生活保護受給者は引越し費用をどうしてる?住宅扶助の支給について

引越し 料金

生活保護を受給していても引越しできる?
敷金や礼金はどうやって支払おう…

生活保護制度には「住宅扶助」があります。アパートの家賃等の住宅確保に必要な経費が、一定の範囲内で実費が支給されるというものです。

生活保護を受給していても、引越しをする自由はあります。やむを得ず住居を移動しなければならない場合は、福祉事務所の担当者に相談しましょう。

この記事では、生活保護の受給者が受け取ることができる住宅扶助について、詳しく紹介していきます。

生活保護を受給している人の引越し費用 

  1. 生活保護制度には家賃や敷金、更新料が支給される「住宅扶助」がある
  2. やむを得ず転居が必要な場合は敷金が支給される
  3. 引越し費用の受給には、多くの場合3社以上の見積もりが必要
  4. 引越し前に「一括見積もりサイト」を利用して複数業者の料金を確認してみる

引っ越しするなら一括見積もりを検討してください。希望日時や引っ越し先を入力するだけで候補の引っ越し会社の一覧が出ます。
あとは条件や金額を比較して選ぶだけなので簡単に決められます。

※2月〜4月は依頼が多いので、早めに見積もりをしてください

単身向け引越しプランを料金で比較したい

引っ越し料金は現金払いが一般的なのでカードローンを検討してください。カードローンなら1万円から必要な金額だけ借りられるので検討して下さい

アイフルに申込

生活保護の受給者が住宅扶助を受けるには?

生活保護費で新たに引越し費用を受給するには?

住宅扶助は、生活保護を受けている人に対して、家賃や転居・契約更新にかかる費用を補てんするためのものです。

上限額は居住地域によって異なります。また、全国の家賃の実態や家賃物価の動向を反映し、上限額の設定が適宜変更になることもあります。

例えば、東京都福祉保健局が管轄する東京23区の場合、単身世帯であれば5万3,700円、2人世帯であれば6万4,000円が上限額です(2015年7月1日~)。上限額については、居住地域の福祉事務所に問い合わせてみましょう。

では、住宅扶助はどういった場合に支給されるのか、具体的に見ていきましょう。

住宅扶助を引越し費用にあてることはできる?

住宅扶助は、家賃や間代、地代など、住居にかかる費用を助けてくれるものです。ただし、共益費は生活扶助に含まれるので注意しましょう。

また、生活保護を受けている人が引越す際に必要となる資金も、一定の限度額内で支払われます。具体的には敷金や更新料などです。

引越し費用のうち敷金を負担してくれるなら大助かりですが、支給には自治体によりさまざまな条件があります。多くの場合、災害によって住宅が失われたり、世帯人数に対して極端に狭かったり、離婚や転職によって住居を去らねばならなかったりと、やむを得ない事情があれば敷金が支給されるようです。

また、住宅扶助として、住宅維持費が支給されることもあります。社会通念上最低限の生活にふさわしい程度に回復するための費用です。

主に以下のものが該当します。

  • 建具
  • 水道設備
  • 配電設備

住居の状態によって支給される住宅維持費も変わってきます。条件も自治体によって異なるので、まずは居住地域の福祉事務所に問い合わせてみましょう。

福祉事務所の一覧はこちらから確認できます。

引越し費用については複数社の見積もりが必要

生活保護を受けている場合、引越しの費用も負担してもらえるはずです。ただし、費用の求め方についてもルールがあるようなので、事前に福祉事務所に相談することをおすすめします。

引越し費用については、3社以上の引越し業者の見積もりを求められることがあるようです。一社ずつ電話して訪問見積もりをお願いするのは、なかなか面倒ですよね。

そんな時は、一括見積もりサイトの利用を利用してみましょう。転居元と転居先の住所を入力し、運んでほしい荷物をチェックして送信すれば、1分ほどで複数社から見積もりが届きます。

一括見積もりしてみる

正確な荷物の量をもとにした引越し費用を知りたい場合は、訪問見積もりをしてもらいましょう。一括見積もりで連絡がきた引越し業者の中から、気になった会社に依頼するといいですね。

【生活保護を受給している人の引越し費用】

  1. 生活保護制度には家賃や敷金、更新料が支給される「住宅扶助」がある
  2. やむを得ず転居が必要な場合は敷金が支給される
  3. 引越し費用の受給には、多くの場合3社以上の見積もりが必要条件
  4. 引越し前に「一括見積もりサイト」を利用して複数業者の料金を確認してみる

2月〜4月は依頼が多いので、早めに見積もりをしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

単身向け引越しプランを料金で比較したい

引っ越し料金は現金払いが一般的なのでカードローンを検討してください。カードローンなら1万円から必要な金額だけ借りられるので検討して下さい

アイフルに申込

※引越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。
※2020年2月現在、クロネコヤマトは家族向け及び法人向け引越しサービスの申し込みを休止しています。

関連記事

同棲の引っ越し費用を少しでも安くするなら一括見積もりがおすすめ

「同棲するのは楽しみだけど、引越しは大変そう…」

引越しの吊り上げ費用はいくら?料金相場と安く抑える方法まとめ

「引越しで吊り上げ作業が必要になるのはどんなとき?」 「吊り上げ作業の…

仏滅の引越しは縁起が悪い?大安よりも料金が安くなる?

「引越しの日が仏滅になりそうで、ちょっと気になる…」

【永久保存版】引越し業者VS便利屋!価格やサービスを徹底比較!

「引越しを便利屋に頼むのって可能?」 「引…

引越しのらくらくパックって実は損する!?サービスと料金相場大公開

「引越しらくらくパックってどこまでやってくれるのかな?」

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

アイフル

  • 初めてなら最大30日間無利息
  • 最短1時間で融資可能

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事