単身で近距離の引越しを安くスムーズに済ませるポイント

単身で引越しをする場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

長距離なら費用も高くなりそうですが、引越し先が市内や県内などの近距離の場合は、比較的安く済む可能性もあります。

この記事では、単身者が近距離に引越す場合の費用について説明していきます。お得な割引情報も紹介していますよ。

引越しをするなら、「一括見積もりサービス」を利用しましょう。利用の際は、引越し先や希望日時などを入力するだけでOK。複数社の見積もりを比較することで、自分に合った引越業者をカンタンに見つけることができます。

単身向けプランの見積もり料金を比較

近距離で荷物量が少ない人は、自力で運ぶのも手。ただし注意点も

レンタカーでトラックなどを借りて運ぶ方法

近距離で荷物も少ない場合、レンタカーを借りて運ぼうと考える人もいるのではないでしょうか。この場合の費用を考えてみましょう。

レンタカー業者や車種によって変動しますが、たとえばトヨタレンタカーの場合、いわゆる軽トラを6時間借りると5000円台~1万円台が目安。12時間だと、6000円台~20000円程度です。時間を超過すると、その分の料金が発生します。

自分たちで引越しをする場合は、ブルーシートなどを使い、レンタカーと荷物に傷をつけないように気を配る必要があります。

自力で荷物を運ぶ場合のメリット・デメリット

レンタカーで引越しをする場合は、引越業者に頼むよりも費用が安く済むというメリットがあります。とくに近距離の引越しの場合は、レンタカー代が1万円以内におさまる可能性もあります。引越業者に頼むよりも、格段に安くなるでしょう。ただし、高速道路を利用する場合は交通費が加算されます。

荷物が少ない単身者の場合は、荷物の積み下ろしにかかる時間も短くなります。

ただし、自力で荷物を運ぶデメリットもあります。それは、「レンタカーや家具を傷つける可能性がゼロではない」ということです。荷物の積み下ろしの際にレンタカーに傷がついてしまうと、プラスアルファで費用が生じる可能性があります。

また、雨の日の自力での引越しはかなり大変。軽トラックの場合、荷物を置くスペースには屋根がありません。梅雨の時期や台風シーズンは、天気にも注意する必要があります。

車の運転に自信がない人はもちろんのこと、荷物の運搬に自信のない人や、大切な家具や家電を傷つけたくない人は、自力での引越しは避けた方が無難でしょう。

引越業者に頼む場合、お得な単身割引はある?

引越業者によっては「学生」を用意している

引越業者によっては、学生のみ利用できる「学割」を用意していることがあります。学生であれば料金が割引になったり、特別なプレゼントをもらえたりするサービスです。

引越業者のWebサイトに「学割」と書いていなくても、交渉によっては料金が安くなる可能性もあります。

高齢者ならシニア割引がある?

「学割があるのなら、シニア割もあるのではないか」と考える人もいるかもしれませんね。

たとえばアーク引越センターの場合、60歳以上の夫婦を対象とした「シニアプラン」があります。引越し料金が最大20%オフになるので、有効活用したいですね。

また、アート引越センターには「シニアパック」という、片付けを「整理士」と呼ばれる人が手伝ってくれるサービスがあります。60歳以上の家族がいる家庭であれば利用できますよ。

ネットで申し込めばWEB割引

電話対応などに割く人件費を軽減できるため、「WEBで申し込むと割引しますよ」としている引越業者も少なくありません。

たいていの引越業者は、電話やWEBのいずれかを申込窓口としています。電話経由とWEB経由、どちらが割引額が大きいかという点も意識してチェックするとよいでしょう。

単身向けプランを料金で比較

引越業者選びのポイント

単身近距離なら「赤帽」がおすすめ?

近距離の引越しといえば、「赤帽」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。赤帽は軽貨物自動車での運搬で、コンパクトな引越しに適しています。また、急ぎの要請にも対応してもらいやすいというメリットがあります。

おすすめの引越業者は?

おすすめの引越業者は、その人が「引越しにおいて何を重視するのか」によって異なります。

同じ距離、同じ荷物を運ぶ場合でも、引越業者によって料金やサービスは異なります。

たとえばシニア世帯ならシニア向けの割引やサービスがあるアーク引越センターがおすすめ。単身でスピーディーな引越しをしたい、という人ならクロネコヤマトを選ぶのも手です。

単身向けプランを料金で比較

単身近距離の引越し費用はいくら?

単身近距離の一般的な料金

単身で、かつ近場での引越しの場合、3万円~4万5000円程度が目安です。ただし、繁忙期はこれに1万5000円~2万円ほどの費用が上乗せされる可能性があります。

少しでも引越し費用を安くするために

「運ぶ費用」だけでみると、レンタカーを使った引越しは安く済みます。同じ町内や隣町程度であれば、何往復かすれば荷物を運べるでしょう。

レンタカー以外に、自家用車(普通車以上推奨、理想はワゴン車かトラック)を使う方法もあります。レンタカーの場合、一切傷をつけないよう気をつかう必要がありますが、自家用車だとその点はある程度目をつぶれるかもしれませんね。

引越業者に依頼するのであれば、まずは複数社から見積もりを取り寄せてみましょう。取り寄せた見積もりをもとに、お目当ての引越業者と交渉するのもひとつの手です。

引越す人が多い繁忙期(3月~4月)は料金が高くなりがちなので、可能であれば繁忙期の引越しは避けましょう。

また、不用品はなるべく旧居で処分し、運ぶ荷物はなるべく少なくしておきましょう。

単身向けプランを料金で比較

見積り時の交渉のポイント

引越業者の営業スタッフに「ほかの業者さんがもっと安くしてくれたので…」と切り出すことは、失礼にはなりません。

引越業者がオプションで設定しているサービスを利用することを条件として、交渉するのも手です。たとえば、エアコンの取り付け工事などです。「エアコンの取り付け工事もお願いするので、引越し料金を少し……」と伝えてみましょう。

交渉の際は、あくまで丁寧な態度で自分の希望を伝えることが大切。お互い気持ちよく引越しを進めるためにも、マナーを守って交渉してみてくださいね。

関連記事

引越し単身パックを5社で比較!単身向けプランの相場がわかる

「安い単身パックが知りたい!」「荷物が少…

単身パックで運べる荷物量の目安は?安い引越しプランを見つける方法

「単身パックで安く引っ越したいけど、運べる荷物量がわからない…」 …

日通の単身パックは2種類!S・Lの料金や荷物の量などを解説

「日通の単身パックはいくらかかる?」…

アート引越センターの単身パックは料金が高い?荷物や割引サービス…

「アート引越センターに頼みたいけれど、いく…

サカイ引越センター単身パックの料金は?少量・長距離は小口便引越…

「サカイ引越センターでお得に引っ越したい!」 「

無料の一括見積もりで
引っ越し料金が安くなる

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引っ越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

レイクALSA

  • 15秒で審査結果表示
  • 必要な金額だけ借りられる
※15秒は最短時間になります。21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

公式サイトはこちら

ネット環境がないなら
速い光回線

NURO光

  • 45,000円キャッシュバック
  • 基本工事費実質無料

公式サイトはこちら

おすすめ記事

カテゴリー一覧