こんな理由で引越して良いの?トラブル等で引越す人の理由ランキング

本当の理由はちょっと言いづらい…当たり障りのない引越しの理由ってなんだろ? 職場や、近隣の方との人間関係のことを考えると、本当のことを言わない方がスムーズに話が進む時があります。 引越しのよくある理由は、騒音や近隣住民とのトラブルなどのマイナスな理由もあれば、結婚や転勤などのライフスタイルの変化による引越し理由もあります。 今回はよくある引っ越しの理由をランキングでまとめたので、引越しの理由を探している方は参考にしてください。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

一番多い引越しの理由は何?全国で一番多い引越しの理由ベスト3

引っ越しの理由としてもっとも多いものは、

  • 1位 結婚
  • 2位 家族の都合
  • 3位 就職

となっています。

参考資料:「転居前の居住地、男女、年齢、居住開始時期、転居理由別転居者数」 (政府統計の総合窓口 e-Set

引越し 理由ランキング円グラフ

「結婚による転居」は、男性、女性ともに30〜39歳(特に30代後半)がもっとも多いです。これは、現在の結婚の平均年齢とほぼ合致しています。

「家族の都合による転居」は、どの世代でもまんべんなく散っています。子どもの頃は親の、結婚後は配偶者の引っ越しに付き合うことが多いからでしょう。

「仕事に就くため」は、男性なら20代、女性なら20代後半〜30代前半に多いと言えます。新卒、あるいは前の会社を辞めて次の会社に転職する機会が多いのがこの世代だからでしょう。

「いつ、どのような時期に引っ越しをするのか」のデータは、それぞれのライフステージを色濃く反映しています。

男女で引越しをする理由は違う!男女別の引越し理由ベスト3

男性に多い引越しの理由ベスト3

男性が引っ越す一番の理由は、「結婚」であることがわかります。これが全体の11.5パーセントです。 次に多いのが、「就職」です。これが全体の9.4パーセントです。 そして、3位に「転勤」が続き、これが全体の6.7パーセント程度です。

  • 1位 結婚
  • 2位 就職
  • 3位 転勤

となっていることを考えれば、男性の引っ越しにおいては、「会社都合」というのが大きな割合を占めていることが見て取れます。

「新人寮から出ていくことになった」「Iターンをする」などが考えられるかもしれませんね。

女性に多い引越しの理由ベスト3

女性の場合は、以下のような順位になります。

  • 1位 結婚
  • 2位 家族の都合
  • 3位 子供の養育・教育のため

男性でも女性でも、「結婚」が1位になるのは同じです。しかし、女性の引越理由のうち、「結婚」が占める割合は、なんと25.2パーセントと、4分の1を超えています!

「男性の住まいに引っ越していく」ということも多いからでしょう。 「家族の都合」は、親や配偶者の転勤によるものだと思われます。これは全体の11.7パーセントです。 「子どもの養育・教育のため」は6パーセントです。

女性の場合、介護のために引っ越す、というケースも多く、家族との密接な関係がうかがい知れます。

騒音などのトラブルが原因の引越し理由ベスト3

トラブルによる引っ越しも非常に多いです。

トラブルによる引越し理由として多いのは

  • 1位 近隣住民とのトラブル
  • 2位 騒音トラブル
  • 3位 住宅設備のトラブル

となっています。

【対人トラブル】近隣住民と騒音問題

「近隣住民とのトラブル」でよくあるのは、嫌がらせのほこあに、「隣人が宗教の勧誘をしてくる」「健康食品をしつこく勧めてくる」等の特殊なケースもあります。
騒音やばたつきなどが問題になって引っ越す人も多いです。「騒音トラブル」は、自分が被害者側である場合だけでなく、自分が加害者側になるケースもあるので注意が必要です。
隣の人は静かに生活してくれているが夜勤シフトがあるようで、アパートの階段が音の出る素材であるため、夜中に足音が響く……という場合も騒音問題になります。

このような対人トラブルは基本的には、大家や不動産会社を介して状況の解決に努めるのが一般的ですが、こじれた場合やライフスタイルの違いによるものの場合などは、引っ越した方が簡単です。

【住宅トラブル】住宅設備の問題

隣人との関係のほかにも、住宅設備のトラブルや不具合で引っ越しを考える場合は以下のようなケースです。
給湯器の状態がおかしい。
備え付けのエアコンが、ほとんど使っていないのに壊れてしまった。
水漏れが起きる!
などのようなケースが、その代表例です。
これらは、入居直後に起きた場合であれば、不動産会社や貸主側にその責任を求められることもあります。それ以外のケースについては契約書を確認して協議していくのが一般的ですが、引っ越しを検討してもよいでしょう。

引っ越しの理由は様々でも安くする方法は一括見積サイトを利用すること

「引っ越し」は一回だけでなく、上記のような理由で何回もするものですよね。
引越し料金は高額ですので、それを安くする方法を自分で身に着けることができれば、これからの引越しでかなり節約することができます。
おすすめする方法は複数の引越し業者に見積もりを依頼することです。通称「相見積もり」といいます。相見積もりをとることで、一番安い引越し業者を知ることができますし、値引き交渉も有利にすすめることができます。
複数業者に依頼するときは、一回の申し込みで複数社に見積もり依頼ができる一括見積サービスを利用しましょう。
1時間近くかかる見積もり依頼が5分ほどで完了しますよ。

【番外編】その他の引越し理由ランキング

今までで引っ越しした回数ベスト3

「引っ越しの回数」にはどのような傾向があるのでしょうか。
これは統計の取り方によっても多少違いは出てくると思われますが、もっとも有名なのは、「引っ越し侍」がとったものでしょう。
この統計の場合、

  • 1位 2〜3回
  • 2位 1回
  • 3位 6回以上

となっています。
ただ、「2回目」が21.8パーセント、「3回目」が18.8パーセント、「1回目」が21.9パーセントとなっていることを考えれば、これくらいの回数の引っ越しが一番多い、と考えるのが妥当です。

出身地別で引っ越し理由が違う?

「出身地別での引っ越しの理由の違い」については、明確なデータがあるわけではありません。
ただ、地方の場合は、進学や就職を機に引っ越しをする、という人は、体感としては多かったように思います。私自身も18回の引っ越しをしていますが、「私の好きな学問を扱っているところが地元にはない」「全国規模で仕事をしたい」と考える人が多いようでした。
ただ、「地元で結婚して、地元で子育てをしていく」という人も多く、Uターンをする人もかなりの数いたように思います。
個人的には、都心部の人はフットワークが軽く、引っ越しに対してあまり抵抗がないように感じました。また、転勤で配属された土地で長く暮らしている人も多かったというのが個人的な感想です。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引越しで迷うの疲れた…3つの悩みの声と絶対に決断できる1つの方法

引っ越しは生活を一新するイベントですから、迷う場面も多いものです。引っ越したい気持ちはあっても、こ…

引っ越ししたい人が考える不満や理由リスト!引っ越し計画を立てる…

引っ越しをするときの理由は大きく2つに分けられます。ひとつは引っ越さざるを得ない理由、もうひとつは引…

3・4人家族の引越し料金相場と安く抑える4つの方法

家族で引越ししたいけど費用ってだいたいどれくらいなんだろう… 単身…

夜に引っ越しを済ませたい!引っ越し時の注意点まとめ

「引っ越し」といえば、朝から荷物の運び出しをするイメージがあります。また、遠くへ引っ越す場合などは…

初めての引っ越しと一人暮らし!やるべきことや失敗しないための注…

初めての一人暮らしには期待することが多いですよね。家族に干渉されずに済む、好きなものを食べられるな…