単身引越しにかかる料金を1円でも安くしたいなら

引っ越しには何かとお金がかかります。不動産屋に払う敷金礼金、新しい家具、そして引っ越しにかかるお金です。これだけお金がかかるのですから、誰だって出費を抑えたいはず。単身で荷物が比較的少ない人でも同様でしょう。しかし、どのようにすれば引っ越し費用を「安く抑える」ことができるのでしょうか。 このページでは、単身引っ越しを少しでも安く抑えるためのテクニックを詳しく紹介しています。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し侍のおすすめポイント

  • 最大10万円キャッシュバックもしくは家電が当たるキャンペーン実施中
  • 業界最多クラス!人気の引越し業社230社以上を比較
  • 安心の実績!引越しご紹介件数3110万件突破
  • 簡単1分の登録で一番安い見積もりがわかる
  • 引越し料金が最大50%安くなる
引越し侍といい引越しタイアップの画像

単身引っ越しの相場は?

一般的な単身引っ越しにかかる料金の目安は

一般的な引っ越しにかかる費用は、50キロ圏内で、約45000円くらいだと考えてよいでしょう。
ただし、これはあくまで、「引っ越しにかかる費用」のみです。
敷金や礼金、それから家電や家具を買い揃えるお金も必要になります。そのため、実際には、これだけの金額ではとてもではありませんが引っ越しはできないでしょう。
しっかりと節約しても、20万円~40万円はかかると見ておきましょう。

詳しくは後述しますが、そのなかでも、「家にかかるお金」はとても大きいと言えます。

業者以外にこんな費用もかかる

まず、「家にかかる費用」です。これは、「どこに住んでいるか」「どんな家に住んでいるか」によって違いますが、家賃の平均は65732円だと言われています。
これを基本として、「敷金・礼金・不動産会社への支払い」が計算されます。この3つは、それぞれの物件で考え方に違いがありますが、2~3か月分はかかります。それに加えて、1か月分の家賃が必要ですから、65732×3.5=22万8802円となります。

家電製品をある程度買い揃えたい、という人は、家電量販店が行っている「新生活セット」などを利用するのがラクでしょう。電子レンジ・冷蔵庫・炊飯器・洗濯機・掃除機などがそろって約10万円です。これをプラスすると、32万8802円となります。

これに、上記であげた引っ越し料金の45000円がプラスされます。この時点で、費用は37万3802円です。

どこに引っ越すかで引っ越し料金は変わる

市内市外・県内県外で料金は変わる?

料金は、距離によって決まります。同一市内での引っ越しの場合、荷物の量が多い人でも、45,000円程度で引っ越しをすることが可能です。荷物が少ない場合は30,000円台におさまるでしょう。また、「市内の場合は、定額で引っ越しをするよ」というサービスを提供している業者もあります。クロネコヤマトはそのタイプで、同一市内なら17,000円以下で引っ越しをしてくれます。

県外の場合は、距離によって料金が加算されていきます。

移動距離による引っ越し料金の違い

移動距離による引っ越し料金の変化は、とても大きいと言えます。同じ量の荷物、同じ時期での引っ越しであっても、20キロ未満の場合と300キロ未満の場合では、倍近くも料金が変わってきます。

50キロ県内の場合は、荷物が多くても、繁忙期でなければ50,000円以内におさまるでしょう。しかしこれが200キロ程度にまで広がると、料金は60,000円台に突入します。

「距離が遠くなれば遠くなるほど費用がかさむ」というのは、すべての引っ越しに言えることです。

荷物量でも引っ越し費用は変わってくる

荷物量で料金は変動する?

荷物の量でも料金は変わってきます。「どこまでを基準の荷物量とするか」は、業者によって違います。
コンテナのなかに荷物を詰め込んで運ぶ「パック」と呼ばれるものの場合、クロネコヤマトでは、

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • レンジ
  • ダンボール10箱程度
  • 衣装ケース3個
  • 布団袋

が基本となります。これに、スーツケース1個分程度の隙間があります。

家電・家具の数がポイント

単身での引っ越しの場合、基本的には「ベッド」「自転車」「ソファ(2人掛け以上)」などの家具や家電製品の運搬は想定されていません。そのため、これらを持っていきたい、ということであれば、事前に伝えておく必要があるでしょう。特に自転車は、形も特殊ですから、運ぶのが大変です。

「どうしてもベッドじゃなきゃ嫌だ!」という人は、引っ越し先で買い直すことを考えてください。

ダンボール梱包か、専用ボックスを使うか

専用ボックスを使うことのメリット

引っ越しのときに活用できるのが、「専用ボックス」です。これは靴や食器などを運ぶために作られたボックスであり、とても機能的です。緩衝効果に優れ、何が入っているのかわかりやすいというメリットがあります。そのため、これを貸し出してもらえるようならば、ぜひ借りましょう。

デメリットは、貸し出し日時などに制限がある場合があること。また、原則としてレンタル品なので、ガムテープの貼り付けなどはやめておきましょう。

ダンボール梱包のメリット

引っ越しの梱包の基本となるのが、ダンボールです。何でも入るうえに扱いやすく、丈夫で、とにかく重宝します。「可視化」という意味では専用ボックスに劣りますが、何が入っているのかを書き記すこともできるので、とても便利です。
自分たちで運ぶ場合も、大きさが一定なので積み込みやすいというメリットがあります。

単身引っ越しで利用できる「割引」は?

単身の学生におすすめ「学割パック(プラン)」

学割については、よく引っ越し業界で取り上げられる単語です。しかし現在は、大手の業者は、これを前面に押し出すことは少なくなってきました。スター引越センターやアート引越センターなどがまだ取り扱っていますが、それ以外のところでは、「パック」に併合されたような形になっているケースも多いようです。

ちなみに、スター引越センターの場合は、一般の引っ越しよりも、5000円~6000円ほど安くなります。

ネットで申し込めば「WEB割引」がある?

学割は限られた人にしか使えませんが、WEB割引は、多くのところでやっているため、とても使いやすいと言えます。クロネコヤマトでは2000円の割引があります。

WEB割引は、「大幅なコストカットに繋がる」とはなかなか言えませんが、それでもある程度は安くできます。申し込みも簡単なので、検討しましょう。

見積もり時の交渉で割引

引っ越しの見積もり時に交渉をして、値段を安くしてもらう方法もあります。
「エアコンの設置(オプション)もお願いするので安くしてほしい」
「ほかのところはもっと安かったので……」
「予算をオーバーしてしまうので……」
「逆に、どこを工夫したら安くなるでしょうか?」
などの言葉で交渉していくことをおすすめします。相見積もりをとっておくことを強くおすすめします。

単身引っ越しのおすすめ業者

どこが一番安い? 業者別料金比較

クロネコヤマトは、市内での引っ越しは13,000円からやっています。また、WEB割引や平日割引もやっています。
荷物が少なければ、遠距離の引っ越しでも安くなるのがアート引越センター。洗濯機や布団、テレビ、ダンボール6個で、京都から東京に引っ越す場合は30,000円程度、という試算を出しています。この会社は、「荷物量の違いによる料金の違い」がとても分かりやすいので参考になります。
長距離に強い会社といえば、なんといっても、「カルガモ引越センター」。1200キロの距離でも、45,000円以下で引っ越しをしてくれます。遠距離の引っ越しを考えている人は、ぜひ検討してください。

単身引っ越しならこの業者がおすすめ!

遠距離に引っ越しをするならば、カルガモ引越センターが利用しやすいでしょう。
「荷物の量によってどれくらい料金が変動するのかよくわからない」という人は、アート引越センターが使いやすいと思われます。
短距離での引っ越しなら、クロネコヤマトも使いやすいでしょう。

もちろん、それ以外にも、荷物の量によってコンテナを使い分けられる日通や、学割があるスター引越センター、それからシニア向けプランのあるアーク引越センターなどもおすすめです。いろいろ見比べて選びましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
引越し侍といい引越しタイアップの画像
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

引っ越し単身パックの料金相場を紹介!業者別で運べる荷物量も比較!

単身パックと聞くと、少ない荷物を安く引っ越す ことができるサービスというイメージが強いですよね。で…

一人暮らしの引越しマニュアル!業者への見積り方法と料金相場

一人暮らしをしていると、頼れる近親者がすぐ近くにいないため、引越し業者とのコンタクトや引越しの準備…

単身での引越し料金の金額を安くしよう

単身赴任に、大学入学にあたっての初めての一人暮らしなど、単身で引っ越しを行う機会というものは意外…

引越しで単身パックを利用してベッドを運んでもらう方法

単身で引っ越しを行う人の中には、単身パックの利用を検討している人も多いと思います。決められたカー…

引越しの単身パックの相場はいくらか知っていますか?

単身者が引っ越しをする際に、お世話になることも多い単身パックですが、引っ越し業者によってサービス…