引っ越しでガスの解約と申し込みは必要か?正しい手続き方法と注意点!

「引っ越しでガスの解約と申し込みって必要なの?」
「手続きとか面倒くさいし、代行でやってほしいよ…」

引っ越しをするとき、水道や電気、ガスの事業者に連絡を入れることは、忘れてはならない大切なことです。

もしも、解約や申し込みの連絡を怠ってしまうと、新居ですぐにガスや水道が使えない場合があります。

特にガスは、立ち会いをして手続きを行わなければ、新居で使用することはできませんが、代行でやってくれる業者もあります。

今回は、引っ越しをする際に覚えておきたいガスの情報をお送りします。

引っ越しに伴うガスの手続きとタイミングが知りたい!

  1. 引っ越し前に事業者に必ず連絡を入れて閉栓を行うが、立ち会いが必要な場合も!
  2. 必ず立ち会いのもとで、開栓手続きをしてから使用可能となる。引っ越し日の1~2週間前に事前に予約を取る!
  3. 閉栓・開栓手続きは、電話やオンライン上で簡単に行うことができる!
  4. 引っ越しの前に「一括見積もりサイト」を利用してガス手続きのサービスがある業者を調べよう

引っ越しをするなら、「一括見積もりサービス」を利用しましょう。利用の際は、引っ越し先や希望日時などを入力するだけでOK。複数社の見積もりを比較することで、安い引越業者をカンタンに見つけることができます。

※一括見積もりを利用して引っ越せば、最大10万円のキャッシュバックなどが抽選で当たります。【2020年5月31日まで】

安い引っ越しプランの見積もり料金を比較

引っ越しの退去に備えたい!ガスの解約連絡や閉栓の手続き方法は?

引っ越しに伴うガスの解約について

ガスの元栓を自分で締めたから、それで閉栓が完了すると思っている人もいるかもしれません。しかし、必ず引っ越し前に事業者に連絡をして解約手続きを行わなければ、閉栓したことにはなりません。

<閉栓手続きのポイント>

  • 契約者(代理人可)が立ち会わなければならない場合がある
  • 退去立ち会いをする少し前に、予約を取るのがベストなタイミング
  • できるだけカギを持っている間に閉栓ができるようにプランを立てておく
  • 閉栓とともにその月の使用量を測定するため、その場で現金で支払うか(要事前予約)、新居へ請求書を郵送してもらうことができる

手続きの方法は、契約しているガス会社に電話連絡して訪問日を決める方法もありますが、ガス会社のサイトからオンライン上でも訪問予約を取ることが可能です。

ガスの閉栓には契約者(代理人可)が立ち会わなければならない場合があるので、自分の都合の良い日に予約が取れるよう、できるだけ早くガス会社に連絡をしておくようにしましょう。

不動産業者や大家などと退去立ち会いをする少し前に、予約を取るのがベストなタイミングです。退去立ち会いでは部屋のカギを返さなくてはならないので、それ以降は簡単に部屋の中には入れません。

ガスの閉栓のためには事業者が部屋の中に入る必要があるので、できるだけカギを持っている間に閉栓ができるようにプランを立てておくことが重要です。

また、新居でも同じガス会社を利用するなら、クレジットカード払いや口座振替も利用できます。なお、月の途中で閉栓した場合は、最終月の料金は日割り計算になります。

新居への引っ越しを快適にしたい!ガス開栓の手続き方法とタイミング

閉栓手続きも大切ですが、新居での開栓手続きもまた重要です。

水道や電気は手続きをしていなくても新居に引っ越してすぐに使えることがありますが、ガスの場合は開栓手続きをしないと使用することができません

新居に引っ越しが完了する日にガス会社の訪問を合わせるためには、引っ越し日の1〜2週間前には連絡をして、開栓手続きのための訪問日を予約してください。
こちらも、電話やガス会社のサイトからオンライン上で予約することができます。

どうしても訪問日に契約者が家にいられないという場合は、代理人でも可能です。新居のガスは都市ガスかプロパンガスかを事前に確認しておくと、手続きがよりスムーズに行えることでしょう。

<開栓手続きはこれで解決!>

  • 立ち会いが必要なので、引っ越し日の1〜2週間前には予約しておく
  • ガスコンロやガス暖房器などのガス機器が必要なため、事前に用意しよう
  • 都市ガスからプロパンガスに変わったりその逆だったりした場合は、ガス機器が前のものを使えない可能性あり
  • 開栓の場合は新たに契約を交わすが、多くのガス会社ではサインでも可能

引っ越しのガス手続きに立ち会いは必要?電話やネットで手軽にできる!

引っ越しのガス手続きはネットでもできる

閉栓・開栓手続きは、電話やオンライン上で簡単に行うことができます。閉栓のための電話をする際は、お客様番号が記載されている領収書や検針票が手元にあると、やりとりがスムーズに進みます。

オンライン上で閉栓手続きをする際にも、お客様番号が必要になるでしょう。開栓手続きには引っ越し先の住所を伝えますが、アパートやマンションの部屋番号まで伝える必要があります。

新住所が書かれている書類を用意して、聞かれたときはすぐに答えられるようにしておきましょう。また、いずれの場合も訪問日を事前に決めておくことが大切になります。

第一候補日が事業者にとって都合が悪いことも想定し、第三候補日時まで用意しておくとよいでしょう。

立ち会いはすべきなの?ガスメーターの場所による?

ガスに関する手続きでは多くの場合立ち会いが必要になりますが、閉栓手続きではメーターの配置場所によっては立ち会いが不要な場合もあります。

メーターが屋外や室外の場合は立ち会いをしなくても済むケースがあるので、メーターが家のどこにあるかを調べておくといいかもしれません。

一方、新居での開栓手続きでは、ガス漏れ検査や点火確認など、さまざまな確認作業が必要になります。

そのため、必ず立ち会いが必要になるので、どうしても家にいられないときなどは代理人を立てるなどの対応をしましょう。

ガス手続きのサービスがある引越業者を見つけるために

面倒なガスに関する手続きですが、ガス手続きのサービスがある引越業者を利用すると、ストレスが軽減されることでしょう。

大変便利なサービスを提供する引越業者は、「一括見積もりサイト」で探すことができます。

一括見積もりサービスではその他にも、複数社の業者の料金を比較でき、業者ごとの特徴を分析している情報が載っていたりするので、とても役に立ちます。

業者探しの手間を大幅に縮小してくれるため、煩わしさも伴う引っ越しを快適なものに変えてくれることでしょう。

一括見積もりで代行サービス業者を探す

【引っ越しに伴うガスの手続きとタイミングのまとめ】

  1. 引っ越し前に事業者に必ず連絡を入れて閉栓を行うが、立ち会いが必要な場合も!
  2. 必ず立ち会いのもとで、開栓手続きをしてから使用可能となる。引っ越し日の1~2週間前に事前に予約を取る!
  3. 閉栓・開栓手続きは、電話やオンライン上で簡単に行うことができる!
  4. 引っ越しの前に「一括見積もりサイト」を利用してガス手続きのある業者を調べよう

2~4月は引っ越しの繁忙期です。希望の日時に引っ越しするためにも、早めに見積もりを依頼しましょう。

引っ越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安い引っ越しプランの見積もり料金を比較

※引っ越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。
※2020年5月現在、クロネコヤマトは家族向けおよび法人向け引っ越しサービスの申し込みを休止しています。

関連記事

引っ越しのらくらくパックとは?サービスと料金相場大公開

「引っ越しらくらくパックってどこまでやってくれるのかな?」

引っ越しの理由ランキング!男女別・トラブル時の引っ越し事情ベス…

「本当の引っ越し理由は言いづらい…他の人はどんな理由で引っ越すの?」

引っ越しのおすすめ時期っていつ?料金をお得にできるコツを紹介!

「できるだけ引っ越し費用が安い時期を知りたいな…」 「いつから引っ越し…

引っ越し後の保険証って住所変更手続き必要?注意すべきポイントと…

「引っ越し後に保険証って住所変更すべき…?」 「保険証って住所変更した…

引っ越し時の本籍変更は面倒…本籍を変えるべきか3分で知る方法

「引っ越ししたら本籍って変えるべき?そのままにしておくべき?」 「本籍…

無料の一括見積もりで
引っ越し料金が安くなる

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネット環境がないなら
最短で申込日から使える

Broad WiMAX

  • 月額2,726円~(税抜)
  • 店舗に行けば最短でその日から使える

公式サイトはこちら

おすすめ記事

カテゴリー一覧