、バイクに搭載されたETCのセットアップができません。

「ETC2.0」マークがあると、ETC2.0と従来のETCのセットアップができますが、ない場合は従来のものしか対応していないことを意味します。

黄色い「普及保護」マークがついた店は、ETC普及のためのキャンペーン店であることを示しているので、割安価格でセットアップができます。

「オンライン」は登録センターへ手続きを送信する方法の違いで、「オンライン」マークがあるとすぐに登録を完了できますが、完了まで1週間ほどかかる場合があります。

セットアップの相場はおよそ3,000円前後となっています。

引越し後に手続きしないとヤバイことに?そのままにすると恐ろしい!

もしも、うっかり忘れて住所変更手続きをしないで過ごしていると、発覚したときに罰金の対象になってしまいます。

しかも罰金は最高で50万円なので、引越しをしたら必ず住所変更手続きを行うようにしましょう。

引越しには煩わしい手続きが多いですが、少しでも負担を軽くするためのコツは、ひとつひとつの作業にかかる手間を少しずつ減らしていくことです。

【車のナンバープレート変更方法はこれで解決!】

  1. 普通車は、5,000円前後かかって揃える書類も非常に多い
  2. 軽自動車は、3,000円前後の費用と、別に「軽自動車税申告書」が必要となる
  3. 原付やバイクは、1,000円前後の費用と、「軽自動車税申告書」及び「自賠責証書」も必要
  4. ETC設定を忘れると利用できない場合もあるため、車専門店にてセットアップをしてもらう必要がある
  5. 住所変更を怠ってしまうと、最悪な場合、罰金の対象となる

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

関連記事

引越し時に転出届とか絶対に出すべきなの?出さないと最悪な場面も!

「転出届とか面倒くさいのに出す必要ある?」

引越しに伴う住民税の手続きとは?転居後の支払い方法について解説!

「引越し後の住民税はどう変わるの?」 「手…

引越しの準備っていつから?絶対失敗しない準備リスト&スケジュール

「引越し準備っていつから始めたらいいの?」 「めっちゃ面倒くさいし、ど…

引越しが決まったときのマイナンバーの変更手続きの方法と注意点

「引越しするときマイナンバーはどうなるの?」 「引越しの時にマイナンバ…

引越し後の銀行口座の住所変更手続き方法とは?必要な書類まとめ

「引越ししたら銀行口座の住所を変更する必要はある?」 「銀行口座の住所…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用が足りないなら
カード払いかキャッシング

楽天カード

  • 引っ越し費用は楽天カードで支払うかキャッシングで現金払い
  • 入会で楽天ポイントプレゼント

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事