引っ越しのおすすめ時期っていつ?料金をお得にできるコツを紹介!

「できるだけ引っ越し費用が安い時期を知りたいな…」
「いつから引っ越しの準備を始めればいいんだろう?」

引っ越し時期には繁忙期と呼ばれるピーク時期があり、引っ越し費用も上がり、予約も取りにくくなるでしょう。

閑散期には値段も下がり、比較的引っ越しが行いやすい時期といえます。引っ越しの時期を変えることで費用の節約を実現することができます。

今回は、引っ越しの実施や計画にも役立つ、おすすめの引っ越し時期について解説していきます。

おすすめの引っ越し時期はいつだ?ポイントまとめ!


  1. 繁忙期での引っ越しは、通常の2倍近く高くなる
  2. 平日の午後便は安くなるなど、曜日や時間帯などによっても料金が大きく異なってくる
  3. 新婚カップルにおすすめの引っ越し時期は、物件が多く出回る「1~3月」と「9~11月」がおすすめ
  4. 大学新入生や新社会人の引っ越しは「1~2月」がベストタイミング
  5. 必ず新居を決めてから見積もりを取る方がお得
  6. 新居を探すのにおすすめの時期は、1~3月、9~11月
  7. プランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して料金やサービスを比較してみる

引っ越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安い引っ越しプランの見積もり料金を比較

※引っ越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。 ※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。 ※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。 ※2020年5月現在、クロネコヤマトは家族向けおよび法人向け引っ越しサービスの申し込みを休止しています。

安く引っ越したいなら閑散期がおすすめ!繁忙期は料金が2倍に?

どの時期が引っ越しに最適?年間の引っ越しサイクルをご紹介

 引っ越しで一番初めにするお部屋探しですが、実はこれにもおすすめの時期があるのをご存じですか?

多くの方が新生活が始まる3月中旬から4月上旬までに引っ越しをします。この時期は物件も多く出回っているので、 部屋探しに困ることはありません。

ですが、家賃相場や初期費用が高い値段設定になっていたとしても、予約が入ってくるので、 通常よりも高額な料金になってしまう可能性があります。

また、繁忙期のために、引っ越し初期費用が通常の2倍近い値段になってしまいます。 そのため、もし引っ越し時期を選ぶことができるのなら、その時期が自分の希望条件に合うのか考えて選んでみましょう。

繁忙期と閑散期の相場を知りたい!引っ越す曜日や時間帯も考慮しよう

引っ越しするときは、その時期をはじめ、曜日や時間帯などによっても料金が大きく異なってきます。

この背景には「需要と供給」が関係しています。引っ越しをする人が多い時期、いわゆる「繁忙期」(3~4月)は引っ越し料金相場も高くなっています。

料金最高値の3月は最安値の1月の5割増しになるとのデータもあることから、可能なら繁忙期を避けた方がよいでしょう。 しかし、3~4月は進学や就職、転勤のために引っ越す人も多いため、大幅な時期の変更は難しいかもしれませんね。

その場合は、土日祝日よりも平日を選ぶことを考えましょう。また、月の下旬よりは上旬や中旬の方が割安傾向にあります。

午前便利用客の都合で時間どおりの引っ越しができるかは微妙ですが、午後便を利用するとお得になることを知っておきたいですね。

お得な時期が知りたい!タイプ別おすすめの引っ越し時期3つを紹介!

新婚カップルにおすすめの引っ越し時期は「1~3月」と「9~11月」

結婚にあたって、引っ越しを考えている人は、いつから引っ越しの準備を始めて、どの時期に部屋探しを始めればいいのでしょうか。

ある調査によれば、新婚のカップルに一番多い答えは、引っ越しの半年前から新居のプランを考え、少なくとも3ヶ月前には実際の物件を見に行き住居を決定するとのことです。

これくらい前に新居を決定することができれば、引っ越し関連の手続きや、挙式などの結婚の準備も余裕をもって取り組むことができます。

4、5月は6月のジューンブライドなどで、結婚を機に引っ越しを考えている人向けの2DKタイプの物件が出やすい月です。単身者でない方は、この時期に引っ越しをするのがおすすめです。

また、9~11月は第2の引っ越しピーク時期。第2の転勤、結婚シーズンになるため、不動産業者が物件を多く出す時期になっています。

新居を探すのにおすすめの時期は、1~3月、9~11月です。一年間で一番物件が多く出回る時期ですので、納得のいく物件に出会うまで根気よく探すことができます。

大学新入生や新社会人の引っ越しは「1~2月」がベストタイミング

大学への進学が決まってから、新生活が始まるまでの時間はあまり長くありません。3月は繁忙期で引っ越し費用は高いですが、トランクケースに最低限の荷物を詰めて、現地で家具・家電を購入すれば、引越業者を使う必要がありません。

ですので、引っ越しが確定したらすぐに物件選びを始めましょう。 もし引越業者に運んでもらいたい荷物がある場合は一括見積もりを利用して安い引越業者を選ぶとよいでしょう。

5万円以上引っ越し費用を節約することができる場合があります。大学在学中は、特に急ぎでないのならば8月、12月に引っ越しをするのがお得です。

この時期は引っ越しのオフシーズンとなっているため、引っ越し費用が繁忙期の半額以下になっており、値引き交渉にも応じてくれます。一人暮らしを始めると、どんどん荷物が増え、自力で引っ越しをすることが難しくなってきます。

ですので、なるべく引越業者を安く利用できるときに引っ越しをするようにしましょう。 新社会人になり、大学を卒業をするときは、なるべく早めに引っ越しをするようにしましょう。

1月くらいから引っ越しの準備を始め、2月に引っ越しをすることができると、物件もゆっくり選べますし、料金が安い時期に引っ越しをすることができます。

テストが終わった2月から引っ越しの準備を始めると、引っ越し時期が繁忙期の3月にずれ込んでしまい、引っ越しの見積料金が非常に高額になってしまいます。

卒業時は年が明けたタイミングから引っ越し準備を始めるとお得に引っ越しをすることができます。できるだけたくさんの物件を見て決めたいという人には、1~3月の繁忙期がおすすめです。

部屋探しをしている方が一年間で一番多い時期なので、不動産会社が物件数を多めに出しています。また、2月は新生活の準備をする人が出始めて、不動産会社も忙しくなるのですが、引越料金が安いため、この時期の引っ越しはかなり狙い目です。

【引っ越し時期が未定!新居も未定!】見積もり前の注意点

必ず新居を決めてから見積もりを取る方がお得

引越業者に見積もり依頼するときは、次の住居が決まっていることが不可欠な条件です。新しく住む場所の「市区町村」までが決まっている段階で、引越業者への「予約」は可能な場合もあります。

また、入居する部屋の周辺環境によって見積料金が異なることを知っておきましょう。 部屋が1階か2階以上かによっても作業効率が大きく変わります。エレベーターの有無によっても異なります。

道路の幅が狭い場合は、ピストン輸送するために軽トラックを追加することも考えられます。トラックのサイズを小さくして台数を増やす場合も出てきます。

このような事情から、見積料金は引っ越し先の立地条件によって大幅に変わる可能性があるのです。そのため、見積もり依頼をするときは、新居の契約が済んでから行うことが大切なポイントになります。

引っ越しの日取りが未定のときは、早めに予定日を決める

引越業者に荷物運搬を依頼するためには、引っ越し予定日を決める必要が出てきます。まだ、引っ越し日が決まっていない場合でも、おおよその予定日を設定することが大前提になります。

依頼したい業者にこだわる場合は、相手の都合に合わせる可能性も少なくありません。そのため、第三希望日まで決めておくことをおすすめします。

また、引っ越しする日取りが決まったら、その1ヶ月前までに見積もりをお願いした方がよいでしょう。

特に、多くの人が動く時期、いわゆる「繁忙期」といわれる3~4月は、早めに見積もりを行い、希望する条件に合った業者と契約することが大きな鍵を握ります。

運ぶ荷物が決まってない…見積価格と実際価格のギャップに注意

こちらもよくあるパターンです。引っ越し日と入居先が決まっていても、荷物量が決まっていない場合は正確な見積もりができなくなります。

運搬する荷物量はトラックの大きさや台数に関わってくるからです。当然、当日の作業スタッフの人数にも影響してきます。

引越業者を決めるためには「訪問見積もり」を受けます。その段階で廃棄予定の荷物が残っていても差し支えないでしょう。

ただし、新居へ持っていく荷物との区分けができていないと見積もりが難航します。とりあえず見積もりをしても、予想よりも荷物が多いと割高になってしまう可能性が高くなります。

トラックに積みきれない荷物、いわゆる「積み残し」を避けるためにも、大きめのトラックを用意する必要が出てきます。 ちなみに、予想外の荷物に関しては、無料で運んでもらえる場合と追加料金を請求される場合があります。

一方、荷物を積んだ後にトラックのスペースに余裕ができたとしても、その分を割り引いてもらうことはできません。

引っ越しの見積もりは余裕をもって1ヶ月前には依頼しよう

引越業者に見積もり依頼するベストタイミングは、荷物量や家族構成などによっても異なってきます。やはり、荷物が多い人は引っ越し当日までの荷造り作業に、より多くの時間を費やす傾向があるからです。

また、引っ越し間際まで使う物もあるため、引越業者と契約しないと具体的な作業を始めることができなくなります。引っ越しに伴う役所窓口などでの手続きにも影響してきます。

ちなみに、単身者の場合は引っ越し日の1~3週間前に見積もりが集中しているほか、引っ越し日直前の申し込みも少なくないようです。家族で引っ越す場合は、引っ越し日の2~4週間前というふうに、時間的に余裕をもって見積もりをしている傾向があります。

引っ越しの見積もりを取るためには「引っ越し日」「引っ越し先」「運ぶ荷物」が決まっていることが大前提です。また、お得に引っ越すためには、複数業者から見積もりを取ることが理想的です。引っ越し間近になると引越業者を探すだけでも大変かもしれません。

ネットの引っ越し一括見積もりを使って簡単・お得に引っ越し!

なるべく費用を抑えたい方におすすめなのが、訪問見積もりより先に、簡単で手軽なネットでの一括見積もりを行うことです。

一括見積もりサイトから複数の引越業者に引っ越し見積もりを依頼し、引越業者を比較してみましょう。

荷物量や、転居先までの距離、引っ越し条件など細かく伝えることで、実際にかかる引っ越し費用に近い見積金額を知ることができます。

また、お得な引っ越し情報や引越業者おすすめ一覧、引っ越し手続きの流れまで引っ越しにまつわるさまざまな情報まで得ることができます。さらに、一括見積もりサイトのご利用は無料です。

一括引っ越し見積もりサービスを利用して引っ越し料金相場を把握しておけば、値引き交渉もしやすくなるでしょう

【おすすめの引っ越し時期はいつだ?ポイントまとめ!】

  1. 繁忙期での引っ越しは、通常の2倍近く高くなる
  2. 平日の午後便は安くなるなど、曜日や時間帯などによっても料金が大きく異なってくる
  3. 新婚カップルにおすすめの引っ越し時期は、物件が多く出回る「1~3月」と「9~11月」がおすすめ
  4. 大学新入生や新社会人の引っ越しは「1~2月」がベストタイミング
  5. 必ず新居を決めてから見積もりを取る方がお得
  6. 新居を探すのにおすすめの時期は、1~3月、9~11月
  7. プランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して料金やサービスを比較してみる

引っ越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安い引っ越しプランの見積もり料金を比較

※引っ越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。 ※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。 ※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。 ※2020年5月現在、クロネコヤマトは家族向けおよび法人向け引っ越しサービスの申し込みを休止しています。

関連記事

長距離引越しの人必見!コンテナ便の料金相場・おすすめ引越業者ま…

「コンテナ便って、トラック便よりも安く運んでくれるの?」

同棲の引越し費用を少しでも安くするなら一括見積もりがおすすめ

「同棲するのは楽しみだけど、引越しは大変そう…」

生活保護受給者は引越し費用をどうしてる?住宅扶助の支給について

「生活保護を受給していても引越しできる?」 「

引越しでガスの解約と申し込みは必要か?正しい手続き方法と注意点!

「引越しでガスの解約と申し込みって必要なの?」

引越し費用に助成金が出るって本当?自治体が応援する転居とは

移住や定住を歓迎している自治体は少なくありません。特に、子育て世帯(ファミリー世帯)や…

無料の一括見積もりで
引っ越し料金が安くなる

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引っ越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

レイクALSA

  • 15秒で審査結果表示
  • 必要な金額だけ借りられる
※15秒は最短時間になります。21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

公式サイトはこちら

ネット環境がないなら
速い光回線

NURO光

  • 45,000円キャッシュバック
  • 基本工事費実質無料

公式サイトはこちら

おすすめ記事

カテゴリー一覧