引越しの吊り上げ作業の相場っていくら?料金相場とお得にする方法

「引越しで吊り上げが必要になるのはどんな時?」
「吊り上げ作業にかかる費用は?」

集合団地やマンションへの引越しで、家具・家電が大きすぎて部屋まで運べない場合は「クレーン車による荷物の吊り上げ作業」が必要になります。

とはいえ、吊り上げ作業は日常的に目にする機会も少ないので、料金や作業内容は謎ですよね。

ここでは、荷物の吊り上げ作業の方法や料金相場などについて紹介していきます。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

引越しの吊り上げ作業が必要なのはどんな時?

「吊り上げ作業」とは、2階以上の部屋に荷物を運び込むときに、クレーンなどを使って搬入する作業のことをいいます。

吊り上げ作業を目にする機会はめったにありませんが、どんな時に必要なのでしょうか?

まず前提としては、荷物の中にベッドやピアノなどの大きな家具・家電があること、そして搬入先が2階以上であることです。

その上で以下のような場合が必要となります。

  • 玄関や廊下を通れない

玄関の幅が狭かったり、大型家具を運搬するのに十分な広さが確保できないような場合は、吊り上げ作業が必要になります。

また、搬入先の部屋にたどり着くまで、曲がり角が多く入り組んでる場合も同様です。2階建ての一軒家などの部屋は内部の階段が狭く、大型家具などが通れない場合があり、そんな時にも吊り上げ作業が行われます。

  • 集合住宅にエレベーターがない

エレベーターのないアパート、団地の集合住宅の場合も吊り上げ作業が必要になることがあります。

集合住宅の階段はコの字に曲がっていることが多く、大型家具などは階段では運びづらいものです。

その場合は、無理に階段を使うのではなく、窓やベランダからクレーンを使って搬出・搬入することになります。

ほかにも、引越し時には家財道具を梱包するため、カサが高くなることも知っておきましょう。たとえば家財道具はがギリギリ通れてもそうなときでも、作業員の体が入る余裕がない場合は、階段を使っての運搬は困難になります。

荷物の搬入ができるかどうかは、玄関やドアの横幅、照明器具の位置なども考慮しておく必要があります。

吊り上げ作業にかかる費用は?相場を教えて!

吊り上げ作業が必要になれば、その手間に応じて追加で費用が発生します。

吊り上げ作業のおおよその料金は、以下の通りです。

  • ロープなどを使い、人力で2階まで吊り上げる場合:約1万円
  • クレーンを使う場合:約2〜3万円

ただし、吊り上げる家財道具の大きさや数だけでなく、搬入・搬出する階数によって、さらに追加料金が発生することもあります。

吊り上げ作業は大がかりな作業になりますので、場合によっては多額の追加料金が発生する場合があるため、できれば利用を避けて通りたいもの。とはいえ、引越しのためだけに、新居を諦めることは絶対にしたくないですよね。

たとえば、大きな家具の中でも、ベッドやタンスであれば解体して運ぶことも可能ですし、引越し業車の中には「ピアノ運搬」のオプションを用意している場合もあります。

訪問見積もり時に引越し業者に相談し、吊り上げ作業以外の方法はないか提案してもらいましょう。また吊り上げ作業が必要になった場合は、納得できるまで説明を受けることも必要です。

冷蔵庫やソファならいくらかかる?家具搬入の料金相場は?

ベッドやタンスであれば、解体してから運び出せば、吊り上げ作業の必要がない場合もあります。

しかし冷蔵庫やソファはそういうわけにはいきません。搬入・搬出経路が狭く持ち運べない場合は、どうしても吊り上げ作業が必要になります。

特に冷蔵庫は住居の壁に傷を付ける恐れもあるだけでなく、冷蔵庫自体が破損して故障する危険もあるため、吊り上げを提案される場合も少なくありません。

冷蔵庫の吊り上げ作業の相場は、2~5万円といわれています

作業スタッフの人件費やクレーンのレンタル費用などのほか、冷蔵庫の大きさによっても費用が異なるため、見積り時にきちんと確認することが重要です。

一方ソファは、1~2人掛けのであれば玄関や階段が使えることが多いですが、3人掛けのソファは搬入が難しくなります。

ちなみに、ソファを2階まで吊り上げるときの相場は、ロープで吊り上げた場合がで1万円、クレーンを使うときは2~4万円かかるといわれています。

ロープを使うの?引越しの際の吊り上げ作業ってどんなもの?

吊り上げ作業の方法は「手吊り」「ユニック車」「大型クレーン」「やぐら」の4種類があります。なお、「手吊り」以外の方法は事前予約が必要になります。

① 手吊り

ロープなどを使って、ベランダや大きな窓から荷物を吊り上げる方法です。

作業スタッフ(2~3人)によって行われ、家具類を搬入するときにおすすめです。

荷物によっては人員の追加が必要なことや、あまりにも重い荷物の場合、吊り上げができない場合もあります。

②ユニック車

トラックに小型クレーンが付いた車両のことを「ユニック車」といいます。

こちらの方法で作業するためには、荷物の搬入口が広い道路に面しているなどの条件があります。

また、周辺に電線や電話線が多いときは、利用できない可能性もあります。

③大型クレーン

屋根越しに荷物の搬入が可能になるため、建物が道路から離れているときや、道路と反対側の部屋に搬入口があるときに使います。

ただし、道路を大幅に占有することから、警備員の配置が必要になる場合も少なくありません。したがって、料金もかなり高くなります。

④やぐら

「丸太上げ」としても知られる方法です。丸太で組んだやぐらを利用してスタッフの手で吊り上げていきます。

4人以上のスタッフが必要で、これまでご紹介した方法でも難しい場合のみに用いられます。

吊り上げ作業を安く依頼したい!効果的な方法は?

引越しのときに吊り上げ作業が必要になると、その分の費用が追加で発生します。少しでも安く引っ越すためには、複数の業者から見積りを依頼しましょう。

ちなみに、家電量販店で冷蔵庫の購入時、2階への搬入にクレーンでの吊り上げ作業を依頼すると3万円前後かかるといわれています。もちろん、単純比較はできませんが、引越し業者の吊り上げ作業費用は、それよりも安い傾向にあります。

ただし、引越し業者の中には吊り上げ作業を用意していない場合もあります。何百とある引越し業者から、どの業者が対応しているかを探すことは困難です。

吊り上げ作業に対応している引越し業者を探すときは「一括見積りサイト」を利用する方法があります。

また、吊り上げ作業を依頼するときに限らず「一括見積りサイト」を利用するのがおすすめ。「一括見積りサイト」から申し込むことで、一度の入力で複数の業者からまとめて見積もりを依頼できます。

さらにいえば、一括見積もりを利用すれば、料金の値引きも期待できます。一括見積もりを経由して依頼したことは、引越し業者も把握しています。そのため業者にとっては、なるべく自社と契約してもらいたいため、他者を意識して価格を下げざるをえなくなるのです。

引越しの見積りは複数業者に依頼して、最も条件のよい業者と契約することが理想的です。しかし、業者ごとに情報入力すると時間がかかり、面倒に感じることが少なくありません。そのような手間暇を軽減するためにも「一括見積りサイト」からの申し込みをおすすめします。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

長距離引越しの人必見!コンテナ便の料金相場・おすすめ業者まとめ

「一般的な引越しよりコンテナ便って安く運んでくれるの?」 「引越し業者に見積…

引っ越し立ち寄りプランって?同棲・同居を始める人に伝えたい事4選

実家の荷物、トランクルームの荷物、同棲を始める恋人の荷物、一度に引越しってでき…

引っ越し業者VS便利屋!価格やサービスの違いを徹底比較!

引っ越しをする際は引っ越し業者に依頼をすることが一般的ですが、繁忙期で業者の予約が取れなかったとき…

【引越し】らくらくパックを使うべきかサービス範囲・料金から比較

「引越しらくらくパックってどこまでやってくれるのかな?」

活用するととても便利!引越し業者の荷物一時預かりサービスとは?

引越しには想定外のこともあるため、終わるまでは一瞬たりとも気が抜けません。最も避けたいことは、現…