単身で近距離の引越しを安くスムーズに済ませるコツ!

単身で引越しをする場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。長距離ならかなりお金がかかりそうですが、引越し先が市内や県内などの近距離だった場合、どれくらい安くなるのでしょうか。なかなかイメージがつかない方も多いと思います。そこで、このページでは、単身の方が近距離で引越す場合の費用について詳しく説明していきます。お得な割引情報も紹介しますので最後までお読みください。

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

近距離だし、荷物量も少ないし、自力で運んだほうが早い?

レンタカーでトラックなどを借りて運ぶ方法

近距離で荷物も少ない、という場合、「レンタカーを借りて運ぶ」ということを考える人もいるのではないでしょうか。
この場合、いくらくらい費用がかかるのかを考えてみましょう。

これは業者ごとに違いがありますが、トヨタレンタリースですと、軽トラックのレンタルで、12時間までは5400円、24時間までは7020円となっています。ちなみに、時間を超過した場合は、1時間につき1080円がかかります。

自分たちで引越しをする場合は、ブルーシートなどを使い、車と家具に傷をつけないように気を付けましょう。

自力で荷物を運ぶ場合のメリット・デメリット

レンタカーで引越しをする場合は、費用が安く済むというメリットがあります。長距離の場合は費用が高くなりがちですが、近距離での引越しの場合は、上記でも述べたように、10000円を切る金額で行うことができます。人件費を考えれば、業者に頼むよりも格段に安くなるでしょう。近場での引越しの場合、高速道路も使わないので、交通費も安く済みます。
また、荷物が少ない単身者の場合は、荷物の積み下ろしにかかる時間も少ないですし、家具も軽いものが多いと思われます。そのため、メリットはかなり大きい方法だと言えるでしょう。

ただ、デメリットもあります。
それが、「車や家具を傷つける可能性が0ではない」ということです。荷物の積み下ろしの際に、車や家具に傷がつくというのは、よくある話です。

そのため、

  • 女性だけでの引越し
  • 大切な家具がある

などの場合は避けた方がいいかもしれません。また、引越し経験者が1人は欲しいところです。

晴れの日の場合は自力での引越しもそれほど問題はないのですが、雨の日の自力での引越しはかなり大変。特に軽トラックの場合、荷物を置くスペースは屋根がありません。梅雨の時期などは、借りる車に工夫したり、業者に頼んだりした方がよいでしょう。

業者に頼む場合、お得な単身割引はある?

学生なら学割がきく?

「学割」は非常に強力な割引サービスです。ただ、現在は、主たる会社はこれを大々的には打ち出していません。アート引越センターなどが、「学割パック」という名称で打ち出しているだけです。

ただ、ホームページには書いていないだけで、交渉によって安くなることはあるかもしれません。業者に話してみましょう。

高齢者ならシルバー割引がある?

「学割があるのなら、シルバー割引もあるのではないか……」こう考える人もいるのではないでしょうか。

これは、アーク引越センターの行っているものが有名です。「シニアプラン」として設定されているもので、60歳以上の夫婦を対象としています。引越し料金が最大で20パーセントも割引になるので、大変有用です。

また、アート引越センターでは、「シニアパック」として、60歳以上の家族がいる家庭ならば、一人暮らしに限らず使えるサービスであり、片付けを「整理士」と呼ばれる人が手伝ってくれるサービスです。

ネットで申し込めばWEB割引

電話対応などに割く人件費を軽減できるということで、「WEBでの申し込みで割引をするよ」としている引越し業者の数も少なくありません。クロネコヤマトの引越しの場合は、WEBからの申し込みで2000円オフになります。

このようなサービスは、とっている業者がかなり多いと言えます。まずはインターネットで検索してみましょう。

業者選びのコツ

単身近距離ならやっぱり「赤帽」がおすすめ?

近距離での引越し手段として、「赤帽」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうぁ。これは軽貨物自動車での運搬で、コンパクトな引越しに適しています。また、急ぎの要請にも対応してもらいやすいというメリットがあります。

このような点から、「近距離ならば赤帽を」と考える人も多いのでしょう。

おすすめの業者は?

おすすめの業者は、その人が「引越しに何を望むのか」ということによって違ってきます。
シルバー世帯なら料金の割引が大きいアーク引越センターがおすすめですし、小回りの利く赤帽を使いたい、という人もいるでしょう。スピーディーな引越しをしたい、という人なら、クロネコヤマトがおすすめです。

単身近距離の引越し費用はいくら?

単身近距離の一般的な料金は

単身で、かつ近場での引越しの場合、30000円~45000円くらいで引越しが可能です。
ただし、繁忙期の場合は、これに15000円~20000円くらいの費用が上乗せされます。
いずれにせよ、それほど高くはないので、安心して頼むことができるでしょう。

少しでも価格を安くするために

もっとも安いのは、やはり、レンタカーを使った引越しです。「近場なので何度でも行き来できる」ということであれば、自家用車(普通車以上推奨、理想はワゴン車かトラック)を使う方法をおすすめします。これならば、車に傷が入っても自家用車ですから金銭上の問題はありません。

業者を使うとなれば、相見積もりをとることが第一です。それを手元において、各社と交渉していきましょう。
また、繁忙期は料金が高くなるので、3~4月の引越しは避けるようにします。

荷物は少なくします。「持って行こうかどうか迷っているもの」は、「いらないもの」です。近場ならば、忘れ物や、「これが足りない」というときには後で取りに帰ることができますから、引越しのときに積み込む荷物は最小限にします。

見積り時の交渉のコツ

見積もりを手元において交渉をする場合は、「ほかの業者さんがもっと安くしてくれたので……」と切り出しても失礼にはなりません。これで交渉していきましょう。
また、その会社がオプションで設定しているサービスを利用することを条件として交渉するのも一つの手です。たとえば、エアコンの取り付け工事などです。「エアコンの取り付け工事もお願いするので、引越し料金を少し……」という交渉は極めて有効です。

また、絶対に、怒鳴ったり、言葉を荒げたりしないこと!
丁寧な態度で、自分の要望を柔らかく伝えます。

ちなみに、電話での見積もりなどの場合は、初めに「予算」を伝えておく方法もとても有用です。

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

関連記事

単身と家族の引越し費用を相場より安くしたい?お得なポイントまとめ

「引越しのサービスって単身と家族でどう違うの?」 「単身と家族での引…

単身引越しにかかる費用は「荷物量」で決まるってホント!?

引越しは、簡単に言ってしまえば「荷物を運ぶ」ということにほかなりません。つまり、どれだけの荷物を運…

単身引越しにかかる料金を1円でも安くしたいなら

引越しには何かとお金がかかります。不動産屋に払う敷金礼金、新しい家具、そして引越しにかかるお金です…

長距離の単身引越しをする時、相場はいくらくらいかかる?

引越しをするとき、「距離」はとても大きな要素になります。なぜなら、引越しにかかる日数や費用に大きな…

単身の海外引越しはどうすれば良い? 費用を少しでも抑える方法は?

単身赴任や留学などで海外に単身引越しをする場合、荷物はどうすればいいのでしょう。 国内の有名な業者に…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用が足りないなら
カード払いかキャッシング

楽天カード

  • 引っ越し費用は楽天カードで支払うかキャッシングで現金払い
  • 入会で楽天ポイントプレゼント

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事