引越しを迷う時っていつ?条件や家賃などポイント別悩みまとめ!

引越しを迷う時っていつ?

「引越しはしたいけど、今すべきなのか迷う」
「みんなの迷う時っていつ?その対策方法とは?」

殆どの人が引越しを人生において何回も行うことはめったにないようです。引越しは生活を一新するイベントなので、迷う場面も多いものです。

ふっと引越したい気持ちが出てきたとしても、今の住まいを離れるメリットがあるのかどうか、条件などの判断に迷いがちでしょう。

ここでは、引越しの際にみんなが迷いやすい3つのケースをご紹介します。

引越しで迷う時はこれをチェック!


  1. 圧倒的に「引越し初期費用>更新費用」だが、引越し費用など削られるところは意外と削れる!
  2. 電車通勤時間は片道で1時間以上なら、契約を更新せずに引越し行った方がコスト削減になる場合も!
  3. 物件探しのコツは、自分にとって譲れない優先順位をリスト化してみること!
  4. 引越しプランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して簡単に最安値を出してみる

引っ越しするなら一括見積もりを検討してください。希望日時や引っ越し先を入力するだけで候補の引っ越し会社の一覧が出ます。
あとは条件や金額を比較して選ぶだけなので簡単に決められます。

※2月〜4月は依頼が多いので、早めに見積もりをしてください

単身向け引越しプランを料金で比較したい

引っ越し料金は現金払いが一般的なのでカードローンを検討してください。カードローンなら1万円から必要な金額だけ借りられるので検討して下さい

楽天銀行スーパーローンに申込

引越して2年経過した時!契約更新料を払うか引越しか迷う!


【家賃7万円の場合の更新料】

更新料(35,000円~70,000円)※賃貸借契約内容によります + 火災保険料(約20,000円) =55,000円~90,000円

引越しの初期費用は、平均的に家賃4~5か月分ですので、30万円以上かかります。引越しを考えている方はある程度貯金をしなければなりませんね…

初期費用を安くすることは難しいですが、引越し料金でしたら一括見積をサイトを利用し複数業者に依頼することで半額まで引越し費用を抑えることが可能です。 引越ししたとしても家賃以外にかかる交通費や管理費などの費用がかさんでしまうと引越し前より外に出ていくお金が多くなってしまうことがありますので、物件選びは慎重に行いましょう。

引越しすべきか迷う!今の住まいから会社までの通勤時間が長い!

通勤時間を有意義に過ごせていないなと感じるのでしたら引越しをしてしまって良いでしょう。

なぜなら、電車通勤で無駄にしている片道1時間には1年間で77万円もの価値があるからです。

あなたが平均的なサラリーマンだとして、その時給は1486円。それに平日往復で5日間が52週間です。これを料金に換算する772,720円となります。 2万円増やして職場に近いところに引越しをしたとしたら1年間で47万円の価値がある引越しをしたことになります。 迷うことはありません。1時間前後出勤に時間がかかるのでしたら引越しをしたほうが絶対にお得です。

引越したいけど条件の良い物件が選べず迷う!物件探しのコツとは?

「忙しくて物件をみる時間が取れない」「どの物件を見ても決めれない。」という方は自分の絶対に譲れない条件に優先順位をつけて並べてみましょう。

優先順位に点数を振り総合得点で判断しましょう。

譲れないポイントが日当たりと水回りの綺麗さと収納だったとして、出てきた候補が日当たりがいいけど水回りが汚く収納もあまりないA物件、水回りはきれいで収納もしっかりしてるけど日当たりが悪いB物件だった場合どうしますか?

この時、優先順位が高い順に水回り(3点)、日当たり(2点)、収納(1点)だった場合点数をつけていきます。 すると、A物件は2点B物件は4点となりB物件を選ぶことができます。 悩みすぎて自分がどの物件がいいのかわからなくなってしまった場合はこの方法を使ってみてください。


実際引越しを迷う時の体験談が知りたい!実は条件面以外にある?

物件見学では不動産の営業担当者から「人気のある物件なので、すぐに決めたほうがよい」と言われることが多いものです。 しかし、急かされたからといって、即決しないでください!1~2日くらいで物件が埋まってしまうということはありませんので、後悔しないためにも、物件選びの優先順位と照らし合わせながら、数日寝かしてそれでも引越ししたい!と思ったらその物件にしましょう。

引越しをしようか迷うことはよくあると思うのですが、煮詰まってしまったときは思い切って引越し業者に連絡して引越し日を決めてしまうとスムーズにいくことがあります。

引越しするまで2年迷ったがその方法で引越しできたという方から話を聞きました。

実際引越しを迷う時の体験談が知りたい!実は条件面以外にある?

少しでも職場の近くに住みたいけど…初期費用を満員電車で通う日々

引越し 迷い 咲紀さん インタビュー

社会人になって2年、なかなかまとまったお金を使う勇気がなく、職場の近くに引越したくても我慢する生活がしばらく続きました。通勤ラッシュ、貧血で倒れることも多々ありました。

これ以上我慢できない!物件が決定する前に一括見積してみた結果

物件を見るのが日課になっていましたが、なかなか物件が決まりませんでした。このまま悩み続けてだらだら探していても時間の無駄と思ったので、試しに引越し費用を見積もってみました。

こちら側の引越し日はいつでもよかったので、引越し業者の方が1か月以内で一番安い日、安い時間で提案してくれました。一括見積で複数依頼したことで、かなり値段を押さえられ、「これなら初期費用を払ってもいいかな」という金額に落ち着きました。(都内、単身、大型家具処分込みで2万円以下)

引越し日が決定しているので不動産屋も本気で物件を探してくれた

引越し 迷い

引越し業者まで決定していますということを不動産屋に伝えると、未公開物件や好条件物件を多数紹介してもらえるようになりました。引越し時期を決めずに相談に行っても、「どうせ借りないんだろうな」と思われてしまうようです。

結果的に、一括見積をしてから約3週間で物件契約、引越し準備、引越し完了となりました。優柔不断な私にとっては、引越し日を決めてしまうというのはいい決断だったと思っています。

引越しは考えることも手続きも多く、迷うことばかりです。通勤ラッシュの満員電車からも解放され今は快適な生活を送っています。初期費用はかかってしまいますが、引越して後悔したことはありません。もっと早く引越しを決意すればよかったと思っています。

引越し以外、エアコンを移転するか買い替えるか迷う時には?

引越しをするときに、エアコンを移動させるかどうか迷う方が多いのではないでしょうか。エアコンを新居に持っていくかどうかは、現在使っているエアコンの性能で決めるのがおすすめです。引越しでエアコンを移動するときには、取り外し・取り付け工事が必要になり、取り外しと取り付けのセットで2万円前後の費用がかかります。

さらに、設置工事の際に新たな部材が必要になったときには、追加料金がかかることもあります。そのため、工事費用をかけてもエアコンを持ち運ぶ価値があるかどうかを考えなくてはなりません。長く使い続けたエアコンであれば、最新の製品と比べて冷却効率が劣るため、転居先で買い替えるほうが毎月の電気代を抑えられる可能性があります。

木造6畳~鉄筋7畳に対応するエアコンの場合、安いものなら工事費込みで5~6万円程度の価格で購入できるので、エアコンが古ければ買い替えを検討するのもよいでしょう。一方、エアコンが比較的新しい製品であれば、最新の製品に買い替えても性能はそれほど変わらないと考えられますから、持っていく価値がありそうです。なお、転居先が賃貸物件の場合、エアコンの穴あけ工事が可能かどうか、あらかじめ確認しておくと安心です。

【引越しで迷う時はこれをチェック!】

  1. 圧倒的に「引越し初期費用>更新費用」だが、引越し費用など削られるところは意外と削れる!
  2. 電車通勤時間は片道で1時間以上なら、契約を更新せずに引越し行った方がコスト削減になる場合も!
  3. 物件探しのコツは、自分にとって譲れない優先順位をリスト化してみること!
  4. 引越しプランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して簡単に最安値を出してみる

2月〜4月は依頼が多いので、早めに見積もりをしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

単身向け引越しプランを料金で比較したい

引っ越し料金は現金払いが一般的なのでカードローンを検討してください。カードローンなら1万円から必要な金額だけ借りられるので検討して下さい

楽天銀行スーパーローンに申込

※引越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。
※2020年2月現在、クロネコヤマトは家族向け及び法人向け引越しサービスの申し込みを休止しています。

関連記事

【永久保存版】引越業者&便利屋!価格・サービスを徹底比較

「引っ越し作業って便利屋にお願いできるの?」

長距離引っ越しの人必見!コンテナ便の料金相場・おすすめ引越業者…

「コンテナ便って、トラック便よりも安く運んでくれるの?」

引越し後の保険証って住所変更手続き必要?注意すべきポイントとは?

「引越し後に保険証って住所変更すべき…?」 「保険証って住所変更したら…

同棲の引っ越し費用を少しでも安くするなら一括見積もりがおすすめ

「同棲するのは楽しみだけど、引越しは大変そう…」

引越しの吊り上げ費用はいくら?料金相場と安く抑える方法まとめ

「引越しで吊り上げ作業が必要になるのはどんなとき?」 「吊り上げ作業の…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホ完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

引越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

レイクALSA

  • 15秒で審査結果表示
  • 必要な金額だけ借りられる
※15秒は最短時間になります。21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

公式サイトはこちら

引越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

アイフル

  • 初めてなら最大30日間無利息
  • 最短1時間で融資可能

公式サイトはこちら

おすすめ記事

カテゴリー一覧