深夜に引越しを決行して夜逃げするぞ!業者や費用などリアルな裏話!

深夜の引越し事情

「深夜に引越しをこっそり!スムーズに行いたい」
「料金や業者選びってどうすればいいの?」

実は深夜に引越しを検討している人が意外と多いってご存知ですか?

諸事情によって深夜に引越しをしなければならないと思っていても、準備や業者探しに困るものです。

また引越しはどうしても騒音が出てしまうことから、こっそりと深夜に引越しをすることに不安が募ります。近隣トラブルはなるべく避けたいものです。

そこで、今回の記事では深夜に引越しを行う際のポイントや業者探しのコツなどについて詳しく説明していきます。

深夜の引越しをスムーズに!深夜引越しのポイントまとめ

  1. 深夜に引越しするには事前の荷造りが大事
  2. 深夜の引越しは日中よりも引越し費用が30%以上高くなる
  3. 深夜の引越しは騒音トラブルなどでクレームが発生する場合も
  4. 引越し前に「一括見積もりサイト」を利用して業者と料金を比較して最安値を狙う

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

夜逃げに深夜引越し?対応してくれる業者と準備方法をこっそり伝授

深夜引越しを対応してくれる業者

「深夜」とは何時から何時を指す?

そもそも、「深夜の引越し」に定義はありません。ただ、一般的な考えでいけば、夜の22:00以降の引越しを指すでしょう。

引越し業者のなかには、本当に「夜逃げ」と言っていいような時間帯での引越しを受け持っているところもあります。

依頼は電話、インターネット、メール?

深夜の引越しを希望する場合、電話がスムーズかもしれません。「深夜に引越しすること」が大前提であるのなら、選ぶべき業者の数は少なくなります。

ただ、一度平均相場を確認してから電話でのお問い合わせをした方が交渉もしやすく、スムーズにいきます。そのため、それほど時間がとられません。

また、深夜の引越しを希望する人は諸事情によるものがほとんどなので、業者にある程度の詳しい話をする必要が出てくる場合もあります。

荷造りや手続きなど、あらかじめやっておくこと

深夜の引越しをする場合、業者が到着する前に、荷物を運び出せるようにしておく必要があります。

これは日中の引越しでも同じことが言えますが、深夜帯を希望する場合はもっと切実です。引越しというのは、想像以上に音が出るもので、作業音だけでなく、会話の声もそうです。

「まだ荷物が整理できていなくて」

「どれくらいの時間がかかりますか」

「30分……あっ、すみません!やっぱり1時間ほどです!」

こういった会話は、かなり響きます。そのため、集合住宅だと特に迷惑になってしまいますし、こっそりと深夜の引越しができなくなります。

申し込みをした夜(即日)に引越しはできる?

申込みをしたその日の夜にどうしても引越しをしたい」ということもあるかもしれません。

実はこのような場合でも、対応してくれる業者を見つけることはできます

DVや虐待といった、命に危険のある状況では、加害者がいない隙を見計らってすぐに引越しをしなければなりませんし、諸事情によっては誰にもばれずにこっそり引越しがしたいものです。

「夜逃げ」を扱う会社では、このようなときのために、即日でも引越しができるように手配ができるのです。

深夜の引越しは思わぬトラブルが勃発!トラブル事情と対処方法とは?

引越し時の騒音で隣人、近隣から苦情(クレーム)が来てしまう?

深夜の引越しは、クレームの元でもあります。上でもお話しましたが、引越しは、本人が自覚している以上に音がします。家族持ちでの深夜の引越しならばなおさらです。

たとえば、夜22:00に終わったとして、一応「深夜帯」にはかかるものの、大人ならばほとんどの人が起きている時間ですから、「うるさいなぁ……」と思われる程度で済むかもしれません。

しかし、「22:00からの引越し」ということであれば、引越しが終わるのは真夜中になってしまいます。

立場を変えてみればわかるのですが、真夜中の1:00、2:00まで引越しをしている隣人に、好意的な目を向ける人はいないでしょう。

足音などの騒音を減らす方法は?

業者側は深夜の引越しのノウハウを持っているので、それほど心配することはないでしょう。ただし、念のために、挨拶などは小声で行うようにします。

足音も響くものです。これはある程度は仕方がないところではありますが、せめて、音が鳴りやすい靴を履くのはやめましょう。柔らかい素材のローヒールの靴で引越しをします。

引越し業者に運び入れてもらうような大きな家具以外の家具(小さな机やプラスチックのイショウケースなど)は、搬入後はそのままにしておきましょう。

荷物の整理などは翌日の陽の高いうちに片付ければいいので、深夜に行う引越し作業は最小限に抑えましょう!

ずばり深夜引越しの費用っていくら?お金もなければ希望もないんだ!

お金はないけど深夜に引越しがしたい

日中の引越しに比べると、深夜の引越しは料金が高くなります

値上げの幅は業者によって違いはありますが、「車両留置料」と呼ばれるものに明確な規定があります。

これは、100キロを超える移動距離を移動して引越しをする場合に適用される料金(時間制で計算する場合は除く)ものであり、深夜・早朝で3割増しになる、と定められているのです。
(出展:国土交通省近畿運輸局「引越し料金の仕組み」 )

そのため、これ以上の料金がかかる、と思っておいた方がよいでしょう。

業者との見積もり交渉で安くできる?

深夜の引越しの場合でも、値段交渉は可能です。ただし、深夜の引越しを受け持っている業者は絶対数自体が少ないので、交渉も慎重に行いましょう。

一括見積もりサイトなら、無料でカンタンに複数の引越し業者からの見積もりが可能です。

今すぐ一括見積もりで最安値確認

一括見積もりサイトを利用して複数社に見積もりをとった上で、深夜対応の業者の中で交渉するのが得策でしょう。

深夜引越し可能な業者を激安で探したい!今だけこっそり教えます!

深夜引越し可能な業者の探し方

深夜対応の引越し業者を探すには

一般的な引越しの場合は、「一括見積もりサイト」での見積もりが有効です。ただ、何度か述べている通り、深夜の引越しはそれほどメジャーではありません。

また、なんらかの事情を抱えて引越しをする人がほとんどなので、「深夜 夜逃げ」の専門業者を一度リサーチしてみたり、繁忙期を避けて閑散期に業者を探すとより希望通りいきやすいです。

フリー便を使える業者がおすすめ

さて、「深夜便」に関連して、もう1つ紹介できるプランがあります。それが「フリー便」です。

フリー便というのは、日にちだけを指定して、時間をまったく指定せずに来てもらうサービスです。

フリー便の場合、あなたの元にトラックが来る前に、引越し業者は1~2件の引越しを終わらせていることが多く、後ろにずれこんでしまうことがあり、結果的には「夜の引越し」になることもあるのです。

ただ、フリー便と深夜便ではまったく違います。同じ「夜の引越し」であっても、フリー便の場合は常識的な時間に積み込み作業が始められることが多いようです。

また、深夜便の場合は割増料金がかかりますが、フリー便では、普通に申し込むよりも安くなります

このため、選ぶことが可能なら、フリー便を選択した方がよいと思われますが、閑散期なら、深夜に引越しを希望するとしても安くなる可能性が高いです。

また、一括見積もりサイトで複数社から見積もりをとってさらに引越し代を安くすることも必ずやっておくことです。

今すぐ一括見積もりで最安値確認

【深夜の引越しをスムーズに!深夜引越しのポイントまとめ】

  1. 深夜に引越しするには事前の荷造りが大事
  2. 深夜の引越しは日中よりも引越し費用が30%以上高くなる
  3. 深夜の引越しは騒音トラブルなどでクレームが発生する場合も
  4. 引越し前に「一括見積もりサイト」を利用して業者と料金を比較して最安値を狙う

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり
衝撃の事実

引越し費用は現金払いが一般的…

お金が足りないならカードローンも検討

カードローン 特徴 詳細
アコムバナー
最大30日間無利息 詳細
楽天銀行バナー
入会で楽天ポイント付与 詳細

関連記事

引越しの理由ランキング!男女別・トラブル時の引越し事情ベスト3

「本当の引越し理由は言いづらい…他の人はどんな理由で引越すの?」 「…

転居は大変?引越しする前に知っておきたいこととは

人生の大きな節目にもなる引越し。一度も経験したことがない人がいる一方、何度も経験してきた人もいるの…

引越しを最短で入居できる日数は?最短引越しの手順やポイントまとめ

「来週まで引越さなければならない…最短で何日かかる?」 「最短で引越せ…

初めての引越しと一人暮らし!やるべきことや失敗しないための注意…

初めての一人暮らしには期待することが多いですよね。家族に干渉されずに済む、好きなものを食べられるな…

引越しがめんどくさい時に… 準備や必要な手続きを楽にする方法まとめ

いざ転居するとなると、荷造りや手続きなどがめんどくさく感じられるものです。準備をしようと思っても、…