単身と家族の引越し費用を相場より安くしたい?お得なポイントまとめ

引越し 単身 家族 アイキャッチ

「引越しのサービスって単身と家族でどう違うの?」
「単身と家族での引越し費用のポイントが知りたい」

家族での引越しと単身での引越しの大きな違いは、「荷物量」でしょう。
また、家族形態や移動先によっては、段取りや手続きなども変わるかもしれませんね。

特に気になるのは、引越しにかかる料金です。やはり、家族での引越しの方が高くなるのでしょうか。

ここでは、単身引越しと家族での引越しをいろいろな角度から比べ、注意したいポイントや料金の違いを比較していきます。

単身と家族での引越しはここが違う!ポイントまとめ


  1. 荷物量や引越し先の間取りが違うため、引越し料金に影響する
  2. 家族での引越しのほうが、役所関係の手続きに時間がかかる。引越しの段取りは早めに整えよう
  3. 単身引越しや家族引越しならではのサービスを用意している引越業者もある
  4. プランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して、引越業者のサービスと費用を比較してみよう

引越しをするなら、「一括見積もりサービス」を利用しましょう。利用の際は、引越し先や希望日時などを入力するだけでOK。複数社の見積もりを比較することで、自分に合った引越業者をカンタンに見つけることができます。

単身向けプランの見積もり料金を比較

単身引越しと家族引越しの違いって何?ここがポイント

単身引越しと、家族引越しでは、いろいろな違いがあります。代表的な違いは次の3点でしょう。

  • 荷造りの問題

単身者に比べて家族での引越しは荷物が増えます。

  • 値段

荷物が多くなるので、料金も高くなります。

  • 手続きの問題

就学児童や年金受給者が家族にいる場合、手続きが増えます。

荷造りや梱包のコツ・段取りは?

一人暮らしの引越しの場合、「実家に荷物を残した状態で、必要な物だけを持っていく」ということが多いでしょう。

家族での引越しの場合は、家にあるものすべてを運ぶかたちが多いでしょう。そのため、荷造りには時間がかかります。

引越しが決まった時点から、必要なものと不要なものの仕分けを始めるようにします。特に粗大ごみは早めに回収を依頼しましょう。

今の季節に使わないものは、早めに梱包しておくのがおすすめ。最低限使うものだけを残し、どんどん箱詰めを済ませましょう。特に、本などは意外とダンボール箱を多く消費するのでお早めに。

また、「子どもの年齢」によっても、荷造りの難易度は変わってきます。子どもが高校生以上の場合は、積極的に荷造りを手伝ってくれることが予想されますから、スムーズに進むでしょう。

逆に、子どもがまだ小さい場合は、子どもの世話をしながら荷造りを進める必要があります。このような場合は、意識して早めに荷造りに取り掛かるようにします。

子育てや仕事の都合で荷造り難しい人は、後ほど紹介する「梱包サービス」を利用するのもよいでしょう。

運び出す荷物、荷物量が違う

荷物の量は、家族と単身者とでは大きく違います。4人家族の場合は、ダンボールだけでも60箱以上は必要でしょう。これにさらに家財道具が加わるため、かなりの量になります。

単身者の場合、持っていく荷物を玄関先に移動させておくとよいでしょう。ただし、家族での引越しの場合は、玄関先が圧迫されて出入りが難しくなる可能性があります。

家族での引越しの場合は、玄関から一番近い部屋に梱包したダンボールを入れておくようにします。1階に住んでいる場合は、ベランダ周辺に荷物を集中させておく方法もよいでしょう。

忘れがちですが、荷造りや荷物の搬入のときには、大量のゴミも出ます。ゴミ袋は何枚あっても困りませんから、事前に複数購入しておきましょう。引越し前と引越し後では、使えるゴミ袋が違う可能性がある点にも注意してくださいね。

郵便物、住民票、住民票、車庫証明などの手続き関係

家族での引越しと単身者での引越しの場合でも、手続き自体は大きくは変わりません。住民票の手続きなどは、一人でも家族でもやらなければならないことだからです。

ただし、家族構成によっては、子どもの転校届けや、国民年金や国民健康保険の手続きが必要になったりすることもあります。

単身向けプランを料金で比較

単身引越しと家族引越しの引越し費用相場まとめ

一般的な単身プラン、家族プランの費用

単身者と家族とでは、引越しの料金は大きく異なります。

20km以内での引越しの場合、単身者の引越しの目安は4万5000円以下。一方、4人家族の場合は6万円を超えるでしょう。ただし、引越しの料金は時期によって変動するため、一括見積もりサイト」を利用して相場を確認することをオススメします。

単身向けプランを料金で比較

距離は料金に影響する?

引越しにおいて、「距離」は重要な要素のひとつです。

遠くまで引越すとなると、スタッフの拘束時間が長くなりますし、ガソリン代もかかります。高速道路の料金が必要になることもあるでしょう。そのため、引越しは、距離が遠くなれば遠くなるほど、料金がかさみます。

200km程度の場合、単身者でも6万円以上が目安。家族の場合は10万円に近い料金になることも珍しくありません。

単身プラン(コース)と家族プラン、それぞれのメリットや特徴は?

単身者の場合、「単身パック」「単身プラン」というものがあります。

単身プランは、家族向けのプランと同じように、さまざまな荷物をそのままトラックに詰め込むプランです。

対して「単身パック」の場合、業者側が指定したコンテナのようなものに、詰めるだけの荷物を詰め込むものです。きっちりコンテナに収まりきる量しか運べません。

単身パックは、業者側が「どうしたらトラックに無駄なく合理的に荷物を詰めることができるのか」ということを考えて作られています。複数のコンテナを1台のトラックに詰め込んで運ぶわけです。

このため、単身パックは自由度が低いとも言えます。「単身プラン」なら、ダンボールの量がある程度増えても融通がききますが、「単身パック」は融通がききません。

家族向けのプランには、一般的には単身パックのような「コンテナで運ぶ方法」はありません。

家族の引越しは荷物の量がどうしても多くなるので、コンテナで運ぶことは適さないのです。

ただ、家族プランの場合は、「荷造りプラン」などを活用できます。これは、荷物の梱包から片付けまでを引越業者に依頼できるものです。

サービスが充実する分、値段は高くなりますが、自分たちで荷造りをする必要がなくなるため引越しの負担を軽くすることができます。

単身世帯にしても、家族世帯にしても、引越しの準備は負担が大きいもの。早めに準備に取り掛かりましょう。

単身向けプランを料金で比較

関連記事

引越し単身パックを5社で比較!単身向けプランの相場がわかる

「安い単身パックが知りたい!」「荷物が少…

単身パックで運べる荷物量の目安は?安い引越しプランを見つける方法

「単身パックで安く引っ越したいけど、運べる荷物量がわからない…」 …

日通の単身パックは2種類!S・Lの料金や荷物の量などを解説

「日通の単身パックはいくらかかる?」…

アート引越センターの単身パックは料金が高い?荷物や割引サービス…

「アート引越センターに頼みたいけれど、いく…

サカイ引越センター単身パックの料金は?少量・長距離は小口便引越…

「サカイ引越センターでお得に引っ越したい!」 「

無料の一括見積もりで
引っ越し料金が安くなる

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引っ越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

レイクALSA

  • 15秒で審査結果表示
  • 必要な金額だけ借りられる
※15秒は最短時間になります。21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

公式サイトはこちら

ネット環境がないなら
速い光回線

NURO光

  • 45,000円キャッシュバック
  • 基本工事費実質無料

公式サイトはこちら

おすすめ記事

カテゴリー一覧