引っ越し先でテレビが映らない場合の対処法を原因別にご紹介

引越しの見積もりはお早めに。

2019年1月〜4月は引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

引越し先のテレビが全く映らない場合に考えられる原因と対処法

引っ越しは一日中バタバタと落ち着きなく過ごすものですから、普段はきちんとできていることが見落とされてしまうなどとよくあります。まずは落ち着いて、テレビの状態を確認しましょう。

  • テレビの電源は入っているか

コンセントに接続されている。テレビの主電源は入れた。それでも映らなかったら、ブレーカー(配電盤)を確認してください。テレビのコンセントの箇所が、落ちたままになっているのかもしれません。

  • B-CASカードが抜けている

今のテレビのほとんどは、このB-CASカードが挿入されていないと映りません。引っ越しのときに抜けていないか、確認しましょう。もし引っ越し中に紛失してしまったら、テレビのメーカーに連絡して、再発行してもらわなければいけません。

  • アンテナに接続されているか

新築ではない家に転居した場合、アンテナが設置されているか確認はしましたか。以前の住人が引っ越しするときに、アンテナを外して持っていったことも考えられますので、確認してください。地デジ用のアンテナが設置されていなければ、テレビは映りません。

  • 衛星放送になっていないか

テレビの受信設定を、DVDやブルーレイ、衛星放送にしていませんか。リモコンで地上放送を選択してみてください。

配線が原因でテレビが映らないというのは、配線が間違っているせいです。どのように配線すれば映るのか、DVDなどがある場合と、ない場合で説明します。

  • DVDレコーダー(ブルーレイレコーダー)を繋げる場合

コンセントの側にテレビアンテナ端子があるか確認してください。そこにアンテナーケーブルを挿入し、録画機能のあるレコーダーに繋げます。

HDMI端子があれば、これで繋ぐのが一番簡単ですHDMIケーブルで、DVDとテレビを繋ぎます。

HDMI端子を使わないのなら、レコーダーからビデオケーブルを使用して、テレビに繋げます。ビデオ側が出力、テレビ側が入力になります。

ビデオケーブルは、先が黄色がビデオ画像、左音声が白、右音声が赤となっています。このビデオケーブル以外にも、テレビによってはD端子、S端子で映像を繋ぐことができます。音声はいずれでも、白と赤のケーブルを使用します。

ケーブルの黄色を白の部分に差し込んだりしていませんか?D端子、S端子だけ差して、音声用のケーブルを使わないでいませんか。もう1度、よく確認してみましょう。

  • テレビだけで視聴する場合

アンテナ線をテレビに直接繋ぐだけです。地上デジタル入力端子に正しく接続してください。

設定や配線も問題がなく、電源も入っているようなら、問題はアンテナの配線かもしれません。けれどそのような問題だと、自分で治すのはやはり難しいようです。原因を見つけてもらうように、プロにお願いしましょう。

  • 不動産屋に伝える

賃貸の部屋に越してきた場合や、中古のマンションを購入した場合は、まず仲介してくれた不動産屋に相談しましょう。不動産屋は電気関係の業者に詳しいですし、賃貸物件の場合は快適なテレビ受信という条件も、賃貸契約のなかに含まれていることがあります。

  • テレビの製造メーカーに問い合わせる

テレビのメーカーに原因調査を依頼すると、数日かかることがあります。特に引っ越しの多い3月や4月ですと、自分の都合のいいときに来てもらえるかわかりません。日程があえば問題ありません。

  • 地元の電気店にお願いする

これからもなにかお願いする機会があるかもしれません。親切な電気店に巡り会えたら、いろいろと助かります。

  • 専門のプロに依頼する

社団法人700MHz利用推進協会
電話による問い合わせ先
700MHz(メガヘルツ)テレビ受信障害対策コールセンター
0120-700-012(通話料無料)
受付時間 午前9時~午後10時 祝祭日および年末年始を含む

地上デジタル放送に移行してから、地域によって設定が違うようになりました。引っ越し先が近隣の市町村でしたら、設定を変えずにすむのですが、離れた場所に引っ越した場合、設定の変更が必要です。

チャンネルの設定は、テレビの製造メーカーごとに違います。取り扱い説明書に従って設定するか、リモコンでチャンネル設定画面を呼び出し、その指示に従って設定を変更します。最新のテレビでは、すべて自動的に行ってくれるものもあります。

引越し先が一戸建てでテレビが映らない場合の原因と対処法

アンテナの接続が問題かもしれません。建物の中に線を引き込むときに、断線している可能性があります。

またはテレビ端子のついているコンセントが、すでに壊れている可能性はないでしょうか。新しくても不良品ということもあります。

住宅業者に連絡して、アンテナの確認をしてもらいましょう。電波が弱いようなら、電波を補強するブースターを取り付けてもらいます。

テレビ用のアンテナを設置していない物件を購入したら、自分でアンテナを取り付けなければいけません。近くの電気店に依頼して、取り付けてもらいましょう。

アンテナ工事をしてくれた業者は、その地域に合わせた設定もやっていってくれますから、テレビの視聴が可能になります。

引越し先で地デジが映らない場合の原因と対処法

設定をし直してみても地デジが映らない場合は、近くで電波障害が起こっている可能性はないでしょうか。よくあるのが落雷を伴う荒天です。

天候が平常なら、やはりアンテナが問題でしょう。以前の所有者が取り付けたブースターや分配器が、老朽化している可能性もあります。業者に確認してもらい、必要があれば交換しましょう。

テレビでアンテナのレベルをまず調べてみます。リモコンで設定画面を呼び出し、受信レベル確認を選びます。

画面に数字が出てくると思いますが、それが50を超えていれば、テレビは観られるはずです。E201、E202などのエラーコードが出るようでしたら、近くの電気店に相談してみてください。電波の数値を調べてくれるでしょう。

引越し先でテレビは映るがノイズがかかっているときの原因と対処法

モザイクがかかったようになるのは、電波障害のせいです。荒天、雪などの気象条件のほかに、近隣に大きなビルができたり、大木の枝葉が茂ったりしても影響がでます。天気が回復しても直らないようなら、接続機器やアンテナに問題があります。

引越しの見積もりはお早めに。

2019年1月〜4月は引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

引越しをする際の会社への報告義務は必須!その理由とは!?

「引越し後に会社への報告ってしたほうがいいのかな…」「

引っ越し当日が雨!それを理由にキャンセルすることは可能なの!?

引っ越し当日が雨だと嫌ですよね… 雨の日だと、ダンボールに防水対策をしたり、ビニールシートで梱包した…

引っ越しトラブルを弁護士に相談!マンション名を勝手に変更されたら

目次引っ越しトラブルを弁護士さんに相談してみる賃貸物件の正当な解約事由とは 正当な引っ越し理由は異臭とご近所の騒音?引っ越しのトラブルでも弁護士に相談したほうがいい?引っ越しトラブルに巻き込まれないた ...

引っ越し当日に間に合わない!粗大ごみが処理できない時の対処法

引っ越しが急に決まったり、荷物が多かったりすると引っ越し当日までに粗大ごみの処分が間に合わなくなる…

その引っ越しちょっと待った!準備のために注意すべき5つのポイント

引っ越しが決まると気ぜわしくなり、早く準備しなくてはと焦ることがあるかもしれません。しかし、やみく…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事