引っ越しをキャンセルしたい人必見!契約後でも料金をかけずに断れるケースとは

引越しキャンセルしたい人必見!契約後でも料金をかけずに断る方法の画像

引っ越しを依頼したけれど予定が合わなくなってしまった…。
他にもっと安い引越業者を見つけたのでキャンセルをしたい…。

引っ越しに関してこのような経験がある人も多いのではないでしょうか。

引っ越しの前々日から違約金が発生しますが、3日前までのキャンセルは料金が発生することはありません!

ここでは、キャンセル料金や業者への断り方、業者が見積もりの際に置いていったダンボールの返却方法を詳しく解説します!

引っ越しをキャンセルする際のポイント


  • 3日前までに連絡すればキャンセル料0円

引越しをするなら、「一括見積もりサービス」を利用しましょう。利用の際は、引越し先や希望日時などを入力するだけでOK。複数社の見積もりを比較することで、自分に合った引越業者をカンタンに見つけることができます。

単身向けプランの見積もり料金を比較

引っ越しは契約後でもキャンセルできる!標準引越運送約款とは?

引っ越しは契約後でもキャンセルできる!標準引越運送約款とは?の画像

やむを得ない事情で急に引っ越しをキャンセルしなくてはならないときは、決められた期日までにキャンセルの連絡をしないと解約手数料がかかることがあります。

こうした解約手数料や延期手数料に関する条件は、引越業者と利用者の契約ルールである標準引越運送約款に定められています。

標準引越運送約款は引っ越しの契約に関する取り決めを明記した契約書で、多くは引っ越しの見積もりに来た業者が提示することになっています。

この標準引越運送約款によると、引っ越しのキャンセルは「引っ越しの日の3日前まで」に連絡をすればキャンセル料などの支払い義務はないとされています。

つまり、引っ越しの前々日のキャンセルにはキャンセル料が発生します。

ただし、引っ越し当日でも思いがけない悪天候や道路の事故などにより引っ越し作業ができない場合は、利用者への責任は発生しません。

引っ越しのキャンセルが当日や直前…料金がどれだけ高くなるのか不安

引っ越し3日前まではキャンセル料金は発生しませんが、引っ越し前々日からのキャンセルは、標準引越運送約款が決めた料金が発生します。

引っ越しキャンセル料金
前々日までのキャンセル 運賃および引っ越し料金の20%以内
前日のキャンセル 運賃および引っ越し料金の30%以内
当日のキャンセル 運賃および引っ越し料金の50%以内

これは標準引越運送約款は国土交通省が決めた法令であり、引越業者はこれに従う義務があるため、これを超える料金を取る業者は違法となります。

5万円の引っ越し料金を予定していた場合、当日キャンセルした場合のキャンセル料は2万5千円以下となります。

業者ごとのキャンセル料金に違いはある?

業者によってキャンセル料金の相場に違いはありません

クロネコヤマト、サカイ、アート、日通などの引越業者でも、標準引越運送約款に基づくキャンセル料金が設定されているので、上記の料金表のとおりです。

しかし、成約後に業者から渡される梱包資材に関しては、買取か返送になるので注意が必要です。

見積もり手続きをする際は即決せず、キャンセル方法や梱包資材のサービスの確認も慎重に行うようにしましょう。

単身向けプランを料金で比較

引越業者へ見積もり後にキャンセル連絡…失敗しないために気をつけること

キャンセルする理由の多くに、他社を選んだからということがあります。最初に見積もりを取ったのはA社だが、結局C社が一番安くて良さそうなので、他に見積もり依頼をしたA社とB社をキャンセルするといったケースです。

一番よくないのはキャンセルの連絡を入れずに無視してしまうことです。

業者としては契約を結ぶまでは連絡を入れますのでいつまでも断りを入れないのは失礼です。トラブルの原因になるのできちんと断りの連絡を入れましょう。

引越業者からの見積もりがそろい、引っ越しを依頼する業者を決定したら、断りを入れる業者にこちらから連絡しましょう。

ただ他社に決めたことが知られると、「ではもっとお安くします」とさらなる営業を持ちかけられることもあるかもしれません。

断るのが苦手な人は、断った理由に他社の名前を挙げず、「引っ越し自体がなくなってしまった」と言う方法もおすすめです。忙しくて電話ができない人は会社にメールを送るのもよいでしょう。

他社との見積もり額を簡単に無料で比較する方法には一括見積もりサイトの利用がおすすめです。

単身向けプランを料金で比較

引っ越し契約後にもらったダンボール…料金を払わなければならない?

引っ越し契約後に貰ったダンボール…料金を払い戻さなければならない?の画像

引っ越しの見積もりを依頼すると、早めに荷物を梱包しておくと便利ですよ、などと言って営業スタッフがダンボールを置いて帰ることがあります。

これはその会社のダンボールを置いて帰ることにより、客側がその会社の契約をキャンセルしにくい雰囲気をつくる営業方法です。

また契約後にキャンセルをした場合、引っ越しの契約時に業者から受け取ったダンボールなどの梱包資材は、見積書に書いてある料金で買い取るか、業者に返却しなければなりません。

買い取り金額はダンボール1枚500円までです。もし返却する場合は送料を負担しなければなりません。

  • なるべく契約前の見積もりの時点では、ダンボールやガムテープはもらわないようにしましょう
  • もらってしまった場合は、新たに契約した引越業者があるならばダンボールを引き取ってもらえるかもしれないので、見積もりの際に聞いてみましょう

引っ越しのキャンセルは申し入れをしにくいこともありますが、やむを得ない事情があったり自分が納得した業者を選ぶためには必要です。

スムーズに複数社から見積もりが取れる一括見積もりもうまく利用して、理想の引っ越しができるよう賢く選択していきましょう。

単身向けプランを料金で比較

引っ越しをキャンセルをする際のポイント

関連記事

部屋が汚い…引越しの見積もりの際に不利益だらけ?実情教えて!

「ゴミ屋敷レベルだけど引越しの見積もり取れるの?」 「部屋が汚い分、引…

引越しのダンボールはどこで入手する?無料サービスや処分方法も紹介

「引越業者はダンボールをサービスしてくれる?」 「

引越し見積もり前の準備に… 必要なものややるべきことは?

引越しの第一歩は見積もりからといえるほど、見積もりは引越しにおいてとても重要なものです。見積もりを…

引越し見積もりはネットで依頼できる!簡単に一括見積もりする方法

「忙しくて引越業者と会う暇がない…」 「簡単に引越し見積もりを確認でき…

引っ越しの見積もり時期っていつがいいの?相場と業者に依頼の際の…

「引っ越し日はだいたい決まってるけど、見積もりっていつすればいいの」

無料の一括見積もりで
引っ越し料金が安くなる

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引っ越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

レイクALSA

  • 15秒で審査結果表示
  • 必要な金額だけ借りられる
※15秒は最短時間になります。21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

公式サイトはこちら

ネット環境がないなら
速い光回線

NURO光

  • 45,000円キャッシュバック
  • 基本工事費実質無料

公式サイトはこちら

おすすめ記事

カテゴリー一覧