引っ越し業者VS便利屋!価格やサービスの違いを徹底比較!

引っ越しをする際は引っ越し業者に依頼をすることが一般的ですが、繁忙期で業者の予約が取れなかったときや、料金が安そうだということで「便利屋」に引っ越しをお願いする人もいるようです。確かに便利屋は重い荷物の運搬から家電製品の取り付け作業まで何でも行ってくれます。しかし便利屋に引っ越しを依頼すると思わぬデメリットもあるようです。今日は引っ越し業者と便利屋の違いについてまとめてみました。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し侍のおすすめポイント

  • 最大10万円キャッシュバックもしくは家電が当たるキャンペーン実施中
  • 業界最多クラス!人気の引越し業社230社以上を比較
  • 安心の実績!引越しご紹介件数3110万件突破
  • 簡単1分の登録で一番安い見積もりがわかる
  • 引越し料金が最大50%安くなる
引越し侍といい引越しタイアップの画像

引っ越し業者と便利屋!サービス内容はどう違うの?

便利屋と引っ越し業者は似ているようですがかなり違いがあります。まず引っ越し業者は「引っ越し」のエキスパートです。単身者の荷物が少ない引っ越しから大家族の長距離引っ越しに至るまで幅広く対応しています。引っ越し専用の車を保有し、割れやすい食器類の梱包作業から100kgを超す大型家電まで丁寧に運搬作業を行います。引っ越し作業もスピーディーに行い、荷物の少ない短距離の引っ越しなら2~3時間で終わらせることも多いでしょう。

ただ引っ越しに対応する人数も複数人で行うため、それなりの人件費を含めた費用が掛かります。 一方の便利屋は、「家のことなら何でも引き受ける」というのが主な仕事です。引っ越し作業も請け負いますが、引っ越しだけに特化した会社ではないので、引っ越し業者に比べると時間が掛かったり作業に慣れていなかったりすることもあるでしょう。 例えば引っ越しには家財や食器類をまとめる段ボールや梱包資材が必要になります。

引っ越し業者であれば大量に梱包資材を安く仕入れていることもあり、無料で依頼主に提供してくれることもあります。特に段ボールは見積もりを取った時点で依頼主に準備され、余裕をもって引っ越し準備を進めることができるでしょう。しかし便利屋の場合段引っ越しのための梱包資材を持っている会社は少なく、依頼主は自ら新聞紙や寄せ集めた段ボールで荷物の梱包を行わなくてはなりません。そのような点から引越しを便利屋に依頼すると、引っ越し業者と比べ依頼主にとってデメリットが多いこともあります。ただ便利屋は家に関することは頼めばすべて行ってくれるので、ホームクリーニングやエアコンの設置といった作業も、引っ越しと同時に依頼することもできます。

料金はどうなっている?便利屋のほうがお得なの?

では便利屋と引っ越し業者の値段を比較してみましょう。まず便利屋の料金の基本は、1人のスタッフが1時間作業に当たると平均で3,000円掛かることが多いです。引っ越し作業を車なしの1時間で行うことはまず不可能ですから、作業時間を2時間で考えトラック一台の車両費を含めると、合計でおよそ9,000円になります。引っ越し業者の単身パックでも1万円以下で仕事を行ってくれることは非常に少ないため、単純に考えると便利屋の方が値段が安いように見えます。

しかし便利屋でも9,000円で引っ越し作業を終えるのはほとんど不可能です。まず訪れてくるスタッフが1人しかいませんから、2時間以内に家電製品を1人でトラックへ積み下ろし作業を行うのは大変です。スタッフをもう1人増やすと単純に人件費の2倍の料金が追加されます。しかも移動距離20キロ圏内程度なら車両費だけの値段で対応してくれますが、それを過ぎると1kmあたり200円程度の追加料金が掛かります。また2時間という契約をしていてもそれを過ぎると作業時間の料金が追加されますし、引っ越しで出た不用品回収の費用なども後から請求されることが多いです。

引っ越し当日になって作業時間をオーバーした、走行距離が思ったより遠かったなどの理由で、最終的な金額は当初の見積額よりも高いことが多いのです。このように便利屋は積み切り料金であるため、引っ越し業者と違い荷物が少なければお得というわけではありません。便利屋を利用してお得なケースは、引っ越しの移動距離がとても短い、スタッフ1人が2時間以内で運べるような荷物しかない、といったケースです。こうした引っ越しは非常に少ないと言えるでしょう。一方の引っ越し業者は時間帯や荷物の量によってお得な引っ越しプランも用意されており、単身者の近距離引っ越しなら1万円ちょっとで行えることもあります。当初の見積額からプラスされることもまずないので、トータル的に見ると引っ越し業者を利用したほうが良いと言えます。

引っ越しを便利屋に依頼!メリットとデメリットは

便利屋の引っ越しには次のようなメリットがあります。まず「短距離で1人で荷物が運べるような場合、引越し業者よりも安くすむこともある」、「ハウスクリーニングやエアコン設置などを同時に依頼できる」、「24時間対応が多いので夜間の引っ越しもできる」ということです。 しかしその一方「引っ越し作業に慣れていないため、大型家電の搬入などに不安がある」、「見積もり金額よりも高くなることが多い」、「梱包資材を自分で用意しなくてはならない」、「荷物の補償がついていないことがある」、このようなデメリットがあります。

もう一方の引っ越し業者のメリットは「荷物補償もあり、大型家具や家電の搬入も安心できる」、「見積価格から高くなることはほとんどない」、「梱包資材のサービス」などがあり、引っ越しに関することなら安心して任せることができます。デメリットとしては「3月の繁忙期は高くなるとか予約ができないこともある」、「ハウスクリーニングやエアコン設置などは対応していない業者もある」、ということがあります。 こう見ると、単身者でシンプルな家財道具しかない場合は便利屋の引っ越しを利用しても良い場合もありますが、家族での引っ越しや大切な家財道具がある場合はやはり引っ越し業者を利用したほうが良いでしょう。

また単身者の場合でもトータル的に見ると引っ越し業者の方が値段を抑えられることもあります。自分の引っ越しはどちらの業者に頼むべきかを判断できたら、さっそく引っ越しの準備を始めましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
引越し侍といい引越しタイアップの画像
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

引越しの吊り上げ作業の相場っていくら?料金相場とお得にする方法

「引越しで吊り上げが必要になるのはどんな時?」 「吊り上げ作業にかかる費用…

長距離引越しの人必見!コンテナ便の料金相場・おすすめ業者まとめ

「一般的な引越しよりコンテナ便って安く運んでくれるの?」 「引越し業者に見積…

引っ越し立ち寄りプランって?同棲・同居を始める人に伝えたい事4選

実家の荷物、トランクルームの荷物、同棲を始める恋人の荷物、一度に引越しってでき…

【引越し】らくらくパックを使うべきかサービス範囲・料金から比較

「引越しらくらくパックってどこまでやってくれるのかな?」

活用するととても便利!引越し業者の荷物一時預かりサービスとは?

引越しには想定外のこともあるため、終わるまでは一瞬たりとも気が抜けません。最も避けたいことは、現…