引越しキャンセルしたい人必見!契約後でも料金かからず断る方法

引越しを依頼したけれど予定が合わなくなってしまった、他にもっと安い引越し業者を見つけたのでキャンセルをしたい…。

引越しに関してこのような経験がある人も多いのではないでしょうか。 当日の急なキャンセルは違約金が発生することもありますが、実は、2日前までのキャンセルは料金が発生することはありません!

さらに、契約している業者にキャンセルを申し込むと慌てて料金を下げる場合もあるので、値段交渉ができるチャンスです。

ここでは、キャンセル料金や業者への断り方、業者が見積もりの際に置いていったダンボールの返却方法を詳しく解説します!

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

引越しは契約後でもキャンセルできる!標準引越運送約款とは?

やむを得ない事情で急に引越しをキャンセルしなくてはならない時は、決められた期日までにキャンセルの連絡をしないと解約手数料が掛かることがあります。

こうした解約手数料や延期手数料に関する条件は、引越し業者と利用者の契約ルールである標準引越運送約款に定められています。これは引越しの契約に関する取り決めを明記した契約書であり、多くは引越しの見積もりに来た業者が提示することになっています。

この標準引越運送約款によると、引越しのキャンセルは「荷物の受取日の2日前まで」に連絡をすればキャンセル料などの支払い義務はないとされています。

逆に引越しの前日や当日のキャンセルではキャンセル料が発生してしまいます。ただし、引越し当日でも思いがけない悪天候や道路の事故などにより引越し作業ができない場合は、利用者への責任は発生しません。

天候悪化によって引越し作業が延期された場合も手数料などを払う必要はないでしょう。

引越しを当日や直前でキャンセルした場合の料金はどれくらいかかる?

引越し前々日はキャンセル料金は発生しませんが、引越し当日や前日におけるキャンセルをする場合は、標準引越運送約款が決めた料金が発生します。

引越しキャンセル料金
2日前までのキャンセル キャンセル料は発生しない
前日のキャンセル 引越し料金の10%以内
当日のキャンセル 引越し料金の20%以内

ただ業者の中には「お客様の都合による引越し当日のキャンセルは、引越し費用の全額を支払ってもらいます。」といった対応を取ることもあります。

しかし、標準引越運送約款は国土交通省が決めた法令であり、引越し業者はこれに従う義務があるため、このような対応を取る業者は違法です。5万円の引越し料金を予定していた場合、当日キャンセルした場合でもキャンセル料は1万円以下となります。

業者ごとのキャンセル料金に違いはある?

業者によってキャンセル料金の相場に違いはありません。クロネコヤマト、サカイ、アート、日通などの引越し業者でも、標準引越運送約款に基づくキャンセル料金が設定されているので、上記の料金表のとおりです。

しかし、成約後に業者に渡される梱包資材に関しては、買取か返送になるので、注意が必要です。見積もり手続きをする際は即決せず、キャンセル方法や梱包資材のサービスの確認も慎重に行うようにしましょう。

引越し業者へのキャンセル連絡の入れ方とは

キャンセルする理由の多くに、他社を選んだからということがあります。最初に見積もりを取ったのはA社だが、結局C社が一番安くて良さそうなので、他に見積もり依頼をしたA社とB社をキャンセルするといったケースです。

一番よくないのはキャンセルの連絡を入れずに無視してしまうことです。業者としては契約を結ぶまでしつこく連絡を入れますし、業者にいつまでも断りを入れないのは失礼です。トラブルの原因になるので律儀に断りの連絡をいれましょう。

引越し業者からの見積もりが揃い、引越しを依頼する業者を決定したら、断りを入れる業者にこちらから素直に連絡しましょう。ただ他社に決めたということが知られると、「ではもっとお安くします」とさらなる営業を持ちかけられることもあります。

また、断るのが苦手な人は、断った理由に他社の名前を挙げず、「引越し自体がなくなってしまった」と言う方法もおすすめです。忙しくて電話ができない人は会社にメールを送るのもよいでしょう。

引越し業者へのキャンセルは値段交渉のチャンス⁉

引越し業者を選ぶポイントは、見積もり料金がいかに安いかということもありますが、対応してくれた業者の雰囲気が良かったり、サービス内容が他よりも充実していたりといった違いもあります。

この引越し業者が良いけれど、一括見積り予約をしてみたら他の業者のほうが安かったということもあるでしょう。そんなときは、訪問見積もりの際、引越し業者にキャンセルするそぶりをして、「実は他社の引越し業者の方が安かったので…」と担当者に連絡をしてみましょう。

素直にそちらの会社にお願いしたいのだが、他社の値段まで引き下げることはできないか聞いてみても良いです。このような電話により、業者の多くは希望金額に近い値段を提示してくれるでしょう。

契約後に貰ったダンボールは料金を支払わなければならない?

引越しの見積もりを依頼すると、早めに荷物を梱包しておくと便利ですよ、などと言って営業マンがダンボールを置いて帰ることがあります。これはその会社のダンボールを置いて帰ることにより、客側がその会社の契約をキャンセルしにくい雰囲気を作る営業方法です。

また契約後にキャンセルをした場合、引越しの契約時に業者から受け取ったダンボール等の梱包資材は、見積書に書いてある料金で買い取るか、業者に返却しなければなりません。

買い取り金額はダンボール1枚500円までです。もし返却する場合は送料を負担しなければなりません。

なるべく契約前の見積もりの時点では、ダンボールやガムテープはもらわないようにしましょう。

それでも、もらってしまった場合は、新たに契約した引越し業者にダンボールを引き取ってもらう有効な方法があるので、見積もりの際にダンボール受取を依頼できるか聞いてみましょう。

引越しのキャンセルは何かと申し入れをしにくいこともありますが、自分が納得した業者を選ぶためには断ることも必要です。スムーズに複数社から見積もりが取れる一括見積もりも上手く利用して、理想の引越しができるよう賢く選択していきましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引っ越し手続き情報一覧!進め方のチェックリスト

引越しって何から始めれば?必要な手続きとは?どの順番が一番効率がいいの?と引越しは分からないことが…

郵便で引越し!?荷物が少ない場合に安く引っ越しを済ませるコツとは

引越し費用を最小限に抑えたいというのは、多くの人の本音なのではないでしょうか。新生活をスムーズに始…

引っ越しが決まった!マイナンバーの手続きは?

マイナンバーは、日本に住民票がある人に割り当てられている固有の番号(12桁)です。税金や医療などの社…

引越ししたらパスポートの住所も変更しないといけない?

目次引越ししたらパスポートの住所も変更しないといけない?パスポートの住所変更はどうやるの?代理人ででもパスポートの住所変更手続きはできる?住所変更の時にパスポートの有効期限が近かったら発行しなおしたほ ...

引越し時に必須!住民票手続き攻略マニュアル

引っ越したら、住民票の住所を移動させる必要があります。もし放っておいたら、いざ住民票が必要になった…